米国Wyoming州のCO2パイプラインルートの計画に関するFinal EIS公表

投稿日:2020/11/11

記事カテゴリ:文献環境影響評価輸送

米国内務省土地管理局(BLM)は、Wyoming Pipeline Corridor Initiative(WPCI)の環境影響評価書の最終版(Final EIS)を公表しました。BLMは2020年4月にドラフトEISを公表し、パブリックコメントを募集していました。

WPCIによるこのEISは、私有地、州、およびBLMが管理する土地を利用する約2,000マイル(約3,220 km)のCO2パイプラインルートを決定するために行われています。

詳細は以下をご覧ください。

BLMによるプレスリリース
https://www.blm.gov/press-release/blm-wyoming-releases-final-environmental-impact-statement-wyoming-pipeline-corridor

Final EISの入手先 Volume 1:Final EIS 本文
https://eplanning.blm.gov/public_projects/1502028/200341243/20028232/250034434/WPCI_FinalEIS_VOL1_508_10162020.pdf

Volume 2: Appendix A~M
https://eplanning.blm.gov/public_projects/1502028/200341243/20028233/250034435/WPCI_FinalEIS_VOL2_508_10162020.pdf

関連ニュース
https://www.gasworld.com/wyoming-co2-pipeline-moves-forward/2020040.article

記事検索

過去記事
(アーカイブ)