エネルギー・資源

原子力:情報調査

 JANUSは、1971年設立以来長期にわたって、原子力に関連した様々な情報を提供しています。特に近年、海外の原子力発電所に係わる規制、安全問題、運転経験、保全、高経年化対策に関する情報を入手し、良好事例を反映させることが求められており、膨大な公開情報から必要な情報を常に取り出し、整理する必要があります。
 このようなニーズにお応えするために、JANUSは、公開情報の他、海外の提携先との連携により、必要な情報を入手し、原子力専門スタッフが内容を検討し、お客様に適時に情報を提供しています。
 また、新たに原子力発電を開始する国々では規制対応、プロジェクト管理等の支援が必要となってきており、それに対応するためのサービスも提供しています。
  • 米国情報サービス

     米国原子力発電所規制関連情報サービス(LIS)は、米国の原子力情報を整理し、必要な情報を迅速に提供する会員制の情報サービスです。
  • 欧州情報サービス

    欧州原子力安全情報調査(NUSEC)サービスは、欧州軽水炉の最新情報を整理し、必要な情報を迅速に提供する会員制の情報サービスです。
  • 高経年化対策

    原子力発電所の高経年化に伴う構築物、系統、及び機器の経年劣化管理に関する欧米情報を提供しています。
  • 保守高度化

    設備のライフサイクルにわたる安全運転をサポートするために、保守分野の調査/解析/コンサルティング業務を行っています。
  • 運転経験

    欧米原子力発電所の運転経験(事故・トラブル)情報について、多くの調査経験があります。
  • 海外原子力開発支援

    海外における原子力発電所の建設・運転に向けた諸活動(環境評価、安全評価)を強力に支援します。