水産業

 背景と課題

 気候変動は気温上昇だけではなく、海水温上昇等の海況の変化にも大きく影響する事が懸念されております。海況の変化は、漁場の変化による漁獲量の減少や養殖サイクルの変化による収量の減少をもたらす等、水産業の幅広い分野への影響が予想されます。日本は特に水産業を基盤としている地域も多く、その影響を回避・軽減していく必要があり、適応策の取組がより一層求められています。   

サービス/技術

 気候変動に対する適応策を立案していく為には、すでに発生している影響や将来の発生する可能性がある影響を正確に整理・評価し、適応策を検討していくことが重要です。 JANUSでは、観測データや気候データを用いた解析等、水産分野に関する幅広い調査を実施し、正確な将来の予測・影響評価結果に基づき、各地域の特性に合わせた適応策の提案に取組んでいます。

関連するリンク先

CO2回収・貯留(CCS)

お問合せ先

地球環境ユニット
Email: webmasterjanus.co.jp