採用情報

先輩社員からのメッセージ

MEMBER 1

個人の裁量権は非常に大きいです

エネルギー技術ユニット所属 2014年入社

先輩社員 大学・大学院ではバイオテクノロジーを専攻していました。JANUSには「業務内容が国策レベルであり、この会社なら特別な経験ができる」と感じて入社を決めましたが、実際は入社一年目から国際学会への参加等、想像していた以上に刺激的な日々を送っています。社内風土としては、入社年次を問わずにプロフェッショナルとしての意見が求められる会社です。また個人の裁量権は非常に大きく、主体性と向上心を持つ方には理想的な環境であると思われます。

MEMBER 2

お客様の課題を解決することがやりがい

環境調和ユニット所属 2011年入社

先輩社員 大学では環境化学を専攻し、水質汚染の研究をしていました。卒業後も環境に携わる仕事に就きたいと思い、環境やエネルギーに関連する幅広い分野を対象としていたJANUSに入社しました。現在は、主に大気汚染の人健康影響や化学物質の生態影響を調査・検討する仕事に携わっています。最新の研究や行政動向、専門家からの助言等を元に、お客様の課題を検討・解決する仕事は、大変チャレンジングですが、その分やりがいも大きいです。

MEMBER 3

やりがいと成長出来る環境があります

環境評価ユニット所属 2011年入社

先輩社員 私は米国の大学を卒業後、青年海外協力隊員としてミクロネシア連邦にて主に廃棄物最終処分場の建設に携わったのですが、建設により周辺住民や周辺海域、生態系への影響が生じ、環境影響評価の重要性を認識しました。JANUSに入社以来、主に日本企業が海外で大規模インフラ開発事業を実施する際の環境影響評価をコンサルタントとして担当しております。JANUSでは、若いうちからプロジェクトのメンバーとなり、技術的なことを先輩社員から実業務を通して教えて貰えるので、やりがいと成長出来る環境があります。

MEMBER 4

自由な社風で自分らしさを発揮できる

エネルギー技術ユニット所属 2010年入社

先輩社員 大学院修士課程を修了。専攻は建築学で、地震、火災安全を研究。周りの仲間の多くがゼネコン、ハウスメーカーへ進む中、違う道を模索していたところ、担当教授が原子力関連の研究を行っていたことが興味を持ったきっかけです。自由な社風で自分らしさを発揮できる環境に魅力を感じ、JANUSに入社しました。
 入社して6年目。今後は自分の専門分野を極め、私にしかできない仕事にチャレンジしていきたいです。

MEMBER 5

“人”に係わり社会に影響を与える

福島復興支援ユニット所属 2008年入社

先輩社員 私が所属する「福島復興支援ユニット」は、東日本大震災後に新設されました。 ユニットには経験豊富で多様なバックグラウンドを持ったスタッフが所属しており、全員の総力を結集して復興を支援し貢献するため、日々業務に取り組んでいます。 震災復興や地域再生は、地域の方々や顧客など “人”に係わり、社会に大きな影響を与えると思います。これを“やりがい”に感じ自身の成長に繋げていける方に、ぜひ入社していただきたいです。

MEMBER 6

マイペースに仕事ができる

安全・環境解析ユニット所属 2007年入社

先輩社員 幼少期から海が大好きだったことから大学では海洋学を学びました。 仕事でも海に関わりたいと思いJANUSに入社し、現在は海底資源等の開発に伴う環境影響を予測・把握するためのデータ解析やシミュレーション業務に取り組んでいます。社内でのデスクワークがメインですが、海や沼の調査に参加することもあります。国際派の積極的な社員が多い我が社ですが、比較的自由な環境でマイペースに仕事をしています。