エネルギー・資源

レベル2PRA

 背景と課題

 ​原子力発電所のレベル2PRAは、シビアアクシデント時の原子炉容器内及び格納容器内の事故進展解析響評価であり、次のレベル3PRAへ、いわゆる事故時ソースタームを受け渡す役割を担う分野です。炉心が溶融し、圧力容器下方に落下して、圧力容器底部を貫通してベデスタルへ落下し、格納容器床面のコンクリートと反応するといった複雑なプロセスを模擬して解析します。   

サービス/技術

 ​JANUSは、日本原子力研究所(現 日本原子力研究開発機構)の炉心溶融事故解析コードシステムTHALES開発プロジェクトにおいて中核的な役割を果たした実績を有しており、また、THALESその他のコードを用いたシビアアクシデントの事故影響解析においても、豊富な経験・知識を有しています。

THALES図面

THALESコードの構成図

お問合せ先

安全・環境解析ユニット
Email: webmasterjanus.co.jp