環境

地球環境問題

 環境問題の中でも、海洋汚染や気候変動(地球温暖化)等、問題の発生源や影響が広範囲に渡るものは、地球環境問題として国際的な協調の下で対応することが求められています。一方で、これらは各国の利害とも関係するため、問題は複雑であり、情勢を正確に見極めた上で行動することが重要です。
 そのような状況の下、海洋環境、廃棄物、化学物質をはじめとする幅広い専門知識を有するJANUSは、中でも廃棄物等の海洋投入処分に関する国際条約であるロンドン条約及びその国内担保法である海洋汚染防止法に関する深い知見と経験に基づき、海洋汚染及び海洋投入処分に関する様々なコンサルティングサービスを提供しています。また、気候変動枠組条約及び関連制度に関する豊富な知識に基づいてクリーン開発メカニズム(CDM)や二国間クレジット(JCM)の案件の形成支援及びクレジット取引の支援を実施するとともに、温暖化対策技術の一つとして期待されているCO2回収・貯留(CCS)に関しても、法規制/技術/社会・環境等様々な面で調査・研究・分析を実施しています。

  • 気候変動対策

    世界的動向調査、CDM、JI、JCM開発に関連する豊富な経験に基づき、地球温暖化対策の戦略立案について適切なコンサルティングサービスを提供します。
  • 廃棄物等の海洋投入処分

    ロンドン条約、海洋汚染防止法に基づく廃棄物等の海洋投入処分に係る国際動向調査や法令に関するコンサルティングを提供します。
  • CO2回収・貯留(CCS)

    CO2回収・貯留(CCS)に関して、法規制/技術/社会・環境の分野で様々なコンサルティングサービスを提供しています。
       
  • JANUS CCS News

    CCSに関する情報が氾濫する中、JANUSが選定した適切な情報を分かりやすく発信します。