環境

マリンエコラベル認証サポート

 背景と課題

 MEL認証マーク限られた水産資源を利用し続けるために、漁業は環境との調和が必要です。その調和を保ち、水産資源枯渇を防ぐ取組みとして水産エコラベル制度があります。
 マリン・エコラベル・ジャパン(MELジャパン)は、水産資源と海にやさしい漁業を応援する制度として2007年12月に発足しました。この制度は、資源と生態系の保護に積極的に取組んでいる漁業を認証し、その製品に水産エコラベルをつけるものです。このラベルがつけてある水産物を消費者の皆様に選んでいただくことで、しっかりと漁業を管理していこうとする漁業者を増やすことが狙いです。

二種類の認証と取得のメリット

 認証は、「生産段階認証」(漁業活動を行う生産者)と「流通加工段階認証」(対象漁獲物及びその製品を扱う事業者)の二種類があります。
 取得することによって、漁業活動を行う生産者の方には「水産資源の保全等(水産環境の向上)」「商品のイメージ向上や差別化」「漁業や地域の知名度向上」「環境認証の製品を求める企業への販路の確保及び拡大」「信頼性の高い審査を最小限の費用で取得」「海外対応に向けて」といったメリットがあります。
 また、認証水産物を取り扱う事業者の方には、「持続的な商品調達」「管理体制・トレーサビリティの向上」「環境に優しい商品を扱うことによる消費者へのアピール」「企業の社会的責任(CSR)に係る意識向上」「環境に配慮した商品の提供」「新たな選択肢の提供」「新たな市場開拓」といったメリットがあります。

MELジャパン認証の流れ

 MELジャパン認証は、以下のような流れで認証されます。

  1. 申請者が申請を出す。   
  2. 審査機関が審査する。    
  3. 審査機関が審査結果をMELジャパンに報告する。
  4. MELジャパン/審査機関は認証を申請者へ伝える。
  5. 申請者は商品にマリン・エコラベル表示を行い、消費者へ提供する。


MELジャパン認証の流れ

サービス/技術

 MELジャパン認証申請は、基本的には申請者がご自身で対応する必要がありますが、申請に必要な情報や書類作成方法等が難しいことから、申請手続きが負担となることがあります。
 JANUSは、認証申請をサポートする「業種別団体等」として登録されています。ご自身で申請される場合の支援はもちろん、書類作成作業や資料の収集等を含む申請作業代行を行なうことで、申請者の方々の負担を軽減させます。

業務実績/サービス例 

  • MELジャパン広報普及専門部会委員
  • 青森県三厩漁業協同組合への「生産段階認証」取得説明

参考文献

 マリン・エコラベル・ジャパン ウェブサイト http://www.melj.jp/index.cfm

お問合せ先

環境管理ユニット
Email: webmasterjanus.co.jp