エネルギー・資源

海洋エネルギー・鉱物資源

 世界で6番目に広い排他的経済水域を有する我が国では、平成19年に制定された「海洋基本法」、平成25年に閣議決定された「海洋基本計画」などにより、海洋の開発・利用が積極的に進められています。このような背景の下、近年海洋における石油・天然ガス等のエネルギー資源や金属資源に関する開発・商業化の期待が高まっています。
 一方、「海洋基本法」では、「海洋環境の保全は、人類の存続の基盤」と定めており、開発に係る環境影響を可能な限り小さくするなど、持続可能な海洋の利用が求められています。
 JANUSは、開発事業の内容を正確・詳細に把握し、事業の実施による環境影響を検討したうえで、影響を最小限にするための環境保全対策を提案するなど、海洋環境の保全を目的とした活動に取り組んでいます。
  • 海洋エネルギー資源と環境保全等

    海洋エネルギー資源、鉱物資源等の開発に係る海洋環境の保全、保安等についてのコンサルテーションを実施しています。
  • 海洋鉱物資源と環境保全等

    海洋エネルギー、鉱物資源等の開発に係る海洋環境の保全、保安等についてのコンサルテーションを実施しています。