イベント・セミナー情報

2015/06

多摩川の外来植物駆除ボランティアに協力しました

2015年6月
第9回多摩川の外来植物駆除-守ろう多摩川のいきもの-
6月14日(日)、「第9回多摩川の外来植物駆除-守ろう多摩川のいきもの-」が開催されました(主催;一般社団法人 生物多様性保全協会、後援;調布市、協力;当社など多数)。この催しは、調布市多摩川河川敷(調布市多摩川自然情報館地先)において、アレチウリ、オオキンケイギクをはじめとする外来植物を対象とした市民ボランティアによる駆除作業を行い、市民の皆さんの外来生物への関心を高めてもらう取り組みです。

 
       

  今回ははじめて、一番のやっかいものであるアレチウリ(特定外来生物に指定されています)が伸びる前、芽を出したばかりの6月に駆除作業を行いました。これによって、夏場に繁茂する個体数をできるだけ減らし、種子が飛び散る前の9月にもう一度駆除を行うことで、翌年の出芽を可能な限り少なくすることに取り組んでいます。


 

   6月が環境月間であることもあり、今回は(株)リコー殿から執行役員の方を含む25名のご参加をいただき、当社社員とその家族を含む一般参加者を合わせて51名で1時間弱の駆除作業を行いました。今回駆除したのは5cm程度の若芽ですが、それでも重量では8kg弱、数にして約1万本弱のアレチウリを駆除することができました。同時に、河原に生えているブタクサも多数駆除しました。また、参加者の皆さんに在来植物に親しんでいただくために、協力会社のひとつである箱根植木(株)殿より、ツルボ、ホタルブクロなど多摩川の在来植物の苗が参加記念品として配られました。
 どうもありがとうございました。

代表取締役社長 岸本幸雄