環境

ドイツのMAN Energy Solutions、Porthos CCUSプロジェクトの圧縮機トレインの設計契約を獲得

投稿日:2020/06/05

記事カテゴリ:プロジェクト貯留輸送

ドイツのMAN Energy Solutionsは、オランダのロッテルダム港エリアでCCUSの実施を計画しているPorthosプロジェクトに関する、圧縮機トレインを設計する契約を獲得したことを公表しました。

MAN Energy Solutionsのプレスリリースによると、The Port of Rotterdam Authorityらが共同で推進しているPorthosプロジェクトではロッテルダム港周辺企業が排出しているCO2を回収後、Porthosパイプラインを経由して北海の枯渇油田に貯留するとしています。そのほか、回収したCO2は温室での促成栽培などにも使用できるとしています。
同プロジェクトは、2023年末までにCO2貯留を開始する予定とのことです。

詳細は以下をご覧ください。

MAN Energy Solutionsによるプレスリリース
https://www.man-es.com/company/press-releases/press-details/2020/05/26/man-compressor-technology-to-support-major-dutch-carbon-capture-project

関連ニュース
https://www.worldoil.com/news/2020/5/26/man-energy-solutions-to-support-major-dutch-carbon-capture-project

記事検索

過去記事
(アーカイブ)