環境

ベルギー アントワープ港エリアでCCUSインフラを開発するAntwerp @ Cプロジェクトが助成金申請

投稿日:2020/06/04

記事カテゴリ:プロジェクト輸送

Port of Antwerpのプレスリリースによると、プロジェクトの進展に必須となる欧州連合からの助成金申請のための書類を提出し、Antwerp @ Cプロジェクトが次の段階へ進んだとしています。

ベルギーのアントワープ港エリアにおいてCCUSインフラを開発するため、Air Liquide、BASF、Borealis、INEOS、ExxonMobil、Fluxys、Port of Antwerp、Totalが共同でフィージビリティスタディを実施しているプロジェクトは、Antwerp @ Cプロジェクトと名付けられました。 このフィージビリティスタディでは、スヘルデ川周辺の工業地帯に、CO2パイプラインを建設するための調査がされています。

なお、助成金に関する結果の公表は11月に予定されているとしています。

詳細は以下をご覧ください。

Port of Antwerpによるプレスリリース(オランダ語)
https://newsroom.portofantwerp.com/antwerpc-onderzoekt-potentieel-om-de-co2-uitstoot-in-de-haven-van-antwerpen-tegen-2030-te-halveren

関連ニュース
https://www.chemengonline.com/port-of-antwerp-consortium-outlines-ambitious-co2-capture-framework/?printmode=1

記事検索

過去記事
(アーカイブ)