環境

陸域動植物調査

 背景と課題

 ​開発行為が実施される場合、環境影響評価法(法律第81号、平成9年6月)にそって環境アセスメントが行われます。動植物の現況を調査し、生物の多様性、生態系の成り立ちを把握することは、動植物への影響を予測・評価するための重要な基礎資料となります。

サービス/技術

陸域動植物調査 

​ JANUSでは1971年の創立以来、環境問題の解決や環境アセスメントの実施に関するコンサルティングサービスを行っており、陸域動植物調査においても多数の実績を有しています。事業計画、地域特性にあわせた陸域動植物調査を、責任を持って計画、実行いたします。
 ・ 哺乳類
    フィールドサイン調査(中・大型哺乳類を対象)
    トラップ調査(小型哺乳類を対象)
 ・ 鳥類・猛禽類
    ラインセンサス(鳥類全般を対象)
    ポイントセンサス(鳥類全般を対象)
 ・ 爬虫類・両生類 
    直接観察調査(両生・爬虫類全般を対象)
 ・ 昆虫類
    一般採集調査(昆虫類全般を対象)
    ベイトトラップ調査(地表歩行性昆虫類を対象)
    ライトトラップ調査(夜行性昆虫類全般を対象)
 ・ 植 物
    植物相調査
    植生調査 

関連するリンク先

環境アセスメント

お問合せ先

環境評価ユニット
Email: webmasterjanus.co.jp