エネルギー・資源

地中拡散シミュレーション

 背景と課題

 ​我が国では、原子力利用に伴い発生する放射性廃棄物を、その放射能レベルに応じた深度の地中に処分することとしており、それぞれの処分に対して、「地質環境」、「処分技術」、「性能評価」等といった様々な分野の研究開発が実施されています。

サービス/技術

 ​放射性廃棄物の地中処分の研究開発のうちの「性能評価」では、処分した放射性廃棄物から地中拡散によりもたらされる可能性のある放射性核種の影響を以下の手順で評価します。

  • シナリオ開発(接近シナリオ、地下水シナリオ、等)   
  • モデル開発(人工バリア中核種移行モデル、天然バリア中核種移行モデル、等)    
  • 影響解析(線量評価、等)

業務実績/サービス例

 JANUSには、以下に示すような、様々な種類の放射性廃棄物からの放射性核種の影響解析を実施した実績があります。

  • 高レベル放射性廃棄物 
  • TRU廃棄物    
  • 余裕深度処分対象廃棄物
  • 浅地中ピット処分対象廃棄物
  • 浅地中トレンチ処分対象廃棄物
  • ウラン廃棄物
  • 福島第一原子力発電所事故に伴い発生した放射性廃棄物

    放射性廃棄物からの放射性核種の影響解析結果例

関連するリンク先

核燃料サイクル
放射性廃棄物処分
廃止措置
放射線物質移行シミュレーション

お問合せ先

安全・環境解析ユニット 加藤(藤)、鳥海
Email: webmasterjanus.co.jp