環境

化学物質

 2002年の持続可能な開発に関する世界サミット(WSSD)で定められた実施計画では、2020年までに、化学物質が、人の健康と環境にもたらす著しい悪影響を最小化する方法で使用・生産されることを達成することとされ、これまで様々な取組がなされています。
 弊社では、この目標を達成するための様々な施策等への対応を支援しています。例えば、GHS対応のMSDS作成、化審法リスク評価対応、PRTR届出対象外推計、初期リスク評価などに取り組む行政機関・事業者をサポートしています。その他にも、内分泌かく乱作用、複数の化学物質による複合影響、ナノマテリアルのリスクなど、化学物質に関する新たな問題にも取り組んでいます。また、化学物質管理に関連する国際条約や海外法令への対応策や現地調査などのコンサルティングに加え、国内外における基準や規格などの策定を行っています。さらには、過去の遺産として、人の健康影響を引き起こした水俣病・イタイイタイ病、旧日本軍毒ガスや有機ヒ素といった環境保健分野の調査研究も支援を行っています。
  • リスク評価

    環境省の取り組むリスク初期評価や大気汚染物質の基準策定等の支援を通じ、長年にわたり化学物質に関するリスク評価を実施してきました。
  • 国際条約等対応支援

    化学物質管理のための国際的な諸問題に対応するため、政府機関や諸団体の支援をしてきました。
  • 化学プラント被害度評価

    影響評価ツールを用いて、化学プラントの事故による影響の大きさ(被害度)を定量的に評価いたします。
  • 新しい課題への対応

    複合影響、内分泌かく乱、ナノマテリアルなどの化学物質管理に係る新たな課題に対応するため、国内外動向調査など様々な支援を行っています。

関連するリンク先

大気汚染