環境

化学プラント被害度評価

 背景と課題

 ​化学プラントの危険性(リスク)は想定される事故の「頻度」とその「影響の大きさ」の積で評価されます。事故の影響はプラントや事故の特性に応じてさまざまですが、代表的なものとしては、化学物質の火災、爆発、有毒物質の拡散による周辺への人的影響、物的影響、環境影響が挙げられます。

サービス/技術

 ​JANUSでは、影響評価ツールを用いて、これらの事故による影響の大きさ(被害度)を定量的に評価します。主要な評価項目には次のものがあります。

  • 有毒ガスの拡散による濃度分布   
  • 可燃性ガスの拡散による(爆発下限)濃度分布    
  • 火災による輻射熱レベルの分布
  • 爆発による爆風圧の分布

お問合せ先

安全・環境解析ユニット
Email: webmasterjanus.co.jp