環境

経済産業省、固体吸収材を用いた「省エネルギー型二酸化炭素分離・回収システム」の実用化試験の実施

投稿日:2017/09/20

記事カテゴリ:プロジェクト分離回収国内

経済産業省は、19日に「省エネルギー型二酸化炭素分離・回収システム」実用化試験を実施することを公表しました。


プレスリリースによると、実用化試験は、地球環境産業技術研究機構(RITE)が開発したCO2の固体吸収材と川崎重工が開発したCO2分離・回収システムを用いて、40トンCO2/日の分離・回収を関西電力の舞鶴発電所において実施し、関西電力が分離・回収システムを評価する計画です。
なお、実用化試験の実施は平成31年度以降となる予定のようです。

詳細は以下をご覧ください。

経済産業省によるプレスリリース

http://www.meti.go.jp/press/2017/09/20170919005/20170919005.html


関西電力によるプレスリリース
http://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2017/0919_2j.html

記事検索

過去記事
(アーカイブ)