環境

MITの研究者、DACも可能なCO2を吸着できる電池を開発

投稿日:2019/11/11

記事カテゴリ:分離回収文献

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者が、充電時に電極がCO2を回収し、放電時にCO2を放出する機能を有する電池を開発し、その成果を学術誌「Energy and Environmental Science」に掲載しています。
この技術は、CO2の濃度条件に制限がないため、発電所の排ガス流からの回収や、大気のような低濃度からの回収にも利用できるとしています。

詳細は以下をご覧ください。

論文
"Faradaic electro-swing reactive adsorption for CO2 capture"
https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2019/ee/c9ee02412c#!divAbstract

MITによるプレスリリース
http://news.mit.edu/2019/mit-engineers-develop-new-way-remove-carbon-dioxide-air-1025

関連ニュース
https://www.gasworld.com/mit-develops-new-carbon-capture-technology/2017962.article

記事検索

過去記事
(アーカイブ)