環境

Scottish Marine InstituteのCO2漏洩による海洋生態系への影響実験の坑井掘削開始

投稿日:2012/03/07

記事カテゴリ:プロジェクト環境影響評価

Scottish Marine Institute(SAMS)が他の研究者と連携し計画している、CCSからのCO2漏洩による海洋生態系への影響を定量化し監視する実験(QICS)の一環として、水平坑井を掘削し、CO2を試錘孔を通じて漏洩を再現するサイトまで送り影響を監視する予定です。この実験のための水平坑井の掘削が、今週開始されます。

CO2漏洩の再現のため、CO2はArdmucknish Bayの海岸から350m離れた海底下10mのサイトから放出される予定です。

詳細は以下をご覧ください。

Scottish Marine Instituteによるプレスリリース
http://www.smi.ac.uk/news-room/press-room/drilling-starts-in-preparation-for-ardmucknish-bay-carbon-storage-research

QICSプロジェクトの概要
http://www.smi.ac.uk/henrik-stahl/qics
http://www.bgs.ac.uk/qics/home.html

関連ニュースURL
http://forargyll.com/2012/03/drilling-starts-in-run-up-to-carbon-storage-research-at-ardmucknish-bay/

記事検索

過去記事
(アーカイブ)