熱中症

 背景と課題

 気候変動に伴う気温上昇に伴い、全国的に暑熱ストレスの増加が懸念されています。夏季の増加に伴う死亡や疾患リスクに伴う熱ストレスの発生が将来的に増加する可能性が予測されているほか、熱中症についても、気候変動の影響とは言い切れないものの、搬送者数の増加が全国で報告されています。熱中症については、暑さに弱い子どもや高齢者、外国人、屋外労働者、製造業従事者など、対象とする人々の特性に応じた適応策を、ソフト・ハードの両面から検討することが肝要です。

サービス/技術

 JANUSでは、これまでに、観測データや気候データを用いた将来の暑さ指数(WBGT値)の予測・影響評価を行いました。また、既に発生している影響に対する適応策についても、全国の事例を収集・整理しております。

関連するリンク先

CO2回収・貯留(CCS)

お問合せ先

地球環境ユニット
Email: webmasterjanus.co.jp