環境

東芝ESS、アサヒクオリティーアンドイノベーションズにCO2分離回収試験装置を納入

投稿日:2020/01/18

記事カテゴリ:CO2利用分離回収国内

東芝エネルギーシステムズ株式会社(東芝ESS)は、アサヒグループホールディングス株式会社の子会社であるアサヒクオリティーアンドイノベーションズ株式会社(AQI)向けに、CO2の分離回収・利用のためのCO2分離回収試験装置を納入したことを公表しています。試験装置は、アサヒグループ研究開発センター内に設置され、同センターのボイラ設備から発生する排ガスからCO2を分離回収します。

本試験装置により、回収したCO2のグループ各事業会社での食品や飲料への利活用を念頭に、信頼できる低コストのCO2分離回収システムをグループ内に導入するための検証を行うとしています。また、東芝ESSは、今回得られる知見を反映し、アサヒグループに対して大型化を含め今後も継続的に提案を進めていくとしています。

詳細は以下をご覧ください。

東芝ESSによるプレスリリース
https://www.toshiba-energy.com/info/info2019_1223.htm

関連ニュース
https://www.gasworld.com/toshiba-delivers-co2-capture-test-plant/2018282.article

記事検索

過去記事
(アーカイブ)