環境

Edinburgh大学の研究者ら、酸素同位体を用いた圧入CO2の安価で信頼性の高いモニタリング手法を発見

投稿日:2017/07/27

記事カテゴリ:モニタリング文献

Edinburgh大学、Scottish Carbon Capture & Storage (SCCS)、Calgary大学の研究者らが、共同研究により、酸素同位体を用いてCO2の貯留層の孔隙内における飽和率を定量するモニタリング手法を発見し、その成果論文が公表されています。

SCCSのプレスリリースによると、このモニタリング手法は安価で信頼性が高いとしています。

詳細は、以下をご覧ください。

成果論文
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1750583616309124

SCCSによるプレスリリース
http://www.sccs.org.uk/news/412-inexpensive-and-proven-water-fingerprint-technique-supports-deployment-of-subsurface-co-storage-worldwide

関連ニュース
https://www.energyvoice.com/oilandgas/145688/water-fingerprint-technique-carbon-capture-storage-technology/


記事検索

過去記事
(アーカイブ)