環境

水産資源管理

 

 水産資源は石油資源等のように採掘した分だけ減少していく資源ではなく、自然の力で再生産する資源であり、上手に利用していくことにより将来にわたって利用することができます。逆に資源が再生産する範囲を超えて無制限に漁業を行うと、資源が激減して乱獲という状況になります。もちろん、再生産能力が無くなるわけではないので、激減してしまった資源も上手に増やしていくことが可能ですが、そのような事態になる前の対策が重要です。
 JANUSは、科学的な評価に基づいて水産資源を管理し、持続的に利用するための支援を行っています。また、管理しながら利用している水産資源は、マリン・エコラベルという水産エコラベルの制度を使って消費者の皆さんに紹介することができます。JANUSは、生産者から消費者まで、多くの人が水産資源を大切に使っていくための活動に取組んでいきます。

魚市場に並ぶマグロ類 魚市場に並ぶカジキ類

  • 水産資源管理

    水産資源を持続的に利用する上で必要な水揚げ情報等の統計情報の収集や、科学的な管理に関する調査分析等を実施しています。
  • マリンエコラベル認証サポート

    水産資源の持続的利用を推進するマリン・エコラベル・ジャパン認証を取得するためのサポートをいたします。