環境

マイクロソフト、創設以来の排出CO2を除去する計画

投稿日:2020/01/30

記事カテゴリ:プロジェクトPA

マイクロソフトは、2030年までにカーボンネガティブとなり、2050年までには1975年の創設以降に排出したすべてのCO2(直接排出および電力使用を通じた排出を含む)を除去する計画を明らかにしました。

同社は、これまでにも、カーボンニュートラルとなるために、排出を回避できるようなオフセットに投資していますが、世界が必要とする対策として十分ではないと考えており、すでに排出されたCO2の除去も視野に入れる必要性を感じて、方針を転換したと説明しています。

この目標の達成のために、再生可能エネルギー100%へのシフト、電気自動車の利用等による排出ゼロに加え、植林、土壌炭素隔離、CO2の回収・貯留を備えるバイオマス発電 (BECCS)、大気からの直接回収 (DAC) などを含むネガティブエミッション技術 (NET)を利用する計画であることも明らかにしています。

詳細は以下をご覧ください。

マイクロソフトによるプレスリリース
https://news.microsoft.com/2020/01/16/microsoft-announces-it-will-be-carbon-negative-by-2030/
https://blogs.microsoft.com/blog/2020/01/16/microsoft-will-be-carbon-negative-by-2030/

抄訳版
https://news.microsoft.com/ja-jp/2020/01/17/200117-microsoft-announces-carbon-negative-by-2030/
https://news.microsoft.com/ja-jp/2020/01/21/200121-microsoft-will-be-carbon-negative-by-2030/

記事検索

過去記事
(アーカイブ)