イベント・セミナー情報

2019/01

平成30年度化学物質の内分泌かく乱作用に関する公開セミナー

1.日時
     平成31年1月15日(火)13時30分~17時00分

2.会場
     東京国際交流館 プラザ平成3階 国際交流会議場
     〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1

3.プログラム及び講演等スライド

  • プログラム(PDF

  • 内分泌かく乱物質研究から27年:今までの経験から今後の展開へ(PDF
    井口 泰泉(横浜市立大学)

  • 魚類・甲殻類に対する化学物質の内分泌かく乱作用の試験法開発(PDF
    山本 裕史(国立環境研究所 環境リスク・健康研究センター)

  • EUにおける内分泌かく乱化学物質:科学的根拠、規制、試験実施の必要性の現状(PDF
    (Endocrine disruptors in the EU: State of the evidence, regulation and testing needs)
    Andreas Kortenkamp(英国 ブルネル大学(Brunel University London))

  • 化学物質の内分泌かく乱作用に対する環境省の対応 -EXTEND2016-(PDF
    中村 梨絵子(環境省大臣官房環境保健部環境安全課)

※当日のスライドは、本サイト掲載のものから一部変更される場合がありうることを申し添えます。


お願い

本セミナーを主催する環境省では、環境負荷削減の観点から審議会等のペーパーレス化の取組を推進しています。講演等はスライドを会場スクリーンに投影して行い、印刷物の配布はいたしません。スライドを手元で御覧になることを希望される方におかれましては、お持ちのスマートフォン、タブレット、ノートパソコン等を御利用下さい。

注意事項

会場内には御利用いただける無線LANのアクセスポイントはございませんので、会場から本ホームページにアクセスし掲載されたスライドを手元で御覧になる場合は、御自身で通信環境を御用意いただくようお願いいたします。
また、会場内及び施設内にコンセント等の電源はございませんので、スマートフォン、タブレット、ノートパソコン等の充電はできません。