環境

米国Petra Novaプロジェクト、原油価格の下落により操業停止

投稿日:2020/08/19

記事カテゴリ:CO2利用プロジェクト分離回収経済性

米国テキサス州にて石炭火力発電所からCO2を回収し、EORに利用するPetra Novaプロジェクトが操業を停止していることをHouston Public MediaやFinancial Reviewを含む多くのメディアが報じています。
操業停止の理由として原油価格の下落により採算が取れなくなったことが挙げられています。

Petra Novaプロジェクトは、NRG EnergyとJX石油開発が共同で実施するプロジェクトです。1バレル約$40の水準である現在の原油価格ではEORによる収益でプロジェクトのコストを賄うことができず、原油価格が以前の水準に安定して戻るまでは再開できないとみられています。

詳細は以下をご覧ください。

関連ニュース
https://www.afr.com/companies/energy/carbon-capture-pioneer-mothballed-but-local-efforts-persist-20200730-p55gv1 

https://www.houstonpublicmedia.org/articles/news/energy-environment/2020/08/03/379125/low-oil-prices-lead-to-shutdown-of-much-hyped-carbon-capture-system-outside-houston/ 

https://oilprice.com/Latest-Energy-News/World-News/Biggest-US-Coal-Carbon-Capture-Project-Halted-After-Oil-Price-Crash.html

記事検索

過去記事
(アーカイブ)