環境

SvanteとClimeworks、CO2回収技術の開発促進に向け共同開発協定(JDA)を締結

投稿日:2020/02/10

記事カテゴリ:プロジェクト分離回収経済性

カナダのSvanteとスイスのClimeworksが、正味ゼロエミッションの社会へ向けたCO2回収技術を共同開発するため、協定を結んだことを公表しました。

Svanteは、セメント製造や製鉄など、二酸化炭素の発生が避けられない業界の企業を対象に、既存の設備からのCO2大規模回収にかかる設備投資を、従来の半分で商業的に実行可能な方法を提供する企業です。
また、Climeworksは、大気からCO2を直接除去するための、世界初の商用CO2大気直接回収(DAC)の技術を提供しています。

今回の共同開発協定により、SvanteとClimeworksのそれぞれのCO2回収技術をより迅速にスケールアップし、正味ゼロエミッション社会への移行をより早く実現できるとしています。

詳細は以下をご覧ください。

Svanteによるプレスリリース
https://svanteinc.com/global-carbon-capture-technology-leaders-svante-and-climeworks-agree-to-collaborate-on-solutions-for-a-net-zero-emissions-world/

関連ニュース
https://www.businesswire.com/news/home/20200127005396/en/Global-Carbon-Capture-Technology-Leaders-Svante-Climeworks

記事検索

過去記事
(アーカイブ)