水化学

 背景と課題

 原子力発電所では、定期検査時の従業員被ばくの低減を目指して、各種水質管理対策や遮へい物の設置等の様々な被ばく低減対策が施されています。また、水質管理は応力腐食力割れ防止等、材料健全性の観点からも重要です。

サービス/技術

 JANUSでは、これまで、水素注入、亜鉛注入といった新しい水化学管理手法の効果をも考慮して、放射性クラッドの移行・蓄積を評価する線源強度予測評価シミュレーションコードの開発、格納容器内作業線量率予測評価コードの開発、業務提携しているスウェーデンのALARAエンジニアリング社の放射線分解・腐食電位解析コード等、様々な関連コードの開発・導入実績があります。また、開発・導入コードを用いた解析・評価についても、豊富な経験と知識と経験を有しています。

水化学図面1

線源強度測評価モデル概念図


水化学図面2
作業線量率予測評価モデル概念図

関連するリンク先

ガンマ線被ばく評価

お問合せ先

安全・環境解析ユニット
Email: webmasterjanus.co.jp