社外発表一覧

2017年

発表年度 2017年3月
発表者 伊藤邦雄(JANUS)
タイトル 日本保全学会「第17回保全セミナー」 検査制度の改革と保全の役割 -米国における保全分野の規制と民間規格-
概要 米国原子力発電所における保全分野の規制と民間規格について概説し、NRCによる民間規格のエンドースプロセスについて説明。
発表場所 日本保全学会
資料
発表年度 2017年3月
発表者 大久保友輝夫(JANUS)
タイトル 「Palo Verde発電所とDiablo Canyon発電所のFLEX機器に関する事例調査」
概要 米国の原子力発電所では、発電所で想定外の事象が生じたときに、炉心冷却、原子炉バウンダリ確保、格納容器保護等を達成するために、FLEX機器と称される非常用機器(ポンプ、電源、消防車等)を用いる戦略となっている。本発表では、Palo Verde発電所とDiablo Canyon発電所のFLEX機器の事例について紹介。
発表場所 第2回原子力安全合同シンポジウム
日本機械学会 動力エネルギーシステム部門 安全規制の最適化研究会
資料

2016年

発表年度 2016年12月
発表者 小島隆志(海上技術研究所)・小林聖治(JANUS)・サトイトグレン(長崎大学)・勝山一朗(JANUS)・安藤裕友(海上技術研究所)・関 康之(中国塗料㈱)・千田哲也(船舶技術研究協会)
タイトル 「R.Kojima,S.Kobayashi,C.G.P.Satuito,I.Katsuyama,H.Ando,Y.Seki,T.Senda(2016):A method for evaluating the efficacy of antifouling paint using Mytilus galloprovincialis in the laboratory in a flow-through system, PLOS ONE, Drcember 13 2016」
概要 防汚塗料の防汚性能を室内で簡便に生物試験する方法を開発し、試験結果を海域での試験板浸漬結果と比較し、その妥当性を論じた。
発表場所 PLOS ONE, Drcember 13 2016
資料 -
発表年度 2016年10月
発表者 勝山一朗(JANUS)
タイトル 「国際会議(ICMCF2016)参加報告」
概要 海洋扶直と汚損に関する国際会議(ICMCF 2016 )の内容や感想を記述。
掲載誌 SESSILE ORGANISMS(日本付着生物学会 )
資料 J-STAGEのSessile Organismsページで全文を読むことができます。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/sosj/-char/ja/
発表年度 2016年9月
発表者 大和田隆(JANUS)
タイトル 「Environmental Impact Assessment for nuclear power stations in Japan」
概要 日本における原子力発電所の環境アセスメントの紹介と重要な環境影響の解説
発表場所 Conference on the Prospects for Nuclear Power in the Asia Pacific Region
資料
発表年度 2016年 7月
発表者 近本一彦(JANUS)
タイトル 再生可能エネルギー有効利用の最前線
-最新技術の実態調査を踏まえて-
(一部を執筆 )
概要 「再生可能エネルギー利用に関する調査研究」研究プロジェクト
1.再生可能エネルギーの本格利用に向けて
2.太陽光発電
3.太陽熱利用
4.風力発電
5.バイオマスエネルギー
6.地熱エネルギー
7.海洋エネルギー
8.水力発電
9.再生可能エネルギー利用のためのシステム技術
10.再生可能エネルギー利用の普及支援策
掲載誌 エネルギー・資源学会
備考 -
発表年度 2016年6月
発表者 Seiji KOBAYSHI 1, Ryuji KOJIMA 2, Cyril Glenn Perez SATUITO 3, Tomoaki MATUMURA 1, Ichiro KATSUYAMA*1, Hirotomo ANDO 2, Yasuyuki SEKI 4, Tetsuya SENDA 2
 
1 Japan NUS Co., Ltd.  
2 National Maritime Research Institute  
3 Nagasaki University  
4 Chugoku Marine Paints, Ltd
タイトル 「A flow-through method of laboratory testing for the efficacy of antifouling paints using three types of fouling organisms: barnacle, mussel and green algae 」
概要 本発表は、バイオサイド型防汚塗料に関するラボ試験での防汚効果評価手法を構築することを目的とした。そのため、実海域静置浸漬試験での生物汚損状況を検証をするとともに、ラボ試験における生物付着評価方法の妥当性を検討した。
発表場所 18th International Congress on Marine Corrosion and Fouling – ICMCF 2016
資料 -
発表年度 2016年5月
発表者 長岐雅博(JANUS)
タイトル 「米欧の原子力発電動向  -海外動向から見えてくる変化の流れ-」
概要 米欧の原子力発電動向として、主として米欧における原子力発電所の新規建設について説明するとともに、米国における廃炉の状況や福島事故を受けた欧州の脱原発政策に関しても概説した。
発表場所 日本保全学会 国際活動小委員会
資料 発表資料
発表年度 2016年4月
発表者 菅谷淳子(JANUS)
タイトル 「Status of Nuclear Operations and EUCG data in Japan」
概要 日本の原子力発電所の状況、EUCGデータを用いた傾向分析と日米比較、日本におけるEUCGデータの活用状況などを報告する。
発表場所 2016 EUCG Spring Conference & Workshop
資料 -
発表年度 2016年4月
発表者 Gen Nakamura(東京海洋大学), Ichiro Kadowaki(東京海洋大学), Shouka Nagatsuka(東京海洋大学), Ryotaro Hayashi(東京海洋大学), Naohisa Kanda(JANUS), Mutsuo Goto(日本鯨類研究所), Luis A. Pastene(日本鯨類研究所), Hidehiro Kato(東京海洋大学)
タイトル 「White Patch on the Fore-Flipper of Common Minke Whale, as a Potential Morphological Index to Identify Stocks」
概要 Past studies have indicated that there are two different stocks (J and O stocks) in the North Pacific common minke whale Balaenoptera acutorostrata population. These two stocks differ from each other in certain characteristics, such as body size, conception dates, and genetics. However, till date, few studies have investigated differences in the external body appearance between the two stocks. Therefore, in the present study, we focused on the unique white patch on the flipper of this whale species to elucidate inter-stock differences. We used the animals collected from JARPNII research during 2012 and 2013; stock information was determined by microsatellite DNA analysis (n = 220). We focused on the morphological differences in the size and pattern of the white patch on the flipper of each whale. The length of the white patch along the anterior (ventral) margin of the flipper tends to be proportionally larger in O stock. The pattern of the boundary area of the white patch named as the “Grayish Accessary Layer (GAL)” was remarkably different between stocks. Within animals with “no GAL” type, 94% were J stock. Conversely, of animals with GAL expanding over the half the flipper width, 96% were O stock. We concluded from our study that there were clear morphological differences in the flipper color pattern between J and O stocks, which enable to apply widely to other individuals.
発表場所 Open Journal of Animal Sciences (SCIRP journals)
資料 -

2015年

発表年度 2015年11月
発表者 川嶋之雄(JANUS)
タイトル 「Progress of EXTEND2010」
概要 化学物質の内分泌かく乱作用に関する環境省のプログラムEXTEND2010の進捗状況の紹介
発表場所 第63回基礎生物学研究所カンファレンス(自然科学研究機構基礎生物学研究所)
資料 -
発表年度 2015年11月
発表者 Werner Rühm, Gayle E. Woloschak, Roy E. Shore, Tamara V. Azizova, Bernd Grosche, Ohtsura Niwa, Suminori Akiba, Tetsuya Ono, Keiji Suzuki, Toshiyasu Iwasaki, Nobuhiko Ban, Michiaki Kai, Christopher H. Clement, Simon Bouffler, Hideki Toma(JANUS), Nobuyuki Hamada
タイトル 「Dose and dose-rate effects of ionizing radiation: a discussion in the light of radiological protection」
概要 The biological effects on humans of low-dose and low-dose-rate exposures to ionizing radiation have always been of major interest. The most recent concept as suggested by the International Commission on Radiological Protection (ICRP) is to extrapolate existing epidemiological data at high doses and dose rates down to low doses and low dose rates relevant to radiological protection, using the so-called dose and dose-rate effectiveness factor (DDREF). The present paper summarizes what was presented and discussed by experts from ICRP and Japan at a dedicated workshop on this topic held in May 2015 in Kyoto, Japan. This paper describes the historical development of the DDREF concept in light of emerging scientific evidence on dose and dose-rate effects, summarizes the conclusions recently drawn by a number of international organizations (e.g., BEIR VII, ICRP, SSK, UNSCEAR, and WHO), mentions current scientific efforts to obtain more data on low-dose and low-dose-rate effects at molecular, cellular, animal and human levels, and discusses future options that could be useful to improve and optimize the DDREF concept for the purpose of radiological protection.
発表場所 Radiation and Environmental Biophysics
資料 -
発表年度 2015年10月
発表者 青山貴紘(JANUS)
タイトル 「ブルーカーボンの視点から見た藻類バイオ燃料開発とその動向」
概要 近年、国連により海域でのCO2固定を指すブルーカーボンという概念が提唱された。世界の陸:海の面積比は3:7といわれており、海域でのバイオマスによるCO2固定の重要性も指摘されている。海洋バイオマスの代表例の一つとして、藻類が挙げられる。昨今、微細藻類を中心として、そのバイオ燃料用途の研究開発が世界的に大きな脚光を浴びており、藻類バイオ燃料の開発の動向、及び今後の課題等の注目すべきポイントについて、概要を述べた。
掲載誌 海洋調査協会報/No.122 平成27年10月(一般社団法人 海洋調査協会)
資料 122号11新技術新商品_技術発表会.pdf (海洋調査協会より転載の認可あり)
発表年度 2015年 9月
発表者 松村知明・小林聖治・勝山一朗(JANUS)、安藤裕友・小島隆志(海上技術安全研究所)、関 庸之(中国塗料)・千田哲也(海上技術安全研究所)
タイトル 「スジアオノリを用いた防汚塗料の新しい性能評価手法の検討」
概要 防汚塗料の付着防止性能に関する試験方法を提案することを目的とし、大型藻類に対する防汚塗料の性能評価法を検討した。
発表場所 第4回ワークショップ「船底塗料と海洋環境に関する最新の話題」(公益社団法人 日本マリンエンジニアリング学会(JIME)海洋環境研究委員会)
資料 -
発表年度 2015年 9月
発表者 勝山一朗(JANUS)
タイトル 「取放水路の防汚対策としての塩素処理、その技術内容」
概要 発電所で障害となっている汚損生物対策として塩素処理がある。西日本では広く普及している技術であるが、東北地方では実績が少ない。そこで、この方法の東北電力管内での普及を念頭に、技術内容(塩素処理の歴史、海水電解処理に原理と装置、塩素処理の生物学的原理、残留塩素の分析法、海水電解処理の運用のポイント)を解説する。
発表場所 (一社)火力原子力発電技術協会東北支部「平成27年度技術講習会および見学会」
資料 -
発表年度 2015年 8月
発表者 川嶋之雄(JANUS)
タイトル 「内分泌かく乱化学物質に関する欧州連合会議参加報告」
概要 2015年6月1日にブリュッセルにおいて開催された「内分泌かく乱化学物質(EDs)を同定するためのクライテリア及び波及する諸影響に関する欧州連合(EU)会議」の参加報告として、その背景と概要を発表した。
発表場所 平成27年度化学物質の内分泌かく乱作用に関する公開セミナー(EXTEND2010)
資料 -
発表年度 2015年 8月
発表者 久保田善久・辻秀雄・川口大輝・塩見 尚子(放射線医学総合研究所)、高橋博路(東京ニュークリア株式会社)、渡邊嘉人・府馬正一・土居主尚・川口勇生(放射線医学総合研究所)、青木正成・久保田正秀・古畑芳晶(自然環境研究センター)、重村勇作・溝口雅彦(JANUS)、山田文雄(森林総合研究所)、友澤森彦(慶応大学)、坂本 信介(宮崎大学)、吉田聡(放射線医学総合研究所)
タイトル 「Chromosomal Aberrations in Wild Mice Captured in Areas Differentially Contaminated by the Fukushima Dai-Ichi Nuclear Power Plant Accident」
概要 Following the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident, radiation effects on nonhuman biota in the contaminated areas have been a great concern. The induction of chromosomal aberrations in splenic lymphocytes of small Japanese field mice (Apodemus argenteus) and house mice (Mus musculus) inhabiting Fukushima Prefecture was investigated. In mice inhabiting the slightly contaminated area,the average frequency of dicentric chromosomes was similar to that seen in mice inhabiting a noncontaminated control area. In contrast, mice inhabiting the moderately and heavily contaminated areas showed a significant increase in the average frequencies of dicentric chromosomes. Total absorbed dose rate was estimated to be approximately 1 mGy d-1 and 3 mGy d-1 in the moderately and heavily contaminated areas, respectively. Chromosomal aberrations tended to roughly increase with dose rate. Although theoretically, the frequency of chromosomal aberrations was considered proportional to the absorbed dose, chromosomal aberrations in old mice (estimated median age 300 days) did not increase with radiation dose at the same rate as that observed in young mice (estimated median age 105 days).
発表場所 Environmental Science & Technology(ASP Publications)
資料 -
発表年度 2015年 7月15日
発表者 青木孝行(東北大)、竹内公人(原電)、伊藤邦雄・富田洋一郎(JANUS)、高木敏行(東北大)
タイトル 「我国の原子力発電所の運転期間40年制限に関する規制上の課題と提言(その2)-プラント運転期間と寿命に関する海外の認識-」
概要 我国の原子力発電所の運転期間40年制限に関する規制上の課題検討のために、海外諸国の原子力発電所の運転期間に関する規制と実情を調査した。
発表場所 第12回学術講演会(日本保全学会)
資料 -
発表年度 2015年 7月14日
発表者 勝山一朗 (JANUS)
タイトル 「防汚対策技術の概要と評価」
概要 発電所で必須の冷却用海水を取水する際、取水設備で発生する生物汚損は避けられない障害であり、その為の対策が種々開発されてきた。ここでは、対策の考え方と概要及び導入に際してどのように技術を評価するかについて説明した。
発表場所 火原協大学講座(火力原子力発電技術協会)
資料 -
発表年度 2015年 7月14日
発表者 藤井有蔵 (JANUS)
タイトル 「米国における保全高度化の状況」
概要 米国では保守規則(10CFR50.65)の制定に伴い、産業界が安全を確保したうえで、効率的な保全を行うためにガイダンス(NUMARC93-01)を作成し、それに基づく保全を行っている。 更に電力自由化に伴い、経済的な面も考慮して「標準原子力パフォーマンスモデル」を作成し、保全の最適化を進めた。ここではこれらの規則及び標準の概要及びこれらに基づき各プラントで実施している運転中保全と予防保全の高度化について具体例を示した。
発表場所 保全学会12回学術講演会
資料 -
発表年度 2015年 6月
発表者 櫻井達也(明星大学理工学部), 佐竹晋輔(JANUS)、 松田和秀(東京農工大学農学部)
タイトル 「東京西部におけるPM2.5 無機イオン成分の測定とそれに基づく 大気質モデルの予測性能評価 」
概要 Both of the component measurement and the analysis based on Air Quality Model (AQM) are essential for the consideration of PM2.5 reduction measures. In order to collect more information regarding PM2.5 components, long-term weekly measurement for inorganic ions in PM2.5 had been conducted from August 2009 to August 2011 at Meisei University, located in Western Tokyo. The performance of AQM was also clarified based on the comparison between CMAQ simulation and the observation. Observed SO42- and NO3- showed higher concentration in summer and winter season, respectively. Since the ratio of total amount of inorganic ions in PM2.5 mass concentration reached up to 75% in each February, reduction measures for the inorganic ions seemed to be more effective to decrease PM2.5 mass concentration especially in winter season. As AQM performance, a correlation coefficient of around 0.8 was obtained by the comparison with observed SO42-. However, AQM did not show a reasonable performance for NO3- and NH4+ due to both of the sampling artifact originated in the volatilization of NH4NO3 and the model uncertainties especially for the overestimation of NO2 and O3. As a result, it was suggested for the improvement of Nitrate prediction that further observation studies for the volatilization and the precursors such as HNO3 and NH3 were important as well as the evaluation of overestimated NO2 and O3.
発表場所 エアロゾル研究(日本エアロゾル学会)
資料 -
発表年度 2015年 5月20日
発表者 Nobuyuki Teraura(Terrara Code Research Institute)、Kunio Ito(JANUS)、 Daisuke Kobayashi(Japan Atomic Energy Agency)、Kouichi Sakurai(Kyushu University)
タイトル 「EVALUATION OF GAMMA RAY DURABILITY AND ITS APPLICATION OF SHIELDED RF TAGS」
概要 共同開発している放射線遮蔽機能付きのRFタグの耐放射線機能に関するこれまでの照射試験結果を報告し、その適用可能性について言及した。
発表場所 第23回原子力工学国際会議(日本機械学会)
資料 -
発表年度 2015年 5月16日
発表者 長岐雅博(JANUS)
タイトル 「原子力発電所の火災防護に関する規制の変遷と現状-米国を対象として-」
概要 2007年7月の中越沖地震の折に東京電力柏崎刈羽原子力発電所で発生した火災事例等をきっかけに、我が国の原子力発電所における火災防護対策の強化・高度化が進められている。原子力発電所の火災防護対策について海外に目を向けると、米国では1975年にBrowns Ferry原子力発電所で発生した火災事象を契機に、以降、火災防護規制を強化し、火災防護対策の高度化を進めるとともに、火災起因の諸現象の定量的な評価に基づく火災防護対策の合理化にも取り組んでいる。本稿では、火災防護規制・対策について長年にわたり議論が行われ、現在でも種々の高度な取り組みが行われている米国の原子力発電所の火災防護に関する規制の変遷と現状について報告する。
発表場所 日本火災学会 平成27年度研究発表会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2015年 4月
発表者 中村理恵(JANUS)
タイトル 「長期安全運転に向けたIAEAの取り組み~SALTOピアレビュー~」
概要 国際原子力機関(IAEA)が安全な長期運転を支援するために行っている活動の一つであるSALTOピアレビューの内容について紹介
掲載誌 保全学(日本保全学会)
資料 -
発表年度 2015年 4月
発表者 堀内和司・岡薫(JANUS)
タイトル 「プラスティネーション標本で生き物を実感する」
概要 プラスティネーション標本とは、生き物の水分や脂質分を合成樹脂に置き換える技術を用いて作られた標本である。この標本の特徴は、「素手で触ることができる」「内臓など体の中身もそのまま保存できる」「標本の取り扱いが簡単」などである。これらの特徴を生かすことで、啓蒙普及活動や教育、展示などの様々な場面での活用が見込まれる。
今回は実物標本を展示して、その特徴と作成方法、および、活用事例の一部を紹介する。
掲載誌 JEASニュース146号(一般社団法人日本環境アセスメント協会 )
資料 -
発表年度 2015年 4月17日
発表者 勝山一朗(JANUS)
タイトル 「海生生物対策技術の概要」
概要 海水を冷却水に利用している臨海発電所では、導水管等に付着する海生生物による通水障害が発生する。ここでは、その対策の概要を説明し、海生生物対策の留意点を解説。
発表場所 火力原子力発電技術協会大学講座 (火力原子力発電技術協会)
資料 -
発表年度 2015年 3月27日
発表者 篠原千晶・桑垣玲子(JANUS)、嶋田秀充(日揮)、高瀬博康(クインテッサジャパン)
タイトル 「CCSに関する知識共有とコミュニケーションの枠組み構築」
概要 CCS(CO2回収・貯留)は関連する分野が多岐にわたるため、その理解促進の課題としては、(A)広い分野にまたがる専門的知見の統合と、(B)専門家-非専門家間の効果的なコミュニケーションの確立という2つのフェーズが考えられる。それらの課題に取り組むため、筆者らは、専門家や技術者が個々に保有する知識の体系化と、様々な利害関係者とのコミュニケーション手法の開発を目的とした研究を実施した。具体的には、約40名の国内専門家からなる「知識共有ネットワーク」を組織し、CCSを一般市民に理解してもらうための説明項目や内容について、対面及びWeb上で議論、抽出した。その結果は論証モデル(argumentation model)を用いて体系的に整理された。さらに、その議論を基に一般市民を対象としたアウトリーチプログラムを作成し、少人数のグループを対象に試行することで(フォーカスグループインタビュー)その効果や課題を検証した。ここでは、3年にわたる本プロジェクトについて、その成果を簡単に紹介。
発表場所 資源素材学会春季大会
資料 -
発表年度 2015年 3月 1日
発表者 NPO法人環境学習リーダー会 品川高儀(JANUS)、吉岡嗣二郎
タイトル 「身近な自然環境を利用した環境学習について 浜口哲一先生が残した言葉 」
概要 平塚市博物館館長であった故・浜口哲一先生の残した言葉をもう一度紹介して,五感を使った自然観察会の必要性を訴え,併せて実践的な自然観察事例を紹介。
発表場所 第21回市民環境活動報告会 あなたの取り組みを伝えよう広げよう
資料 -
発表年度 2015年 1月
発表者 久保田善久(放射線医学総合研究所)、高橋博路(東京ニュークリアサービス株式会社)、渡辺嘉人・府馬正一・川口勇生(放射線医学総合研究所)、青木正成・久保田正秀・古畑芳晶(自然環境研究センター)、重村勇作(JANUS)、山田文雄(森林総合研究所)、石川剛弘・小原哲・吉田聡(放射線医学総合研究所)
タイトル 「Estimation of absorbed radiation dose rates in wild rodents inhabiting a site severely contaminated by the Fukushima Dai-ichi nuclear power plant accident」
概要 福島第一原子力発電所事故により高濃度に汚染された地域に生息する野性齧歯類(アカネズミ、ヒメネズミ、ハタネズミ)の吸収線量率を推定した。事故後約3年が経過した時点においても平均の吸収線量率は1日当たり1.2mGyと推定され、国際放射線防護委員会が示しているリファレンスラットの誘導考慮参考レベルである0.1-1.0mGy/dを超過していた。
掲載誌 Journal of Environmental Radioactivity 142(2015) 124-131 (international union of Radioecology )
資料 -

2014年

発表年度 2014年12月 4日
発表者 岡 薫・堀内和司(JANUS)
タイトル 「プラスティネーション標本で生き物を実感する 」
概要 プラスティネーション標本を展示し、その特徴と作成方法、および、活用事例の一部を紹介。
発表場所 2014年JEAS第10回技術交流会(日本環境アセスメント協会)
資料 -
発表年度 2014年12月 4日
発表者 坪能和宏・石原靖文・矢部いつか(JANUS)、荒田直(JOGMEC)
タイトル 「生産水の排出が海洋生態系に及ぼす影響を予測するための生態系モデル構築-流況把握・流況再現-」
概要 第二渥美海丘周辺海域において長期連続観測された海洋観測データ(水温,流速,流向)を用いて、当該海域における約1年間の流況を解析した。また、解析結果を基に当該海域の特に底層を中心とした流れ場の再現を実施した。
発表場所 第6回メタンハイドレート総合シンポジウム(産業技術総合研究所 メタンハイドレート研究センター )
資料 -
発表年度 2014年11月
発表者 堀越秀彦(ペスコ)、桑垣玲子・篠原千晶(JANUS)
タイトル 「温暖化緩和技術としてのCCSの印象とリスク認知」
概要 市民がCCS(CO2回収・貯留)に関する情報との接触時に形成される印象に着目して、アンケート調査を分析するとともに、回答の背景にある考え方をFGIの結果から検討し、今後のリスクコミュニケーションに役立つ知見を抽出した。
掲載誌 日本リスク研究学会第27回年次大会講演論文集Vol.27, Nov.29-30,2014
資料 -
発表年度 2014年10月
発表者 篠原千晶(JANUS)
タイトル 「Communicating on CCS - a Japanese framework」
概要 CCS(CO2回収・貯留)に関する理解促進のためのKnowledge Sharing(知識共有)の研究と取り組みの紹介。
CCSは関連する分野が多岐にわたるため、そのコミュニケーションに際しては、バックグラウンドの異なる専門家間における情報の共有と、専門家・非専門家間の対話という2つのフェーズを考える必要がある。今回GCCSIの援助により、その両面を併せた検討を行った。
掲載誌 GCCSIのブログサイトhttp://www.globalccsinstitute.com/insights
掲載ページへ
資料 -
発表年度 2014年10月31日
発表者 大河内春夫・高橋公紀(日揮)、櫻井達也(明星大学)、山田忠男・佐竹晋輔(JANUS)
タイトル 「硫化水素拡散予測シミュレーションモデルの研究開発 」
概要 地熱発電所の環境影響評価における硫化水素拡散予測評価期間の短縮を目的として、CFD(Computational Fluid Dynamics)を適用して、風洞実験に代わる硫化水素拡散予測シミュレーションモデルを開発し、従来の風洞実験に比して予測評価期間の半減を目的とする。
発表場所 日本地熱学会 平成26年学術講演会
資料 -
発表年度 2014年 9月20日
発表者 鈴木聡司(JANUS)
タイトル 「地熱発電と環境アセスメント」
概要 地球温暖化対策と3.11後の電源確保の観点から期待される地熱発電所について、その開発に当たって要求される環境アセスメントの概要と課題について発表するとともに、パネルディスカッションに参加した。
発表場所 環境アセスメント学会年次発表会
開催校企画シンポジウム「再生可能エネルギーと環境アセスメント」
資料 -
発表年度 2014年 9月 9日
発表者 楠木貴世志・吉田至孝(INSS)、 石原靖文・坪能和宏・矢部いつか(JANUS)
タイトル 「Delftモデルを用いた若狭湾の流動パターンの数値解析」
概要 放射性物質の海洋拡散計算を行うため、流動モデルDelft3D-FLOWを用いて若狭湾の流動場の計算を実施し、既往知見で報告されている基本的流動パターン(無還流型、1還流型、2還流型)を再現した。
発表場所 日本原子力学会 2014秋の大会
資料 -

投稿論文

発表年度 2014年 5月
発表者 Masato Nishiyama・Mami Saito (JANUS)・Yasuhiro Sanada・Shizumasa Onoue・Akinori Takasuka・Yoshioki Oozeki
タイトル 「Revisiting morphological identification of Japanese jack mackerel Trachurus japonicus eggs preserved in formalin 」
概要 ホルマリン固定されたマアジ卵は、今まで卵期同定は困難とされていたが、同期の形質を明らかにするとともに、天然卵の同定を飼育実験とDNA分析を用いて検証し、ホルマリン固定でも査定できることを提示した。
掲載誌 Fishery Science, 2014,(80)3 (日本水産学会)
資料 -

2013年

ポスター/口頭発表

発表年度 2013年12月17日
発表者 菅谷淳子(JANUS)
タイトル 「原子力規制組織に設置される審議会等について:米国の事例から」
概要 原子力規制委員会に設置予定である原子炉安全専門審査会(炉安審)及び核燃料安全専門審査会(燃安審)の参考として、米国原子力規制委員会(NRC)の原子炉安全に係る諮問委員会(ACRS)の法的位置付け、主な活動、審議プロセス、委員、事務局などを説明。
発表場所 自由民主党政務調査会 原子力規制に関するPT
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2013年12月13日
発表者 金畑喜美(JANUS)
タイトル 「私の職業と生き方」
概要 ・大学院生、研究員のときの研究
物質を構成する最も小さな要素である素粒子と誕生以来137億年経った宇宙、その極端に異なるスケールがどのように関係しあっているのかについて紹介。
・現在の仕事内容
原子力分野における海外の情報調査・分析の仕事について紹介。
発表場所 総合的な学習の時間(キャリア教育Ⅰ)のキャリアガイダンス(山梨県立都留高等学校)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2013年11月
発表者 桑垣玲子・篠原千晶(JANUS)、嶋田秀充(日揮)、高瀬博康(クインテッサジャパン)、染矢聡(産業技術総合研究所)
タイトル 「CCSに関する知識共有とリスクコミュニケーション」
概要 温暖化対策の一つとして我が国でも技術開発が進められているCCS(CO2回収・貯留)であるが、その一般的認知度は必ずしも高くはない。一方、CCSをめぐる社会との対話では、地球温暖化によるリスクの大きさや、技術そのものの未知性に対する不安といった複雑なリスクコミュニケーションの場面が想定される。本稿では、専門家間の知識共有とコミュニケーションのフレームワークの開発を目的として、CCSに関するフォーカスグループインタビュー等を実施した結果を報告する。
掲載誌 日本リスク研究学会第26回年次大会 講演論文集 Vol.26, Nov.16-17,2013(日本リスク研究学会)
資料 -

寄稿記事

発表年度 2013年11月
発表者 青山弘(JANUS)
タイトル マリン・エコラベル・ジャパン普及連絡協議会 開催報告
「関係者の普及の苦労を実感、さらなるPR活動を」
概要 先日8月21日に東京ビックサイトで開催された第15回ジャパン・インターナショナル・シーフードショー内にて行われた、マリン・エコラベル・ジャパン普及連絡協議会の開催報告。
掲載誌 水産界(大日本水産会)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2013年10月21日
発表者 定道有頂(JANUS)
タイトル 「Improvement of urban environment-Urban development considering the wise use of ecosystem services- (持続可能な都市開発~生態系システムの有効利用)」
概要 都市開発においては、生態系システムの機能(大気・水の浄化、防災、生活の質向上など)を有効に利用することにより、環境に調和した開発を行うことができる。本発表では、生態系システムの容量を把握し、適切に設計を行う必要性を説明し、実際にJANUSが計画する事例を紹介した。
発表場所 第2回グリーン・メコン・フォーラム(日本政府とタイ政府の共催)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2013年10月20日
発表者 川越大輝・辻秀雄・渡辺嘉人・府馬正一(放医研・福島復興支援本部)、久保田 正秀(自然環境研究センター)、 溝口 雅彦(JANUS)、 山田文雄(森林総合研究所) 、友澤森彦(慶応大学) 吉田聡・久保田善久(放医研・福島復興支援本部)
タイトル 「東電福島第1原発周辺地域で捕獲した野ネズミの染色体異常の調査」
概要 東電福島第1原子力発電所の事故後、原発周辺地域の自然環境に生息する野生生物の放射線影響に関する調査を開始した。今回、原発周辺地域で捕獲した野ネズミのリンパ球の染色体異常頻度を調べた。野ネズミの捕獲は平成24年1月と7月に警戒区域内の大熊町夫沢(高線量率地点)と浪江町室原(中線量率地点)の2地点、警戒区域外のいわき市久之浜町末続(低線量率地点)の合計3地点で実施した。2動原体染色体を指標としてヒメネズミの染色体異常の頻度を調べた。その結果、2動原体染色体の平均発生頻度は低線量率地点で0.046%、中線量地点で0.121%、高線量地点で0.178%となり、空間線量率に依存して増加した。
発表場所 日本放射線影響学会第56会大会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2013年 9月 9日
発表者 勝山一朗(JANUS)
タイトル 招待講演「付着生物研究について思うこと」
概要 入社以来約30年間、付着生物に関する業務、研究を続けてきた。ここでは、それらを紹介し、付着生物研究の体系化を試みた。また、今後の研究の展望や学会の活性化等についても話した。
発表場所 第3回ワークショップ「船底塗料と海洋環境に関する最新の話題」(日本マリンエンジニアリング学会海洋環境研究委員会 日本付着生物学会 共催
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2013年 9月 9日
発表者 藤井有蔵(JANUS)、岡本孝司(東京大学)
タイトル 「チェルノブイリと福島に学ぶ」
概要 チェルノブイリ原子力発電所では4号機の事故後25年がたち、破壊されたプラント全体を覆う新シェルターの建設の進展に伴い、廃炉に向けての様々な活動が本格的になってきている。福島第一原子力発電所でも廃炉に向けた対応が進められているがチェルノブイリの情報を参考に対応していくことが重要である。
発表場所 日本機械学会 2013年度年次大会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2013年 8月
発表者 川嶋之雄(JANUS)
タイトル 研究最前線「内分泌かく乱化学物質とは」
概要 環境省やEUなどのリスク評価に向けた内分泌かく乱化学物質の捉え方の変遷についてまとめた。
掲載誌 Endocrine Disrupter News Letter, Vol.16 No.1(環境ホルモン学会)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2013年 8月 8日
発表者 佐藤光昭(JANUS)
タイトル 「絶滅危惧種キタノアカヒレタビラ(タナゴ類)の保全活動について」
概要 新潟県刈羽村・柏崎市の一部水域にて、県内で激減している淡水魚「キタノアカヒレタビラ」の生息を確認した。研修会では、本種・タナゴ類の生態と希少性および減少要因、地域と連携した保全活動、並びに今後農水省が実施する農村整備事業のうち、動植物の保全活動の考え方・方向性等について説明した。
発表場所 農業農村整備における環境配慮に関する研修会(農林水産省北陸農政局 柏崎周辺農業水利事業所)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2013年 8月 1日
発表者 伊藤邦雄(JANUS)、寺浦信之(テララコード研究所)、高橋直樹(原子力機構)、櫻井幸一(九州大学)
タイトル 「The Development of Radiation Resistant RF Tags for the Application to Nuclear Power Plant」
概要 原子力発電所での適用範囲の拡大を目指して、耐放射線機能を有するRFタグを新たに開発したので、その研究成果を述べた。
発表場所 ICONE-21(21st International Conference on Nuclear Engineering)
(Chinese Nuclear Society, American Society of Mechanical Engineers, Japan Society of Mechanical Engineers)
資料 -

寄稿記事

発表年度 2013年 7月
発表者 山田奈海葉・鈴村昌弘・前田高尚・鶴島修夫(産業技術総合研究所)、原 素之(東北大学)、福田秀樹(東京大学 大気海洋研究所)、生駒栄司(東京大学EDITORIA /IIS)、橋濱史典(東京海洋大学)、藤倉克則・華房康憲・齋藤秀亮・園田 朗・坪井誠司(海洋研究開発機構)、岡田知也・上村了美(国土技術政策総合研究所)、牧 秀明・金谷 弦(国立環境研究所)、鈴木 亨(海洋情報研究センター)、井川周三・杉浦 琴・松本正喜(JANUS)
タイトル 提言「東日本大震災による海洋生態系への影響調査に関わる情報共有ネットワーク構築にについて」
概要 2012年度日本海洋学会青い海助成事業の助成による「東日本大震災による海洋生態系への影響調査に関わる情報共有ネットワーク(Marine Ecosystem Assessment Network in Tohoku: MEANT)構築の推進事業」に参画し、提言をとりまとめたもの。
掲載サイト 日本海洋学会 青い海助成事業「東日本大震災による海洋生態系への影響調査に関わる情報共有ネットワーク構築の推進事業」特設サイト
http://staff.aist.go.jp/namiha-yamada/Blue/index.html
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2013年 7月25日
発表者 藤井有蔵(JANUS)、水町 渉(原子力安全研究協会)、奈良林 直(北海道大)
タイトル 「米フォートカルホーンの洪水時の対応と再稼動への取り組み」
概要 米国フォートカルホーン原子力発電所が洪水に見舞われた際の対応及び安全系の遮断器の火災によりNRCが安全上重大な問題があるとしてREDの判断を下した後の、NRC及びフォートカルホーンの対応について説明し、わが国の福島第一事故への対応及び課題への取り組みの参考としてもらう。
発表場所 日本保全学会 第10回学術講演会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2013年 7月12日
発表者 講演:井川周三(JANUS)
タイトル 講演「漂流・漂着・海底ごみの現状と発生抑制」
概要 これまで環境省で把握してきた漂流・漂着・海底ごみの現状と、検討してきた発生抑制について、講演を行った。

また、鳥取環境大学が実施している「東日本大震災による漂流ごみの移動経路把握による二次災害防止に関する研究」に関連して、パネルディスカッションで以下の方々と意見交換を行った。
コーディネータ:田中勝(鳥取環境大学)
坂本 幸彦(環境省海洋環境室室長)、磯辺篤彦(愛媛大学教授)、西沢弘毅(神奈川大学 准教授)、他(鳥取環境大学の先生方)
発表場所 平成25年度鳥取環境大学サステイナビリティ研究所 設置4周年特別企画
海岸漂着物処理推進法制定4周年記念ワークショップ
美しい海を取り戻そう-漂流ごみ情報の活用-
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2013年 7月 9日
発表者 品川高儀(JANUS・環境カウンセラー)
タイトル 「エネルギー問題と環境を考える 家庭で取り組む省エネルギー 」
概要 板橋区立加賀中学校PTAの家庭教育学級で標記講演を実施する。ねらいはこの夏に向けての省エネルギー・節電がテーマで,身近なところから取組みができるよう理解を深めるとともに事例を紹介して説明した。親子間のコミュニケーションを高めるヒントなども紹介した。
発表場所 「家庭教育学級プログラム」講演(板橋区立加賀中学校PTA 成人教育委員会主催)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2013年 6月20日
発表者 岡本孝司(東京大学)、奈良林直(北海道大学)、水町渉(原子力安全協会)、藤井有蔵(JANUS)
タイトル 「チェルノブイリの廃炉への新たな取り組み」
概要 チェルノブイリサイトでは事故を起こした4号機を覆う新しいシェルターの建設が進んでおり、発電所廃炉に向けた動きが本格的になってきたことから、福島事故への対応の参考になる部分等について最新の状況を説明した。
発表場所 日本機械学会動力エネルギーシステム部門シンポジウム
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2013年 5月29日
発表者 石橋陽一郎(JANUS)
タイトル 「環境コンサルの仕事」
概要 環境教育専攻の学生を対象として、環境に関する職業の現場や具体的な仕事についての認識を深め、知識を習得していただくことを目的として、学生時代の専攻や進路選択のきっかけ、環境コンサルの会社に入って担当した業務、仕事を進める上で感じたこと、会社の全般的な業務内容等を、写真等を活用しながら説明した。
発表場所 東京学芸大学 職業入門E
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2013年 5月28日
発表者 経塚雄策・伊田匡志・青柳洋平(九州大学)、勝山一朗・小林聖治・井川周三(JANUS)
タイトル 「潮流発電装置に及ぼす生物汚損影響に関する基礎的研究」
概要 2012年8月から約半年、長崎県平戸海域に、潮流発電装置を模した水車試験装置を設置し、水車模型への付着生物の汚損状況を、回転の有り無しおよび防汚塗料の塗布の有り無しの条件下で調査した。
発表場所 日本船舶海洋工学会 春季講演会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2013年 5月17日
発表者 坪能和宏(JANUS)、須賀利雄(東北大学大学院理学研究科、海洋研究開発機構地球環境変動領域)、鋤柄千穂(名古屋大学地球水循環研究センター)、小林大洋・細田滋毅(海洋研究開発機構地球環境変動領域)
タイトル 「北太平洋亜熱帯循環域における生産・分解の深度分布の推定-酸素センサー付フロートの高解像度時系列データを用いて-」
概要 北太平洋亜熱帯循環域に展開された酸素センサー付プロファイリングフロートデータを用いて、北太平洋亜熱帯モード水およびその隣接層が保持する溶存酸素の時間変化を把握し、有機物の生産・分解の鉛直分布の推定を行った。
発表場所 海洋理工学会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2013年 4月
発表者 伊藤邦雄(JANUS)
タイトル 解説記事-欧州原子力発電所のストレステストの結果-
概要 福島事故の後に欧州の原子力発電所で実施されたストレステストの結果をまとめる。
掲載誌 保全学 Vol.12・No.1・2013(日本保全学会)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2013年 3月 2日
発表者 品川高儀(JANUS)
タイトル 「森へ行こう!森を知ろう!森と語ろう-私たちの活動報告-」
概要 2008年4月に、神奈川県とその付近に在住する森林インストラクターで構成される任意団体としてスタートし、専門知識や経験を社会のために役立てたいという思いで、森林に関する様々な活動を続けてきた。 全国植樹祭を契機に始まったかながわジュニア・フォレスター教室や県立式の森公園における自然観察会、神奈川の身近な自然を訪ねる一般観察会の他、5つの森林保全活動など、これまでの活動成果を報告。
発表場所 第19回市民環境活動報告会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2013年 3月 1日
発表者 北村徹(JANUS)
タイトル 「生物多様性の保全に関する国際動向について」
概要 生物多様性条約およびワシントン条約を中心に、関係する国際条約等にも触れながら、生物多様性の保全に関するトピックスを紹介。
発表場所 環境アセスメント学会 生態系研究部会第21回定例会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2013年 2月26日
発表者 高木健(東京大学大学院)、道田豊(東京大学大気海洋研究所)、白山義久(海洋研究開発機構)、山野澄雄(フグロジャパン)、和田時夫(水産総合研究センター)、鈴木さとし(JANUS)、喜田潤(地球環境産業技術研究機構)
タイトル 海洋環境の影響評価の展望
概要 海洋環境に対する影響評価に関して、今後展開が予想されるアイテムについて国際海事機関(IMO)の動きを中心に発表を行った。また、パネルディスカッションにパネリストとして参加した。
発表場所 「海洋調査研究産業の現在と展望」
~海洋に関する多様な調査研究の国内と海外の事情の全体像を把握し、今後の展望を探る~
(東京大学公共政策大学院)
資料 http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/news/2013/01/news20130108.htm

ポスター/口頭発表

発表年度 2013年 2月 1日
発表者 伊藤邦雄(JANUS)
タイトル 欧州ストレステストの結果
概要 欧州諸国のストレステストの結果について発表
発表場所 第13回保全セミナー(日本保全学会)
資料 -

書籍

発表年度 2013年 1月
発表者 勝山一朗、杉浦琴(JANUS)
タイトル 海洋生態系調査マニュアル 考え方と実践
第4章 海洋生態系調査の現状と方向性(勝山 共同執筆)
資料編 海洋生態系調査の事例整理(杉浦)
概要 海洋調査協会の調査マニュアルシリーズ最新刊である本書は、海洋生態系調査における基本理念、海洋生態系の基盤サービスの評価、海洋生態系調査の統合化、海洋生態系調査の現状と方向性、海洋生態系調査の展望(まとめにかえて)からなり、沿岸域の海洋生態系の理解と調査のための必読書である。勝山は編集責任者および第4章の海洋生態系調査の現状と方向性を共同執筆し、杉浦は資料編 海洋生態系調査の事例整理を執筆した。
掲載誌 海洋生態系調査マニュアル 考え方と実践(海洋調査協会)
備考 関連ページへ

投稿論文

発表年度 2013年 1月
発表者 杉浦琴(JANUS)、高橋正一(オオスミ)、三好英一・中村由行・桑江朝比呂(港湾空港技術研究所)
タイトル 貧酸素および硫化水素が干潟の生物に与える影響に関するメソコスム実証実験
概要 貧酸素水及び硫化水素水が干潟の生物・水質に与える影響を調べるため、半閉鎖系で擬似的な室内干潟である干潟メソコスム実験施設を用いた実証実験を試みた。その結果、生物へい死は、貧酸素+高H2S+高水温(20℃以上)の複合因子により増強される可能性があることが示された。また、干潟においては干出時間の存在により、貧酸素+高H2Sの2因子への暴露継続時間が短くなるため、生物のへい死が回避される可能性があることが示唆された。
掲載誌 水産工学 Vol.49, No.2、pp.101-111(水産工学会)
資料 -

寄稿記事

発表年度 2013年 1月
発表者 山田奈海葉・鈴村昌弘・前田高尚・鶴島修夫(産業技術総合研究所)、原 素之(東北大学)、福田秀樹(東京大学 大気海洋研究所)、生駒栄司(東京大学EDITORIA /IIS)、橋濱史典(東京海洋大学)、藤倉克則・華房康憲・齋藤秀亮・園田 朗・坪井誠司(海洋研究開発機構)、岡田知也・上村了美(国土技術政策総合研究所)、牧 秀明・金谷 弦(国立環境研究所)、鈴木 亨(海洋情報研究センター)、井川周三・杉浦 琴・松本正喜(JANUS)
タイトル 東日本大震災による海洋生態系への影響調査に関わる情報共有ネットワーク構築に関わる意識調査
概要 2012年度日本海洋学会青い海助成事業の助成を受けて、「東日本大震災による海洋生態系への影響調査に関わる情報共有ネットワーク(Marine Ecosystem Assessment Network in Tohoku: MEANT)構築の推進事業」に取り組んでおり、ネットワーク構築に資するための意識調査(アンケート)を実施するもの。
掲載サイト 日本海洋学会 青い海助成事業「東日本大震災による海洋生態系への影響調査に関わる情報共有ネットワーク構築の推進事業」特設サイト
http://staff.aist.go.jp/namiha-yamada/Blue/index.html
資料 -

2012年

投稿論文

発表年度 2012年12月
発表者 K. Honein・G. Kaneko(The University of Tokyo)、I. Katsuyama・M. Matsumoto・Y. Kawasima(JANUS)、 M. Yamada(Port and Airport Research Institute)、S. Watabe(The University of Tokyo)
タイトル Studies on the Cellulose-Degrading System in a Shipworm and its Potential Applications
概要 フナクイムシのセルラーゼ系酵素郡について、次世代シークエンサーによる分析を行い、フナクイムシの栄養吸収システムに関する検討を行った。
掲載誌 Energy Procedia, 18, 1271-1274
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2012年12月17日
発表者 藤田豊久(東大工学系)、中島康晴(海技研)、松尾誠治(東大工学系)、福島朋彦(東大海洋アライアンス)、山本 譲司(海技研)、岡屋 克則(東大工学系)、鈴木さとし(JANUS)、正信聡太郎(海技研)
タイトル 海底鉱物資源の開発と海洋環境への影響評価
概要 「ロンドン議定書」「海洋汚染防止法」「鉱山保安法」における海洋資源開発時の環境配慮の取り扱いと、ロンドン議定書における「尾鉱問題」の取り扱いについて話題提供し、パネラーとしてパネルディスカッションに参加。
発表場所 海底選鉱に関するワークショップ(東京大学海底選鉱研究会)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2012年12月14日
発表者 Yoshito WATANABE(National Institute of Radiological Sciences)、San’ei ICHIKAWA・Masahide KUBOTA(Japan Wildlife Research Center)、Toshiyuki TAKANO・Masahiko MIZOGUCHI(JANUS)、Yoshihisa KUBOTA・Shoichi FUMA・Satoshi YOSHIDA(National Institute of Radiological Sciences)
タイトル EFFECTS OF RADIONUCLIDE CONTAMINATION ON FOREST TREES IN THE EXCLUSION ZONE AROUND THE FUKUSHIMA DAIICHI NUCLEAR POWER PLANT
概要 福島第一原子力発電所周辺の避難指示区域の森林樹に対する放射性核種汚染の影響について
発表場所 東京電力福島第一原子力発電所事故における環境モニタリングと線量評価国際シンポジウム(京都大学原子炉実験所 原子力安全基盤科学研究プロジェクト)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2012年12月11-14日
発表者 Karim Honein・Gen Kaneko(The University of Tokyo)、Ichiro Katsuyama・Masaki Mtsumoto・Yukio Kawashima(JANUS)、 Masao Yamada(Port and Airport Research Institute)、Hideki Ushio・Shugo Watabe(The University of Tokyo)
タイトル In Silico Investigations of an Endogenous Cellulase of Teredo Navalis
概要 フナクイムシが有するセルトース分解酵素の遺伝情報に関する解析結果に基づき、セルロース分解酵素のアミノ酸配列や構造をコンピュータ上で再現した。
検討の結果、セルロース分解酵素の触媒活性には2つのアスパラギン酸が重要であることを確かめた。
発表場所 第35回日本分子生物学会年会(日本分子生物学会)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2012年11月20日-21日
発表者 Satoshi Suzuki・Takashi Nakamura (JANUS)、Motoshi Muraoka・Shintaro Higashi(NTT DATA Institute of Management Consulting, Inc.)、Takashi Ohsumi (Central Research Institute of Electric Power Industry)、Holger Bietz (Global CCS Institute)
タイトル Regulations on ship transport and onboard direct injection of CO2 into sub-seabed geological formations
概要 「シャトル船輸送・洋上圧入に係る法規制検討」の成果を、「二酸化炭素海底下地層貯留に係る環境管理手法の高度化に関する技術開発事業」(環境省環境保全対策課委託業務)の概要について、「第11回温室効果ガス制御技術国際会議(GHGT-11)」のポスターセッションにて発表した。
発表場所 GHGT-11 (11th International Conference on Greenhouse Gas Control Technologies)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2012年11月13日
発表者 飯田延治(JANUS)
タイトル Fukushima-Daiichi Update - Focusing on Site Activities After the Accident -
概要 2011年3月の福島第一発電所事故について、事故収束後におけるサイトでの最近の取り組み及び今後の長期計画(SFP取り出し、デブリ取り出し、解体等)を紹介した。
発表場所 Inspection and Enforcement Best Practice Workshop 2012(Curtis-Wright)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2012年11月 4日
発表者 品川高儀(JANUS)
タイトル 太陽光発電のすすめ-身近な自然からエネルギー・環境問題を考える-
概要 身近なエネルギー・環境問題から再生エネルギー全般の話題を提供し、太陽光発電の可能性を説明する。併せて神奈川県のかながわスマートエネルギー構想も説明した。
発表場所 NPO法人かながわ環境カウンセラー協議会県央支部セミナー
資料 -

投稿論文

発表年度 2012年 9月
発表者 Takashi Yanagimoto (NRIFS)、Toru Kitamura(JANUS)、Takanori Kobayashi(NRIFS)
タイトル Genetic stock structure of walleye pollock (Theragra chalcogramma) inferred by PCR-RFLP analysis of the mitochondrial DNA and SNP analysis of nuclear DNA
概要 スケトウダラの集団構造につ関する遺伝学的研究。
掲載誌 Marine Genomics 7 (2012) 17-25
資料 -

寄稿記事

発表年度 2012年 9月
発表者 小林聖治・勝山一朗(JANUS)
タイトル 「生態防汚」の考え方とその事例(2)-生き物の声を聞く
概要 化学物質を用いた防汚対策は、環境への影響が懸念される。昨年なくなられた梶原武先生は、化学物質を用いて完全に付着を防止する完全防汚に対し、付着生物の生態的知見を活用した生態防汚を提唱した。ここでは、その考え方及び発電所等における防汚対策の事例として、フジツボによる熱交換器細管の障害に対する対処方法や汚損生物の出現時期の検討方法について紹介した。
掲載誌 「日本マリンエンジニアリング学会誌 Vol.47 No.5」(日本マリンエンジニアリング学会)
資料 -

寄稿記事

発表年度 2012年 9月
発表者 北村 徹(JANUS)
タイトル 「生物多様性と外来種について-外来種問題の議論を深めるために-」
概要 外来種問題の現状と、今後の課題についての紹介。
掲載誌 「日本マリンエンジニアリング学会誌 Vol.47 No.5」(日本マリンエンジニアリング学会)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2012年 9月15日
発表者 勢田明大・鈴木孝志(海上保安庁 海洋情報部)、武藤泰司・小塚雅彦(JANUS)
タイトル JODC における品質管理手法の改良
概要 JODCが現在作業を進めている高品質データの供給を実現するために、各層観測データに対する品質管理手法の改良と、それに伴う提供データフォーマットの変更について報告を行った。
発表場所 平成24年度 日本海洋学会 秋季大会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2012年 9月15日
発表者 秋本泰(海洋生物環境研究所)、山田秀之・村田眞司(アジア航測)、松村知明(JANUS)、永友繁・畑裕一朗(三洋テクノマリン)
タイトル DEMを搭載したGISによる藻場分布の解析~佐渡真野湾のアマモ場を例として~
概要 DEM(数値標高モデル)を使った藻場分布の解析を試みた。佐渡真野湾のアマモ場での適用例を紹介した。
発表場所 平成24年度日本水産学会 秋季大会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2012年 9月
発表者 鈴木さとし(JANUS)
タイトル 地熱開発と環境影響
概要 学会誌の「地熱発電と環境アセスメント」特集の冒頭でテーマに即した総論的な論文を記載。
掲載誌 「環境アセスメント学会誌 Vol.10 No.2」(環境アセスメント学会)
資料 -

寄稿記事

発表年度 2012年 8月
発表者 1.藤井有蔵(JANUS)、岡本孝司(東京大学大学院)
2.小林正英(原子力安全基盤機構)、藤井有蔵(JANUS)
タイトル 1.英国「規制要件に確率論的安全評価を採用」
2.西欧5か国「科学的合理的規制で良好な運転」
概要 特集「欧米諸国の原子力規制体制」のうち、英国および欧州主要各国(ドイツ、スウェーデン、スイス、スペイン、ベルギー)の原子力発電の現状、規制組織・法規、規制の特徴、福島事故対応等。
掲載誌 「エネルギーレビュー 2012.8月号」(エネルギーレビューセンター)
資料 -

寄稿記事

発表年度 2012年 7月
発表者 勝山一朗・小林聖治(JANUS)
タイトル 「生態防汚」の考え方とその事例-海洋構造物の防汚対策を考える
概要 化学物質を用いた防汚対策は環境影響が懸念される。昨年亡くなられた梶原武先生は、化学物質を用いて完全に付着を防止する完全防汚に対し、付着生物の生態的知見を活用した生態防汚を提唱した。ここでは、その考え方および海洋構造物における防汚の事例として、ウニによる防錆塗膜の障害に対する対処方法他を紹介する。
掲載誌 「日本マリンエンジニアリング学会誌 47巻4号」(日本マリンエンジニアリング学会)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2012年 7月27日
発表者 中村理恵(JANUS)
タイトル 米国の長期運転に向けた取り組み - License RenewalとBeyond 60
概要 米国では、現在104基の商用原子力発電所が稼働中であり、そのうち16基が当初の認可期間の40年を超えて運転中である(2012年6月現在)。米国では、運転許可は40年までの期間に対し与えられるが、これは更新可能で、そのための認可手続きとしてライセンスリニューアル(LR)が行われている。40年の認可期間の根拠、LR枠組みの整備までの歴史、現状、今後の方向性(60年超運転を目指しての取り組み)について説明した。
発表場所 日本保全学会 第9回学術講演会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2012年 7月27日
発表者 伊藤邦雄(JANUS)、青木孝行(東北大学)
タイトル 原子力発電所の自然現象に対する技術基準要求に関する調査検討
概要 先進諸外国の原子力発電所に対する技術基準とその関連規格が自然現象に対する備えをどのように要求しているか、またその要求に従って実際の原子力発電所がどのように出来上がっているか、特に地震と津波を重点に調査し、我国のそれと比較した。
発表場所 日本保全学会 第9回学術講演会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2012年 7月27日
発表者 藤井有蔵(JANUS)
タイトル チェルノブイリ事故の後処理対応及び我が国への教訓
概要 チェルノブイリ原子力発電所では1986年の事故後、施設の安全性確保、廃炉に向けての準備、住民の被ばく抑制の観点から様々な対応が行われてきた。これらの対応は必ずしも効果的でないものもあったが、福島第一の事故の後処理の参考にできるものも多いことから情報を整理し、説明を行った。
発表場所 日本保全学会 第9回学術講演会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2012年 7月13日
発表者 Karim Honein・Gen Kaneko(The University of Tokyo)、Ichiro Katsuyama・Masaki
Matsumoto・Yukio Kawashima(JANUS)、 Masao Yamada(Port and Airport Research Institute)、Hideki Ushio・Shugo Watabe(The University of Tokyo)
タイトル Exploring the Lignocellulose Digestion Capacity of a shipworm Teredo navalis Through a 454 GS-FLX Pyrosequencing of its Transcriptome
概要 フナクイムシの遺伝子における塩基配列解読し、複数のGHF(different glycosyl hydrolase families)に属するセルラーゼ遺伝子を特定した。GHF9の統計発生学的解析を行ったところ、バクテリア、軟体動物、甲殻類に起源を有することが示された。
発表場所 The 9th Asia-Pacific Marine Biotechnology Conference
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2012年 7月13日
発表者 品川高儀(JANUS)
タイトル ドングリプロジェクトを支援する小学生のためのドングリ学習会
概要 横浜市立永田台小学校個別支援学級(4・5組)を対象に震災を契機に始まったドングリプロジェクトに協力している小学生にドングリの種類や食べ方,遊び方などを体験しながら学習させる出前授業を実施。
発表場所 環境学習 オーダーメイド版出前授業(横浜市環境創造局政策課環境プロモーション担当)
資料 横浜市環境教育出前講座ホームページ

寄稿記事

発表年度 2012年 6月 発表者 北村徹(JANUS) タイトル 生物多様性に関する国際的な動向 概要 国際条約では生物多様性という言葉に、どのような意味を込めているのか、および国内法では生物多様性を、どのよに考えているのかについて検討した。 掲載誌 「DNA多型 VOL.20 303-306」(日本DNA多型学会) 資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2012年 6月28日
発表者 石橋陽一郎(JANUS)
タイトル めぐり逢いだよ人生は-環境コンサルの仕事
概要 東京大学農学生命科学研究科・農学部の在学生に就職活動や将来設計の参考にしてもらうため、進路や仕事に関する体験談等を卒業生として話した。
発表場所 平成24年度東京大学農学生命科学研究科・農学部キャリア講演会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2012年 6月15日
発表者 品川高儀(JANUS)
タイトル 初心者のための環境放射能教室
概要 3.11東日本大震災に引き続いて起こった福島第一原子力発電所の事故により,環境放射能への意識が急速に高まったが,危うい情報も多く流れているため混乱が見られる。教科書的原点から環境放射能を初心者にも判り易く解説した。
発表場所 全国森林インストラクター神奈川会 室内勉強会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2012年 6月13日
発表者 勝山一朗(JANUS)
タイトル 発電所冷却水系への海生生物汚損の実体と対策
1.障害の実体と問題の所在
概要 発電所の運用に障害となる海生生物汚損の実体と問題の所在について、発電所で汚損に対する対策を実施する所員を対象にした解説を行った。
発表場所 火原協大学講座(火力原子力発電技術協会)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2012年 3月14日
発表者 小林聖治・高野稔之(JANUS)、原 猛也・渡邊剛幸(海生研中研)
タイトル 防汚剤のシロギス卵への影響試験
概要 日本では使用例の無いメクセルの海生生物影響試験の一環として、海生研中央研究所 原所長の協力を得て、シロギス卵への急性毒性試験を実施したので、結果について報告した。
発表場所 日本付着生物学会2012年度研究集会(日本付着生物学会)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2012年 3月14日
発表者 永島眞一(JANUS)
タイトル 新しい原子力規制組織のあり方について
概要 福島の経験を教訓として、平常時と緊急時、オンサイトとオフサイトの事業者・規制庁・政府の責任のあり方について、米国の例を参考に説明。
発表場所 原子力規制組織関係部会合同会議(自由民主党政務調査会 原子力規制組織PT)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2012年 2月27日~28日
発表者 青野辰雄・鄭建・府馬正一・久保田善久・渡辺嘉人(放医研)、久保田正秀(自然研)、溝口雅彦・尾崎和久(JANUS)、早乙女 忠弘・五十嵐敏(福島県水試)、伊藤由加里・神田穣太・石丸隆(東京海洋大)、吉田聡(放医研)
タイトル 福島沿岸における海洋生物中の放射性核種について
概要 2011年11月に福島県内の漁港岸壁にてムラサキイガイ、イトマキヒトデ、ヒトデを採取し、Cs-134,Cs-137,Ag-110mを分析した。イトマキヒトデやマヒトデからはAg-110mが検出され、その濃度は放射性Cs濃度に対して、イトマキヒトデで2倍、マヒトデで10倍以上であった。放射性Csのように濃縮係数の低い元素は海水中の濃度低下とともに、生物中の濃度が減少する可能性があるが、Agのような金属類については代謝に伴う濃度減少が少ない可能性が考えられ、継続的なモニタリングが必要である。
発表場所 第13回 環境放射能研究会 ポスター発表
資料 -

寄稿記事

発表年度 2012年 1月
発表者 原 猛也(海生研中研)、勝山一朗(JANUS)、竹内成典(相馬共火)、船橋信之(火原協)
タイトル 発電所取水設備の保守技術
概要 発電所の運用に障害となる汚損生物の対策技術について、情報を共有する場として2011年3月に発足した「海生生物対策研究会対策」は、昨秋の火力原子力大会でポスターを発表した。ここでは、そのポスターで取り上げた最新技術と実機における最近の導入成功事例を、発電所の運転関係者の方へ分かりやすく説明した。
掲載誌 「火力原子力発電 No.667 Vol.63」(火力原子力発電技術協会)
資料 -

寄稿記事

発表年度 2012年 1月
発表者 橋爪秀利(東北大学大学院工学研究科)、奈良林 直(北海道大学大学院工学研究院)、伊藤邦雄(JANUS)
タイトル 特集記事「津波対策ガイドラインについて」
概要 保全学会のガイドラインと欧州ストレステストその他との比較を行う
掲載誌 「保全学 Vol.10 No.4」(日本保全学会)
資料 -

寄稿記事

発表年度 2012年 1月
発表者 伊藤邦雄(JANUS)
タイトル 解説記事「米国原子力発電所の大規模損傷事故時の緩和方策(B.5.b項)」
概要 米国の原子力規制当局がテロ以降に発電所に命令として出されたB.5.bと呼ばれる対策について紹介する
掲載誌 「保全学 Vol.10 No.4」(日本保全学会)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2012年 1月23日
発表者 品川高儀(JANUS)
タイトル 森を知ろう,森で暮らそう,森で遊ぼう
-かながわジュニア・フォレスター教室開催報告-
概要 平成21年に開催された第61回全国植樹祭で、県民提案として採択され、3年間に11回のかながわジュニア・フォレスター教室を開催した。林業体験を基礎において「森を知ろう」、「森で暮らそう」、「森で遊ぼう」などの子ども向けプログラムの企画運営のノウハウを紹介した。
発表場所 「グリーンウェイブ2012」キックオフ・フォーラム
 ~企業,NPO,行政等の様々な団体間でのノウハウ共有と,新たなネットワークづくりに向けて~
(「生物多様性と子どもの森」キャンペーン実行委員会事務局)
資料 -

2011年

寄稿記事

発表年度 2011年11月
発表者 近本一彦(JANUS)
タイトル 「入門講座 放射線 第2講 -放射性物質の放出と移行,被ばく線量の推定及びその影響について-」
概要 (社)大気環境学会の学会員(言い換えれば,放射線の専門ではないが,大学生以上の理系の人々)を対象として,放射線の基礎について分かりやすい入門書を執筆した。本稿は2回シリーズのうち第2回目。構成は以下のとおり:
核分裂生成物の挙動,環境中の移行及び放射線被ばくの形態(大気,土壌-植物-動物),水系),放射線の人体影響(急性被ばくと慢性被ばく),身体的影響と遺伝的影響),確定的影響と確率的影響,低線量放射線の人体影響評価),放射線防護の考え方(線量限度,被ばく状況,被ばく線量の制限,食品中放射性物質の暫定基準値)。2回シリーズの入門講座の結語として以下について言及した。
1.放射線及び放射能は自然にある。
2.100mSv以下では放射線の人体影響はない。放射線には多くの科学的知見がある。
3.放射線防護のための基準はリスクの許容という観点で定められており,安全と危険の境界線ではない。
4.不安・ストレスと風評被害の方が深刻である。
掲載誌 「大気環境学会誌 Vol.46 No.6」
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2011年11月28日
発表者 コーディネータ:田中勝(鳥取環境大学)
パネリスト:道田豊(東京大学)、森高志(環境省)、Nikolai Maximenco(University of Hawaii at Moana)、西沢弘毅(鳥取環境大学)、小島あずさ(一般社団法人JENAN)、井川周三(JANUS)
タイトル パネルディスカッション「今後の海ごみ問題の解決に向けて」
概要 東日本大震災により日本から流出した漂流物の移動について、予測の可能性や限界、その結果の利用方法について意見交換を行った。
発表場所 平成23年度鳥取環境大学特別企画
国際シンポジウム「美しい海を取り戻そう―3.11震災漂流物の追跡予測とその対応―」(鳥取環境大学)
資料 -

投稿論文

発表年度 2011年10月
発表者 阪地英男(水産総合研究センター 中央水産研究所)、新田 朗(JANUS)、浜田和久(水産総合研究センター 増養殖研究所古満目庁舎)、岸田 達(水産総合研究センター)、山本敏博(水産総合研究センター 増養殖研究所古満目庁舎)
タイトル 「飼育実験によるブリ成魚へのポップアップアーカイバルタグの装着方法の検討」
概要 3種類のアンカーを用いてPop-up archival tag(PAT)レプリカをブリ成魚に装着し、装着の有効期間、魚体への影響を明らかにするための飼育実験を行った。
掲載誌 「水産技術 2011 4(1)」(日本水産学会)
資料 -

寄稿記事

発表年度 2011年10月
発表者 小林聖治・勝山一朗(JANUS)
タイトル 「防汚塗料等のスクリーニング試験方法の紹介」
概要 フジツボなどの付着生物は、時として汚損生物と呼ばれ、船や発電所に障害を起こす。そこで対策として船底防汚塗料が知られてる。防汚塗料の開発は熾烈で、開発過程で新しく開発した供試品を多量に、いかに速く使えるものか篩い分けすることが肝要になる。この篩い分けは、スクリーニング試験と呼ばれ、本稿ではその試験の概要を説明する。
掲載誌 「海洋調査 No.106」(海洋調査協会)
資料 -

寄稿記事

発表年度 2011年10月
発表者 吉田至孝(原子力安全システム研究所)、鈴木政時(JANUS)
タイトル 「公衆防護措置範囲予測への格納容器放射能の考慮」
概要 原子力発電所の炉心損傷事故発生時に、プラントによっては、敷地境界付近で格納容器からのスカイシャイン線による線量が支配的になり、大気中への放射性物質放出がない場合でも早期に同心円状の領域で防護措置が必要になる可能性があることを示した。
掲載誌 「INSSジャーナル Vol.18 2011」(原子力安全システム研究所)
資料 -

寄稿記事

発表年度 2011年 9月
発表者 近本一彦(JANUS)
タイトル 「入門講座 放射線 -基礎から身の回りの放射線について-」
概要 (社)大気環境学会の学会員(言い換えれば,放射線の専門ではないが,大学生以上の理系の人々)を対象として,放射線の基礎について分かりやすい入門書を執筆した。本稿は2回シリーズのうち第1回目。構成は以下のとおり:
放射線の基礎として,原子の構造,原子核の崩壊と放射線,半減期,核分裂と原子エネルギー,放射線量の単位(Bq, カウント,Gy, Sv)。
身の回りの放射線として,自然界の放射線,地域によって異なる自然放射線,食物の中の放射線。
掲載誌 「大気環境学会誌 Vol.46 No.5」
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2011年 9月29日
発表者 汐海隆史・Karim Honein・金子元(東京大学大学院農学生命科学研究科)、勝山一朗・松本正喜・川嶋之雄(JANUS)、山田昌郎(港湾空港技術研究所)、渡部終五(東京大学大学院農学生命科学研究科)
タイトル 「フナクイムシglycosyl hydrolase family 45 (GHF45) 遺伝子のクローニング」
概要 フナクイムシTeredo navalis は,海水に浸る木材に穴を開けてその中に生息する穿孔性二枚貝である。われわれは先に、この二枚貝が既報の他の水圏生物よりも数倍高いセルラーゼ活性をもつことを報告した。今回は、本種のセルラーゼ様分子GHF45の全長cDNA塩基配列を決定し,大腸菌発現系を用いた性状解析を試みたので、その結果について報告した。
発表場所 「平成23年度日本水産学会秋季大会」
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2011年 9月29日
発表者 秋本泰・長谷川一幸(海洋生物環境研究所)、田中和弘(海洋リサーチ)、松村知明(JANUS)、村田眞司(アジア航測)、川井唯史(稚内水産試験場)、本家一彦(胆振地区水産技術普及指導所)
タイトル 「北海道利尻島における藻場資源の分布とその特徴」
概要 水産庁委託事業「平成20年度藻場資源調査等推進委託事業-藻場資源の長期変遷調査」の成果の一部を紹介する。北海道利尻島における藻場分布を定量的に把握した結果と、長期的な変遷の解析結果を報告した。
発表場所 「平成23年度日本水産学会秋季大会」
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2011年 9月16日
発表者 小林聖治・勝山一朗(JANUS)
タイトル 「生態防汚の考え方とその事例(2)」
概要 化学物質を用いた防汚対策は環境影響が懸念される。昨年亡くなられた梶原武先生は、化学物質を用いて完全に付着を防止する完全防汚に対し、付着生物の生態的知見を活用した生態防汚を提唱した。ここでは、その考え方および発電所における防汚の事例として、フジツボによる熱交換器細管の障害に対する対処方法他を紹介した。
発表場所 「日本マリンエンジニアリング学会 海洋環境研究委員会第二回ワークショップ」
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2011年 9月15日
発表者 華山伸一(海洋政策研究財団)、櫻井達也(JANUS)
タイトル 「日本周辺における船舶の活動に伴う大気汚染物質排出量の算定とその構造解析」
概要 日本周辺海域を対象とした3次メッシュベースの詳細な船舶由来大気汚染物質発生源データの整備について
発表場所 「第52回大気環境学会年会」
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2011年 9月14日
発表者 大泉毅・佐藤啓市(アジア大気汚染研究センター)、大原利眞(国立環境研究所)、櫻井達也(JANUS)、秋元肇(アジア大気汚染研究センター)
タイトル 「国内大気測定局データを用いた広域的な光化学オゾン汚染の解析 その2」
概要 国内常時監視局で測定されたオゾンデータによる環境基準達成率などの広域的な把握について
発表場所 「第52回大気環境学会年会」
資料 -

投稿論文

発表年度 2011年 8月
発表者 C.H.Kim (Pusan National Univ.), L.S.Chang (NIER), J.S.Kim (NIER), F.Meng (CRAES), M.Kajino (MRI), H.Ueda (Toyohashi Institute of Tech.), Y.Zhang (Peking Univ.), H.Y.Son (Pusan National Univ.), Y.He (CRAES), J.Xu(CRAES), K.Sato (ACAP), C.K.Song (NIER), S.J.Ban (NIER), T.Sakurai (JANUS), Z.Han (IAP), L.Duan (Tsinghua Univ.), S.J.Lee (NIER), S.G.Shim (Korea Institute of Sci. and Tech.), Y.Sunwoo (Kunkuk Univ.), T.Y.Lee (Yonsei Univ.)
タイトル 「Long-term simulations of the sulfur concentrations over the China, Japan and Korea: A model comparison study」
概要 日中韓大気汚染物質長距離越境移動(LTP)研究プロジェクトの3カ国間シミュレーション比較研究について
掲載誌 「Asia-Pacific Journal of Atmospheric Sciences Volume 47, Number 4, 399-411, DOI: 10.1007/s13143-011-0025-8」(LTPプロジェクト事務局)
資料 http://www.springerlink.com/content/xt48100v71125k11/

投稿論文

発表年度 2011年 8月
発表者 S.Tanaka(Tokai Univ.)、T.Kitamura(JANUS)、T.Mochizuki・K.Kofuji(Oarai Aquqarium)
タイトル 「Age, growth and genetic status of the white shark (Carcharodon carcharias) from Kashima-nada, Japan.」
概要 鹿島灘で捕獲されたホホジロザメについて、脊椎骨の輪紋数等から成長曲線を推定し、カリフォルニアや南アフリカの個体よりも成長率が高い事を示した。また、遺伝学的な検討を実施した結果、鹿島灘の個体がカリフォルニアや南アフリカの個体と遺伝学的に異なる可能性が示唆された。
掲載誌 「Marine and Fershwater Research, 2011, 62, 548-556」(CSIRO PUBLISHING )
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2011年 8月 9日
発表者 伊藤邦雄(JANUS)
タイトル 「欧米のアクシデントマネージメント」
概要 福島第一原子力発電所事故関連で注目される欧米原子力発電所の過酷事故の管理方策を説明した。
発表場所 保全学会 北海道大学シンポジウム
「原子力発電所の震災対策と保全学から見た危機管理の在り方」
~保全学会における津波対策評価とストレステスト~
資料 -

寄稿記事

発表年度 2011年 7月
発表者 新田朗(JANUS)
タイトル 「バイオテレメトリー」
概要 バイオテレメトリーの最新動向と調査事例の紹介
掲載誌 「海洋調査協会 協会報 平成23年7月号」(海洋調査協会)
資料 -

寄稿記事

発表年度 2011年 7月
発表者 松下正吾(JANUS)
タイトル 「デコミ教室 原子力施設の廃止措置とはなにか 世界の廃止措置-米国の動向」
概要 米国の商用発電炉の廃止措置に関する解説記事。
廃止措置の方式・規制制度、敷地解放基準、これまでの経緯と傾向、使用済み燃料・解体廃棄物・クリアランス、特徴的な実施例、等。
掲載誌 「エネルギーレビュー 2011年7月号」((株)エネルギーレビューセンター、原子力デコミショニング研究会)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2011年 7月 8日
発表者 石原靖文(JANUS)
タイトル 「メタンハイドレート開発促進事業に係る環境影響評価手法最適化に関する基礎研究
-その2 :MH生産処理水の放出影響に関する研究 -」
概要 MH海洋産出試験の生産方式や経済性によっては、海面付近や海洋中に一定粒径以上の懸濁物質等を含む生産処理水を放出することも考えられることから、懸濁物質等が海洋の表層付近に放出された場合の海水の水色の変化予測計算を実施した。また、MH生産水にはメタンの飽和、それに伴う溶存酸素の低下および堆積物由来の懸濁物質の存在が考えられるため、溶存メタン水と貧酸素水および懸濁物質の拡散予測計算を実施した。
発表場所 エンジニアリング協会 研究成果発表会2011
資料 -

投稿論文

発表年度 2011年 5月
発表者 柳本卓(水産総合研究センター)、北村徹(JANUS)、小林敬典(水産総合研究センター)
タイトル 「北日本周辺におけるホッケの遺伝的変異性について」
概要 主産卵場と考えられる海域から得られたホッケについて、遺伝学的研究を行った。その結果、mtDNAの遺伝的変異は非常に小さく、明確な系群構造は認められなかった。
掲載誌 「DNA多型 vol.19」(日本DNA多型学会)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2011年 5月24日
発表者 勝山一朗・小林聖治(JANUS)
タイトル 「生態防汚の考え方とその事例」
概要 化学物質を用いた防汚対策は環境影響が懸念される。昨年亡くなられた梶原武先生は、化学物質を用いて完全に付着を防止する完全防汚に対し、付着生物の生態的知見を活用した生態防汚を提唱した。ここでは、その考え方および事例として、ウニ類による塗膜障害に対する対処方法を紹介した。
発表場所 日本マリンエンジニアリング学会 第81回学術講演会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2011年 5月12日
発表者 尹宗煥(九州大学応用力学研究所)、井川周三(JANUS)、河野史郎(いであ)
タイトル 「Modeling of marine litter drift and beaching in the North Pacific Ocean」
概要 北太平洋における漂流ごみの漂流・漂着状況、日本から海外へ流出する漂流ごみの状況を、数値シミュレーションにより推定した。
発表場所 Japan-Korea joint seminar
資料 -

寄稿記事

発表年度 2011年 3月
発表者 安部裕一(JANUS)
タイトル 「『二国間クレジット制度』実現への課題 - COP16での議論を踏まえて」
概要 経済産業省が制度化を進めている「二国間クレジット」スキームが国際社会に受け入れられるのかどうかについて、COP16で合意されたカンクン合意の内容を踏まえて、その実現性の検討をおこなったもの。
掲載誌 「月刊誌 原子力eye 2011年4月号」(日刊工業新聞社)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2011年 3月24日
発表者 近本一彦(JANUS)
タイトル 「A study on cost and magnetic fields reduction analysis for EMF mitigation measures for new and existing high-voltage overhead transmission lines in Japan」
概要 The Ministry of Economy, Trade and Industry of Japan (METI) has been entrusting investigations to some consultants and think tanks in order to monitor researches on health effects of extremely low frequency electric and magnetic fields (ELF-EMF) and to know policy making processes with regard to exposure of members of the general public to ELF-EMF in other countries. To search field mitigation measures technically applicable to high-voltage overhead lines (HVOL) in Japan and to assess their economic and practical impacts are a part of the METI’s investigations. In some of previous investigations, examples of field mitigation techniques adopted and proposed in some countries were assembled and their applicability to HVOLs in Japan was evaluated. The results showed that most of these techniques have been generally considered in designing a new HVOL in Japan. This is mainly due to existence of the most stringent electric field limit (3 kV/m) among those in most countries. It can be said, therefore, that there might be no other effective and low-cost techniques adaptable to HVOLs any more in Japan. Nevertheless, additional potential mitigation techniques and their mitigation effects and implementation costs should be worth investigating to provide stakeholders with technical and socio-economical information. This study was conducted by Japan NUS Co., Ltd. under contract with the METI.
発表場所 2nd International Conference on EMF-ELF (CIGRE (International Council on Large Electric Systems) )
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2011年 2月19日
発表者 品川高儀(JANUS)
タイトル 「化石燃料事情と新エネルギー活用の必要性」
概要 毎日何気なく使っている石油や電気は,やがて枯渇する日を迎える。このために人類は知恵を出して自然エネルギーを電気に変えることを模索してきた。このうち導入が積極的に進められている太陽光エネルギーを紹介したい。勿論,このためには私たちを取り巻く自然のこともよく理解していただきたい。一人でも地球のファンが増えることを願っている。
発表場所 和光市環境講座(和光市環境課)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2011年 2月18日
発表者 品川高儀(JANUS)
タイトル 「クイズで学ぶエネルギーと環境-太陽光活用のすすめ-」
概要 来場者に昨年6月から始まったエネルギー検定のクイズを出題しながら,自然やエネルギーの理解を深めていただきたい。毎日何気なく使っている石油や電気などのエネルギー資源は,やがて枯渇する日を迎える。このために人類は知恵を出して自然エネルギーを電気に変えることを模索してきた。このうち導入が積極的に進められている太陽光エネルギーを紹介したい。一人でも地球のファンが増えることを願っている。
発表場所 全国森林インストラクター神奈川会 室内勉強会
資料 -

2010年

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年12月 4日
発表者 鈴木さとし(JANUS)
タイトル 「海洋肥沃化実験に係るロンドン条約及びロンドン議定書における議論」
概要 海洋への廃棄物投棄を規制するロンドン条約及びロンドン議定書では、近年、鉄散布による植物プランクトン増殖実験等の「海洋肥沃化」実験を規制する動きを強めている。さらには、「海洋気候工学=Marine Geo-engineering」まで規制の射程に入れ始めた。その経緯や動向、論点や規制手法のアイディアなどについて解説する。
発表場所 日本海洋政策研究会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年12月 2日
発表者 飯田延治(JANUS)
タイトル 「RCP Bus Monitoring System Unavailability Issue - with comparison to U.S. approaches」
概要 2009年末に見つかった原子炉冷却材ポンプ母線監視システムの電源喪失事象を取り上げ、原子炉保護系の運転経験として情報提供するとともに、日本の新しい原子炉監視及び評価システムを米国との比較を交えて紹介する
発表場所 Inspection and Enforcement Workshop(SCIENTECH)
資料 -

投稿論文

発表年度 2010年11月
発表者 梶野瑞王(東京大学)、植田洋匡(京都大学)、佐藤啓市(アジア大気汚染研究センター)、櫻井達也(JANUS)
タイトル 「Spatial distribution of the source-receptor relationship of sulfur in Northeast Asia」
概要 領域化学輸送モデルを用いた、北東アジア地域における越境大気汚染の発生源寄与率のシミュレーション解析について
掲載誌 「Atmospheric Chemistry and Physics Discussion 10, 30089-30127, 2010」
資料 http://www.atmos-chem-phys-discuss.net/10/30089/2010/acpd-10-30089-2010.html

寄稿記事

発表年度 2010年11月
発表者 松本正喜(JANUS)
タイトル 「海藻類のHSIモデルの現状と課題」
概要 海藻類、特にコンブ科に属する大型褐藻類の生息場評価手法としてのHEP(生息場評価手続き)について取り上げる。HSI(生息場適正指数)とは、HEPを構成する評価指標、またはその評価指標を組み合わせるモデルである。
掲載誌 「日本水産学会誌 Vol.76, No.6」(日本水産学会)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年11月19日
発表者 西山雅人・真田康広(大分水研)、山田英俊(大分南部振興局)、斉藤真美(JANUS)
タイトル 「豊予海峡周辺海域におけるマアジの成熟と卵の分布特性」
概要 昨年、同学会で発表した内容(マアジ卵形態査定の可能性と同海域の2008、2009年におけるマアジ卵分布特性)に加え、2010年の分布特性、マアジ卵巣組織分析(H21、22年度業務)から、豊予海峡がマアジの産卵場となっている可能性を示唆する。
発表場所 2010年度水産海洋学会研究発表大会(水産海洋学会)
資料 -

寄稿記事

発表年度 2010年11月
発表者 北村徹(JANUS)
タイトル 「なぜ生物多様性を保全すべきか?~素朴な疑問に関する一考察~(下)」
概要 生物多様性に関する様々な問題についての紹介と考察。
掲載誌 「水産界 2010.10」(大日本水産会)
資料 -

寄稿記事

発表年度 2010年10月
発表者 北村徹(JANUS)
タイトル 「なぜ生物多様性を保全すべきか?~素朴な疑問に関する一考察~(上)」
概要 生物多様性に関する様々な問題についての紹介と考察。
掲載誌 「水産界 2010.9」(大日本水産会)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年10月28日
発表者 浅野和仁(JANUS)
タイトル 「XOOPICコードの電子シースおよび脱離電子解析への適用例の紹介」
概要 二次元PICコードであるXOOPICによる電子シース解析とこれを基礎とした脱離電子解析について報告すると共に、XOOPICの導入方法および活用ノウハウについて紹介する。
発表場所 第6回プラズマ新領域研究会「PIC法の基礎と応用」(応用物理学会プラズマエレクトロニクス分科会)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 9月27日
発表者 伊藤邦雄(JANUS)
タイトル 「原子力発電所における保全関連の民間規格の日米比較」
概要 米国の原子力発電所で利用されている民間規格について、特に保全関連分野の規格と規制の関係を取りまとめ、わが国の保全関連民間規格との関連を比較した。
発表場所 日本保全学会第10回保全セミナー「保全関連規格の制定状況と今後の課題」(日本保全学会)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 9月24日
発表者 韓軍・浅田昭(東大生研)、加藤稔(JANUS)、国土交通省下館河川事務所
タイトル 「DIDSONによる魚道を遡上するサケの自動計測」
概要 これまで幅の広い魚道での詳細な魚類の遡上行動観察は困難だった。今回、音響ビデオカメラDIDSON を用い、魚道を遡上するサケの尾数と体長の自動計測、詳細な遡上行動の観察ができたことから、この手法が、魚道のモニタリングに有効な調査手法であることを明らかにした。
発表場所 平成22年度日本水産学会秋季大会(日本水産学会)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 9月21日
発表者 鈴木さとし(JANUS)
タイトル 「ロンドン条約における海洋肥沃化に係る議論」
概要 国際的な廃棄物の海洋投入処分の規制枠組であるロンドン条約では、2007年から、鉄散布等により海洋の一次生産量を増やす行為「海洋肥沃化」をどう規制していくべきか議論を続けている。その概要について述べる。
発表場所 「『海洋科学調査をめぐる法的諸問題』に関する勉強会」(独立行政法人 海洋研究開発機構)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 9月21日
発表者 青柳良輔・北村修・板岡健之 (みずほ情報総研)、井川周三・鈴木さとし(JANUS)
タイトル 「Study on role of simulation of possible leakage from geological CO2 storage in sub-seabed for environmental impact assessment」
概要 CO2海底下貯留後の海洋への影響を評価するために、短期的に発生しうる漏出シナリオを設定し、シナリオに基づく数値シミュレーションを実施することでCO2分布や漏出量の経時変化を見積もった。
発表場所 10th International Conference on Greenhouse Gas Control Technologies(GHGT-10) (IEA-GHG)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 9月21日
発表者 永島聡(JANUS)、宮川俊彦(Global CCS Institute)、松本正喜・鈴木さとし(JANUS)、小牧博信・高木正人、村井重夫(地球環境産業技術研究機構)
タイトル 「 Life Cycle Assessment Performed on a CCS Model Case in Japan and Evaluation of Improvement Facilitated by Heat Integration 」
概要 CCSによる正味のCO2削減効果を見積もるため、CCSモデル事業に対してライフサイクルアセスメント(LCA)を行った。発電所等の生産設備から抽気などの「熱統合」によるエネルギーの有効活用により、CCSに伴うCO2発生量が大幅に削減できる可能性も示唆された。
発表場所 10th International Conference on Greenhouse Gas Control Technologies(GHGT-10) (IEA-GHG)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 9月17日
発表者 江藤次郎・須山泰宏・田辺博三(RWMC)、吉村公孝(NUMO)、杉山武・加藤藤孝(JANUS)
タイトル 「地層処分に関するモニタリング技術メニューの整備」
概要 地層処分に関するモニタリング計画策定のためには、関係者が容易に技術情報を入手できる必要がある。本報では、モニタリングに係る体系的な技術的選択肢を提示するために開発した技術メニューについて報告する。
発表場所 日本原子力学会 2010年秋の大会(日本原子力学会)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 9月17日
発表者 杉山武(JANUS)、須山泰宏・藤井直樹・江藤次郎(RWMC)、吉村公孝(NUMO)
タイトル 「地層処分にかかわる記録保存の調査」
概要 本調査では,地層処分における制度的管理の一環であると考えられている長期の記録保存(耐久性のある位置標識(以下「マーカー・モニュメント等」)を含む)について,今後,国及び関連機関等が計画を策定する際の判断材料を提供することを目的に国内外の関連制度や具体的事例,保存技術等を調査すると共に,今後の研究の方向性を提示した。
発表場所 日本原子力学会 2010年秋の大会(日本原子力学会)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 9月 6日
発表者 服巻辰則(JANUS)
タイトル 「下北半島におけるエネルギー関連施設に関する理解」
概要 エネルギー問題を概説し、下北半島における原子力関連施設、風力発電施設等のエネルギー関連施設およびエネルギーと環境に関する研究施設について、概説する。さらに、これらの施設による地域振興と就職の可能性について解説する。
発表場所 エネルギー出前授業(青森県むつ市大湊高等学校)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 9月 6日
発表者 石原靖文(JANUS)、平田敦洋(エンジニアリング振興協会)、矢部いつか・荒田直(JOGMEC)
タイトル 「メタンハイドレート生産処理水の放出予測」
概要 メタンハイドレートの分解による生産処理水の生成,あるいはメタンハイドレート層からのメタンガスの漏洩の可能性等に関連し、環境影響の視点からいくつかの懸念事項が指摘されている。ここでは、メタンハイドレート生産処理水についてその拡散による影響範囲や生物への影響を評価するために、メタンハイドレート生産処理水の放出予測モデルを構築しその影響について検討した。予測計算の結果、生産処理水は、周辺海流の場の影響により比較的短時間に拡散し、拡散範囲も放出口のごく近傍のみに広がる。そのため、メタンハイドレート生産処理水の放出による周辺海水中の生物等に与える影響は小さいと思われる。
発表場所 日本海洋学会秋季大会 MH環境シンポジウム(日本海洋学会)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 7月22日
発表者 品川高儀(JANUS)
タイトル 「クイズで学ぶエネルギーと環境-太陽光活用のすすめ-」
概要 来場者にエネルギーと環境に関する簡単なクイズに挑戦してもらいながら自然やエネルギーの理解を深めていただきたい。毎日何気なく使っている石油や電気などのエネルギー資源は、やがて枯渇する日を迎える。このために人類は知恵を出して自然エネルギーを電気に変えることを模索してきた。このうち導入が積極的に進められている太陽光エネルギーを紹介したい。一人でも地球のファンが増えることを願っている。
発表場所 一関市「ふれあいエコ・ゼミナール環境講演会」
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 7月16日
発表者 品川高儀(JANUS)
タイトル 「尾瀬を歩こう-産業遺産としての水力発電-」
概要 日光国立公園から分離して尾瀬国立公園となった尾瀬沼及び尾瀬ヶ原地域の観光客の入り込み数は、平成12年以降減少傾向が続いている。下水処理設備の整備や廃棄物処理が終わり、従来の受け入れ態勢が整ったところである。隠れた遺産としての尾瀬片品川における、息の長い水力発電事業も紹介して,尾瀬観光の再発見・再認識を訴えたい。
発表場所 第20回発電ビジネス研究会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 7月15日
発表者 伊藤邦雄(JANUS)
タイトル 「リスクと保全:諸外国における原子力への適用実績」
概要 欧米主要国の原子力発電所における運転・保守面でのリスク情報活用の実態について、関連規制を含めて解説した(例、運転中保全、供用期間中検査(RI-ISI)など)。
発表場所 日本保全学会 第7回学術講演会(浜岡原子力発電所)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 7月 1日
発表者 鈴木さとし(JANUS)
タイトル 「CCS技術の国内導入を支えるソフト面での社会基盤」
概要 地球温暖化対策技術として有望視される「二酸化炭素回収・貯留技術」は、その行為自体が利益をもたらすものではないため、民間(営利セクター)による推進を期待するためには、何らかの社会的な「しくみ」が不可欠である。その「しくみ」には、推進法の整備や経済的なインセンティブの付与などが考えられる。
発表場所 H22年度『システム創成学特別講義1』(4)「先端知デザイン」(東京大学大学院工学研究科エネルギー・資源フロンティアセンター)
資料 -

寄稿記事

発表年度 2010年 6月
発表者 近本一彦(JANUS)
タイトル 巻頭言 「Slippery Slope」
概要 Slippery Slopeという単語とその意味合いから、科学的根拠のない地域住民の不安を和らげるための電気事業者の取組み姿勢について評論した。
掲載誌 「日本リスク研究学会誌(20巻2号)」(日本リスク研究学会)
資料 -

投稿論文

発表年度 2010年 6月
発表者 西村麻理生(東海大学)、北村徹(JANUS)、堀井善弘(東京都島しょ農林水産総合センター)、矢野和成・青沼佳方・與世田兼三(水産総合研究センター)、田中彰(東海大学)
タイトル 「八重山諸島および八丈島周辺海域に分布するイタチザメのmtDNAと核DNAマーカーを用いた集団遺伝学的検討」
概要 遺伝学的手法を用いた、八重山諸島および八丈島周辺海域に分布するイタチザメの集団構造に関する検討。
掲載誌 「DNA多型 vol.18」(日本DNA多型学会)
資料 -

書籍

発表年度 2010年 6月
発表者 秋本泰(海洋生物環境研究所)、松村知明(JANUS)
タイトル 「日本沿岸の藻場分布資料と藻場面積の変化」
概要 国および地方自治体等における藻場分布調査結果の資料紹介、および全国的な藻場の変遷状況の概要説明。
掲載誌 「磯焼け対策シリーズ3 藻場を見守り育てる知恵と技術」(成山堂)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 6月29日
発表者 品川高儀(JANUS)
タイトル 「化石燃料事情と新エネルギー活用の必要性 -身近な自然からエネルギー・環境問題を考える-」
概要 毎日何気なく使っている石油や電気は、やがて枯渇する日を迎える。このために人類は知恵を出して自然エネルギーを電気に変えることを模索してきた。このうち導入が積極的に進められている太陽光エネルギーを紹介したい。勿論、このためには私たちを取り巻く自然のこともよく理解していただきたい。一人でも地球のファンが増えることを願っている。
発表場所 浦幌町文化センター
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 6月14-17日
発表者 青山美子(JANUS)、藤井靖彦(東工大)、齊藤正樹(東工大)
タイトル 「Designing of Stakeholder Meetings for Consensus Development through the Stakeholder Involvement in the Field of Nuclear Energy Utilization」
概要 原子力の利用や原子力施設の運転に対する不信を取り除き、信頼関係を築き、社会との共生を図るためには、国や事業者が一方的に情報を発信するのではなく、ステークホルダーとの十分な双方向コミュニケーションや対話が重要である。本研究では、ステークホルダー・ミーティングの設計に着目し、日本の既存の原子力施設に関するステークホルダー・ミーティング2件、フランスの地域情報委員会(CLI)などとを比較した。その結果、ミーティングの目的に応じて参加するステークホルダーの選定や設計が異なることが見出され、また、設計上、留意すべき項目が明らかにされた。また、日本では高レベル放射性廃棄物の最終処分施設の候補地選定が難航している。最終処分施設は、日本全国の市町村に応募を呼びかける形で、候補地選定が続けられている。事業を担当する原子力発電環境整備機構(NUMO)に対し、高知県東洋町が2007年1月、初めて応募した。国は3月下旬に、NUMOが東洋町での過去の地震記録などの予備的な文献調査に取りかかることを承認した。しかし、高知県や周辺自治体も文献調査の実施に強く反対しており、東洋町では激しい反対運動が生じた。その後、文献調査の応募は撤回された。この事例を踏まえ、将来的な原子力施設の計画に関するステークホルダー・ミーティングと、既存の原子力施設の運転に関するミーティングの設計との相違点や、今後の課題について考察した。

In order to develop trustful relations and to harmonize with society for the use of nuclear energy and the operation of nuclear facilities, it is essential for the state governments and electric power utilities to design the appropriate measures for communication and dialogue with stakeholders. The one-way information distribution should be avoided and the two-way information exchange system should be build up between the administration and the public. In this paper, we focused on the designing of the stakeholder meetings and comparatively studied the cases in Japan and in France. As the result, it is found that there are differences in the selection of stakeholders and the designing of the meetings. These differences are probably relating with the social backgrounds and cultural differences in the countries. The experiences in the French system would be informative for the Japanese stakeholder meetings. In Japan, one of the biggest issues has been the finding of the candidate site for the high-level waste disposal facility. Nuclear Waste Management Organization of Japan (NUMO) has been in charge of disposal business. Toyo town in Kochi prefecture applied to NUMO as the candidate, for the first time in January 2007. The Japanese government approved the initiation of preliminary literature investigations to survey the previous records of the earthquakes and so on. However, due to the strong opposition movement developed in Toyo town and Kochi prefecture, the application was cancelled. Based on the results of this case, we considered the problems of the stakeholder involvements and the differences in the designs of the stakeholder meeting between the existing nuclear facilities and the planning facilities.
発表場所 Third European IRPA Congress 2010 website
資料 会議のアブストラクト集は以下で公表されています。
http://www.irpa2010europe.com/pdfs/Abstracts_-_Third_European_IRPA_Congress_2010.pdf
本発表のpaperは以下で公表されています。
http://www.irpa2010europe.com/proceedings/P19/P19-04.pdf

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 6月 1日
発表者 岡薫・石橋陽一郎・溝口雅彦(JANUS)、吉冨友恭(東京学芸大学)
タイトル 「プラスティネーション標本で生き物を実感する」
概要 プラスティネーション標本の特徴である、触れる、中身がそのまま保存されている、管理が容易である、これら3点について実物標本および写真による紹介。教育および展示の一助としての活用方法の提案。
発表場所 日本展示学会第29回研究大会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 6月 1日
発表者 桜井達也(JANUS)桜井達也(JANUS)
タイトル 「MODELING STUDY ON LONG-RANGE TRANSBOUNDARY AIR POLLUTIONS IN NORTHEAST ASIA」
概要 領域化学輸送モデルを用いた、北東アジア地域における越境大気汚染の発生源寄与率解析について
発表場所 HARMO13
資料 -

寄稿記事

発表年度 2010年 5月
発表者 滑川啓介(アーチ・ケミカルズ・ジャパン)、永井則安(JANUS)
タイトル 「防汚塗料に関する規制動向」
概要 防汚剤を使用した防汚塗料を取り巻く国内外の規制の現状と今後について概説。
掲載誌 「日本マリンエンジニアリング学会誌 第45巻 第3号」
資料 -

寄稿記事

発表年度 2010年 4月
発表者 伊藤邦雄(JANUS)
タイトル 「国際人の往来:保守高度化セミナー2009から米国原子力発電所保守の専門家の紹介」
概要 2009年11月に開催したJANUS保守高度化セミナー2009において、米国原子力発電所の保守の専門家を招聘して、運転中保守の取り組み実態について紹介した。
掲載誌 「保全学 Vol.9, No.1」日本保全学会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 4月23日
発表者 桜井達也(JANUS)、松田和秀(明星大学)
タイトル 「Preliminary Analysis on the Air Concentration Monitoring and Discussion on the Estimation Method for Dry Deposition」
概要 東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)の第2次評価報告書が作成されることに伴い、EANETで測定された大気汚染物質の長期変動解析及び乾性沈着量の推計方法について
発表場所 東アジア酸性雨の状況に関する第2次評価報告書編集委員会(第1回)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 4月16日
発表者 鈴木さとし(JANUS)
タイトル 「二酸化炭素海底下地層貯留に係る海洋環境保全の枠組み」
概要 海底下CCS実施に係るロンドン条約議定書改定の経緯や海洋汚染防止法改定の経緯、及びそれらの内容について
発表場所 第24回環境工学連合講演会
資料 -

投稿論文

発表年度 2010年 3月
発表者 尹 宗煥(九州大学応用力学研究所)、河野史郎(いであ)、井川周三(JANUS)
タイトル 「Modeling of Marine Litter Drift and Beaching in the Japan Sea」
概要 日本海において、漂流ゴミが日本沿岸へ漂着する状況の数値シミュレーションを行った。
掲載誌 Marine Pollution Bulletin. 60(3):448-463, March 2010
資料 -

投稿論文

発表年度 2010年 3月
発表者 中島博司、新田朗(JANUS)、藤田弘一(三重県水産研究所)
タイトル 「Seasonal Swimming Behavior and Optimum Water Temperature for Adult Ocellate Puffer Takifugu rubripes Revealed by Using Archival Tags」
概要 トラフグの季節的な遊泳行動を明らかにするためアーカイバルタグを用いた標識放流調査を三重県沿岸で実施。トラフグは産卵期を除き主に水深25m以浅を遊泳し時々潜水行動を示すが、産卵期には水深20-35mに留まり、頻繁に浮上する行動を示した。このことからトラフグは通常は表層遊泳性であると考えられた。また、記録された水温よりトラフグの適水温は15-24℃と考えられた。
掲載誌 「水産増殖 Vol.58」日本水産増殖学会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 3月31日
発表者 Karim Honein・Gen Kaneko (Univ. Tokyo)、 Hidehiro Kondo・Ikuo Hirono (TUMST)、Ichiro Katsuyama (JANUS)、Masao Yamada (Port and Airport Research Institute)、Shugo Watabe (Univ. Tokyo)
タイトル 「Expressed sequence tag analysis on the great shipworm Teredo navalis focusing on cellulose-degrading enzymes
(発現配列タグを用いたフナクイムシのセルロース分解酵素の探索)」
概要 フナクイムシのフナクイムシ自身の全セルラーゼ遺伝子の検索結果の発表
発表場所 平成22年度日本水産学会春季大会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 3月27日
発表者 田子泰彦・飯田直樹(富山水研)、山崎憲人・宮島重保(国交省北陸地方整備局)、東秀一(富山漁協)、千田庸哉・井上創(建設技研)、新田 朗(JANUS)
タイトル 「神三ダム直下の淵で越夏したサクラマス親魚の生息水温と滞留水深」
概要 危機的な状況にあるサクラマス資源の(サクラマス親魚)の越夏生態を明らかにするため、データロガーと電波発信器等を用いて、遡上親魚の越夏場所の生息水温と日周行動を調べた。サクラマスの越夏には16℃以下の水温が適していること、サクラマスは淵の底に静隠にしているのではなく、深い水深があっても表層付近の滞留を好み、日周的には淵で上下移動を繰り返すものと考えられた。
発表場所 平成22年度日本水産学会春季大会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 3月26日
発表者 平野英子(JANUS)、中居邦浩(日揮)、小澤孝・宮内善浩(日本原燃)、宗野時久(九州電力)
タイトル 「塩素の土壌―農作物移行係数」
概要 日本国内の地点において土壌と農作物を採取し、塩素の土壌から農作物への移行係数を算出した。
発表場所 日本原子力学会 2010年春の年会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 3月26日
発表者 松本正喜(JANUS)
タイトル 「海藻類のHSIモデルの現状と課題」
概要 海藻類、特にコンブ科に属する大型褐藻類の生息場評価手法としてのHEP(生息場評価手続き)について取り上げる。HSI(生息場適正指数)とは、HEPを構成する評価指標、またはその評価指標を組み合わせるモデルである。
発表場所 平成22年度日本水産学会春季大会
資料 -

投稿論文

発表年度 2010年 2月
発表者 増本育子(中電技術コンサルタント)、北村徹(JANUS)、若尾拓志(中電技術コンサルタント)、川野敬介(豊田ホタルの里ミュージアム)
タイトル 「豊田町に生息するカワニナ属の集団遺伝学的解析」
掲載誌 「豊田ホタルの里ミュージアム研究報告書 第二号」
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 2月19日
発表者 品川高儀(JANUS)
タイトル 「身近な自然から環境問題や産業振興を考える-政権交代後の環境対策の解説も含めた-」
概要 道内企業経営者に対して、身近な自然から環境問題を説き起こし、その重要性を認識させ、政権交代による環境規制の動向と社会貢献の企業事例を紹介し、北海道の産業振興のヒントとしていただく。
発表場所 北海道経営者協会 平成22年2月度経済対策委員会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2010年 1月
発表者 伊藤邦雄・菅谷淳子(JANUS)
タイトル 「国際人の往来:海外原子力専門家とのコミュニケーション」
概要 当社における海外原子力専門家との交流の例として、米国保守高度化セミナーなどの開催と、当社webサイトの「世界の視点-Global Energy Essays」について紹介
掲載誌 「保全学 Vol.8, No.4」日本保全学会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2010年 1月
発表者 勝山一朗(JANUS)
タイトル 「ワークショップ『船底塗料と海洋環境に関する最新の話題』開催報告」
概要 2009年11月5・6日に日本マリンエンジニアリング学会と日本付着生物学会がワークショップ「船底塗料と海洋環境に関する最新の話題」を開催した。その会議の背景、会議での研究発表の内容、今後なすべき課題および2010年7月にイギリスで開催される第15回国際海洋腐食と生物汚損会議の紹介を行った。
掲載誌 「マリンエンジニアリング Vol.45, No.1」日本マリンエンジニアリング学会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2010年 1月15日
発表者 鈴木さとし(JANUS)
タイトル 「CCS事業実施に係る環境規制枠組み」
概要 温暖化対策であるCCS事業自体の環境影響を事前検討する枠組みが、国際条約レベル、各国レベルで策定されており、我が国のものを含め、それらの概要を紹介する。
発表場所 第10585回 JPI特別研究セミナー(日本計画研究所)
資料 -

2009年

ポスター/口頭発表

発表年度 2009年12月 3日
発表者 鈴木さとし(JANUS)
タイトル 「二酸化炭素海底下地層貯留に係る環境管理手法の高度化に関する技術開発事業」
概要 廃棄物の海洋投棄を規制するロンドン条約96年議定書が、2006年改正でCO2海底下地中貯留をその対象としたことを受け、我が国は海洋汚染防止法を2007年に改正した。同法では、貯留したCO2の海底上への漏出を仮定して、その場合の環境影響を予測し、それが著しいものでないと事前評価された場合及びその他の要件を満たす場合に限って、環境大臣が貯留行為を認める枠組みとしている。JANUSでは2008年より環境省からの委託を受け、許可のための審査はどうあるべきかについて3ヵ年の検討を行っている。
発表場所 第2回CCSフォーラム(東京大学大学院工学系研究科エネルギー・資源フロンティアセンター)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2009年12月 2日
発表者 浅野和仁(JANUS)、梶田信・及川大・大野哲靖(名古屋大学工学研究科)
タイトル 「2次元PICシミュレーションによる電子シース構造解析」
概要 2次元PICシミュレーションによる電子シース解析。磁場およびプローブの形状(アスペクト比)がシース構造に与える影響を解析。平板および円筒電極におけるChild-Langmuir(CL)則の理論式との比較を行い、アスペクト比と両CL則との関係について示した。
発表場所 プラズマ核融合学会 第26回年会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2009年11月
発表者 秋本泰・片山洋一(海洋生物環境研究所)、松村知明(JANUS)、村田眞司(アジア航測)
タイトル 「日本全国の藻場分布」
概要 日本全国にわたる藻場分布に関する情報の整理とGISを用いた藻場分布情報のデータベース化の紹介(水産庁事業の成果概説)
掲載誌 「月刊海洋 2009年11月号」 海洋出版(株)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2009年11月19日
発表者 西山雅人・真田康宏(大分水試)、斉藤真美(JANUS)
タイトル 「大分県佐賀関周辺海域におけるマアジ卵の分布特性」
概要 従来、形態査定が困難とされていたマアジ卵を査定し、併せてDNA分析を実施することにより、マアジ卵査定の可能性を実証し、これを基に大分県沿岸のネット標本からマアジ卵の分布特性を検討した。
発表場所 水産海洋学会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2009年11月18日
発表者 辻俊宏(石川県水産総合センター)、田永軍(日本海区水産研究所)、斉藤真美(JANUS)
タイトル 「耳石日周輪解析による能登半島周辺海域で漁獲されたブリ当才魚の成長」
概要 2006年には2005年級群について、水産海洋学会で同様の演題を発表しているが、今回は2006年級群分の解析を新たに加えた発表となっている。耳石日周輪から得られたふ化月組成と、ふ化月別の成長を比較検討したものとなっている。
発表場所 水産海洋学会 (ポスター発表)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2009年11月18日
発表者 涌井一穂・ストルスマン カルロス アウグスト・横田賢史(東京海洋大学)、下瀬環・田邉智唯・市野川桃子・竹内幸夫(遠洋水産研究所)、新田 朗(JANUS)
タイトル 「耳石を用いたクロマグロ当歳魚の孵化時期および初期成長の推定」
概要 日本周辺で漁獲されるクロマグロ当歳魚の体長組成は、同時期に漁獲されたとしても複数のモードが観察される場合が報告されている。これは、台湾沖から南西諸島周辺で主に5~6月、日本海で7~8月に孵化した群れが混在しているためである。 本研究ではクロマグロ当歳魚の耳石を用いた日齢査定により、誕生月と生後20日までの日間成長量を日輪間隔から推定し、複数のモードが観察される小型クロマグロの発生海域の識別の可能性を検討した。本研究の結果、太平洋沿岸と日本海沿岸で漁獲された当歳魚は孵化時期が大きく異なり、重複する時期では成長速度に差が見られるため、両者を識別できる可能性が示唆された。
発表場所 水産海洋学会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2009年11月 5日
発表者 角田淳郎・篠崎史人・岡村肇(東芝) 、塩田浩太・小汐政明(姫路エコテック)、勝山一朗・小林聖治(JANUS)、三村治夫(神戸大学)、芹澤昭示(京都大学)
タイトル 「マイクロバブルによる熱交換器の生物皮膜抑制に関する知見」
概要 空気、窒素と二酸化炭素ガスのマイクロバブルを海水に注入することによって、熱交換器伝熱管内の生物皮膜の生長抑制効果および生長した生物皮膜の除去効果の有無を、モデルコンデンサー試験で確認した。
発表場所 ワークショップ「船底塗料と海洋環境に関する最新の話題」(日本マリンエンジニアリング学会)
資料 -

投稿論文

発表年度 2009年10月
発表者 勝山一朗・小林聖治・平杉亜紀(JANUS)、小茂鳥潤(慶應義塾大学理工学部)
タイトル 「タテジマフジツボのキプリス幼生付着器官の寸法と測定方法の検討」
掲載誌 「Sessile Organisms Vol.26」 日本付着生物学会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2009年10月29日
発表者 Tsuyoshi Kitamoto・Hirotaka Hamanaka・Asako Toyozumi・Satoshi Tanaka(Global Environmental Issues Division, Global Environmental Bureau, Ministry of the Environment)、Hiroko Arataki・ Yoichiro Ishibashi・Yukio Kishimoto(JANUS)、Hideaki Nakata(Faculty of Fisheries, Nagasaki University)、Satoru Futatsumachi(Japan Hydrographic Association)、Joji Ishizaka(Hydrospheric Atmospheric Research Center, Nagoya University)、Hideaki Maki(Water and Soil Environment Division, National Institute for Environmental Studies)、Shuhei Nishida(Ocean Research Institute, University of Tokyo)、Yukihiro Nojiri(Center for Global Environmental Research, National Institute for Environmental Studies)、Haruo Ogi(Yamashina Institute for Ornithology)、 Yoshihisa Shirayama(Seto Marine Biological Laboratory, Kyoto University)、Shinsuke Tanabe(Center for Marine Environmental Studies, Ehime University)
タイトル 「 Has pollution of the sea around Japan become better? : A discussion based on more than 10 years of monitoring at depths up to 4000m. 」
概要 環境省は、1998年より実施している海洋環境モニタリング調査の10年分の結果をもとに、沖合域までの日本周辺の海洋汚染の実態と政策の効果の評価をステータスレポートとしてとりまとめた。ダイオキシン類を例にとると、1999年 のダイオキシン特措法等の規制に伴い、大気中の濃度は急速に減少したが、海洋生物体内の濃度には減少がまだみられておらず、さらなるモニタリングの継続が必要である。
発表場所 PICES 2009 Annual Meeting (PICES (The North Pacific Marine Science Organization))
資料 本発表のもととなったステータスレポートは下記にて公表されています。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=11688

ポスター/口頭発表

発表年度 2009年10月26日
発表者 K. Asano (JANUS)、S. Kajita (EcoTopia Science Institute of Nagoya University)、D. Oikawa・N. Ohno (Department of Energy Engineering and Science, Graduate School of Engineering, Nagoya University)
タイトル 「2-D PIC simulation on electron sheath formation in magnetized plasmas」
概要 2次元PICシミュレーションによる電子シース解析。磁場およびプローブの形状(アスペクト比)がシース構造に与える影響を解析。平板および円筒電極におけるChild-Langmuir(CL)則の理論式との比較を行い、アスペクト比と両CL則との関係について示した。
発表場所 Asia Plasma and Fusion Association (APFA2009) (Japan Atomic Energy Agency )
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2009年10月 6日
発表者 伊藤邦雄(JANUS)
タイトル 「リスクと保全;諸外国における原子力への適用実績」
発表場所 第8回保全セミナー(日本保全学会)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2009年10月 1日
発表者 Gen Kaneko・Karim Honein、Shigeharu Kinoshita(The University of Tokyo)、Ichiro Katsuyama(JANUS)、Masao Yamada(Port and Airport Research Institute)、Shugo Watabe(The University of Tokyo)
タイトル 「The occurrence of cellulase in the shipworm, Teredo navalis 」
発表場所 平成21年度日本水産学会秋季大会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2009年10月 1日
発表者 秋本泰・片山洋一(海生研)、松村知明・松本正喜(JANUS)
タイトル 「全国における藻場分布調査の実態」
「全国における藻場分布面積の変化」
発表場所 平成21年度日本水産学会秋季大会
資料 -

投稿論文

発表年度 2009年 9月
発表者 高橋理(JANUS)、川村宏(東北大学大気海洋変動観測研究センター)、大村卓朗(東京大学アジア生物資源環境研究センター)、古谷研(東京大学大学院農学生命科学研究科)
タイトル 「Detection of red tides in the eastern Seto Inland Sea with satellite ocean color imagery」
掲載誌 「Journal of Oceanography Vol.65」 日本海洋学会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2009年 9月
発表者 永井則安(JANUS)、滑川啓介(アーチ・ケミカルズジャパン)、吉川榮一(中国塗料)、千田哲也(海上技術安全研究所)
タイトル 「Standardization of Marine Environmental Risk Assessment Methods for Active Substances and Anti-fouling Systems on Ships」
掲載誌 「The Proceedings International Symposium on Ship Design & Construction 2009 - The Environmentally Friendly Ships.」
The Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers, The Royal Institution of Naval Architects, The Japan Institute of Marine Engineering, and The Japan Institute of Navigation
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2009年9月26日
発表者 桑江朝比呂・三好英一(港空研)、白崎正浩・内田吉文(国交省中部地整)、松村知明・杉浦琴(JANUS)
タイトル 「干潟堆積物における脱窒速度:窒素安定同位体を用いた測定」
発表場所 2009年度日本海洋学会秋季大会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2009年9月17日
発表者 三谷信次・小林正英(JNES)、森本俊雄・飯田延治・青山美子(JANUS)
タイトル 「フィンランドにおける規制機関のパブリックコミュニケーションSTUK の良好事例とわが国への示唆」
概要 公衆の高い信頼を得ているフィンランドの原子力規制機関STUK は、公衆を顧客(クライアント)と位置づけ、事故トラブル情報の公衆への通知を重視し、24 時間の質問応答体制を敷いている。公衆の信頼を得る重要な要素はパブリックへの「謙虚さ」であるという。STUK のパブリックコミュニケーションの戦略と背景をフィンランド教育メソッドの観点から分析し、わが国への取り組みの示唆を検討する。
発表場所 日本原子力学会 2009年秋の大会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2009年9月16日
発表者 櫻井達也(JANUS)、佐藤啓市(酸性雨研究センター)
タイトル 「長距離輸送モデル比較研究の目的および進め方について」
発表場所 第50回大気環境学会年会 都市大気環境モデリング分科会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2009年9月2日
発表者 須山泰宏(原環センター)、和田隆太郎(神戸製鋼所)、杉山武(JANUS)
タイトル 「高レベル放射性廃棄物地層処分における記録保存計画を策定する際の判断材料の調査」
発表場所 土木学会第64回年次学術講演会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2009年9月2日
発表者 永井則安(JANUS)、滑川啓介(アーチ・ケミカルズジャパン)、吉川榮一(中国塗料)、千田哲也(海上技術安全研究所)
タイトル 「Standardization of Marine Environmental Risk Assessment Methods for Active Substances and Anti-fouling Systems on Ships」
発表場所 International Symposium on Ship Design & Construction 2009 - The Environmentally Friendly Ship ( 国際船舶設計建造シンポジウム (ISSDC2009)-環境に優しい船 )
資料 -

投稿論文

発表年度 2009年 8月
発表者 堀内麗子(慶応義塾大学大学院理工学研究科)、小林聖治(JANUS)、亀山雄高(慶応義塾大学大学院理工学研究科)、水谷正義(理化学研究所)、小茂鳥潤(慶應義塾大学理工学部)、勝山一朗(JANUS)
タイトル 「タテジマフジツボキプリス幼生の基材選択性と付着に及ぼす微細凹凸表面形状の影響」
掲載誌 「材料と環境 Vol.58,No.8」 腐食防食協会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2009年7月18日
発表者 高橋理(JANUS)
タイトル 「7県11海岸における漂流・漂着ゴミの実態と今後の対策のあり方-環境省漂流・漂着ゴミに係る国内削減方策モデル調査結果-」
発表場所 日本沿岸域学会 2009(第22回)研究討論会
資料 -

投稿論文

発表年度 2009年 6月
発表者 菅谷淳子(JANUS)、原山優子(東北大学大学院)
タイトル 「原子力発電所の規制手法の分類と選択方法」
掲載誌 「日本原子力学会和文論文誌 Vol.8,No.2」 日本原子力学会
資料 -

投稿論文

発表年度 2009年 6月
発表者 柳本卓(水産総合研究センター)、北村徹(JANUS)、小林敬典(水産総合研究センター)
タイトル 「mtDNAのPCR-RFLP分析と外部形態によるハタハタの集団構造解析結果」
掲載誌 「DNA多型 Vol.17」 日本DNA多型学会
資料 -

投稿論文

発表年度 2009年 5月
発表者 柴田玲奈(水産総合研究センター)、武智昭彦(愛媛県中予水産試験場)、福永辰廣(水産総合研究センター)、新田朗(JANUS)
タイトル 「瀬戸内海中西部におけるヒラメ成魚の周年の行動特性」
掲載誌 「水産海洋研究 73巻 2号」 水産海洋学会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2009年5月11日
発表者 吉田和生・星裕子(電中研)、平杉亜希(JANUS)、酒井一夫(放医研)
タイトル 「A graphical review of radiogenic animal cancer data using the “dose and dose-rate map”」
発表場所 2009 International Congress on Advances in Nuclear Power Plants
資料 -

寄稿記事

発表年度 2009年 4月
発表者 小林聖治・勝山一朗(JANUS)
タイトル 「付着生物の付着幼生検出技術等の紹介」
掲載誌 「海洋調査 (No.96)」 海洋調査協会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2009年4月18日
発表者 鈴木さとし(JANUS)
タイトル 「二酸化炭素地中貯留について」
発表場所 東京都環境学習リーダ連絡会総会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2009年 3月
発表者 長澤哲也(応用技術)、吉田俊幸(オオバ)、尾上健治(東洋設計)、折原輝彦(建設環境研究所)、石橋陽一郎(JANUS)
タイトル 「環境アセスメントにおける“コミュニケーター”の活用について
-よりよい環境アセスメントのためのコミュニケーション支援-」
掲載誌 「環境アセスメント学会誌 7(1)」 環境アセスメント学会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2009年 1月
発表者 伊藤邦雄(JANUS)
タイトル 「米国原子力発電所の保全とその安全管理-(2)オンライン保守とその安全管理-」
掲載誌 「保全学 1月号(vol.7 no.4)」 日本保全学会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2009年 1月
発表者 近本一彦(JANUS)
タイトル 「リスクコミュニケーションにおける現場の苦悩」
掲載誌 「日本リスク研究学会誌 18(2),23-31,2008」 日本リスク研究学会
資料 -

2008年

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年11月11日
発表者 伊藤邦雄(JANUS)
タイトル 「米国に於ける原子力発電所の検査制度と運用の実際」
発表場所 講演会「米国に於ける原子力発電所の検査制度と我が国の新検査制度導入へ向けた取り組み」(日本原子力情報センター)
資料 -

寄稿記事

発表年度 2008年10月
発表者 飯本武志(東京大学)、近本一彦(JANUS)、和田茂行(原電事業)
タイトル 「原子力発電施設におけるALARA対策に関する一考察~米国発電所への訪問調査より~」
掲載誌 「保健物理 43(3)」 日本保健物理学会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2008年10月
発表者 伊藤邦雄(JANUS)
タイトル 「米国原子力発電所の保全とその安全管理-(1)停止時の安全管理-」
掲載誌 「保全学 10月号(vol.7 no.3)」 日本保全学会
資料 -

書籍

発表年度 2008年10月
発表者 加藤浩(JANUS)
タイトル 「海洋データの利用促進」
掲載誌 「海洋調査技術マニュアル(水質・底質編 第5章)」 海洋調査協会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年10月20日、23日
発表者 青山美子(JANUS)、澤田哲生・藤井靖彦(東工大)
タイトル 「A Study the Consensus Development through the Stakeholder Engagement for the Use of Nuclear Energy in Japan」(10/20ポスター発表、10/23口頭発表)
発表場所 12th International Congress of the International Radiation Protection Association(第12回国際放射線防護学会)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年10月4日
発表者 近本一彦(JANUS)
タイトル 「放射線リスクのよりよい理解のために」
発表場所 日本保健物理学会シンポジウム
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年10月6日
発表者 鈴木政時(JANUS)、吉田至孝(原子力安全システム研究所)
タイトル 「Development of a Rapid Prediction Technology for Emergency Protection Area at Nuclear Accidents 」
発表場所 12th International Conference on Harmonisation within Atmospheric Dispersion Modelling for Regulatory Purposes (Meteorological and hydrological institute of Croatia)
資料 HARMO 12 Conference

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年10月6日
発表者 飯田延治(JANUS)
タイトル 「Criticality Incident during Outage at a Japanese plant」
発表場所 2008 Inspection & Enforcement Workshop(SCIENTECH,LLC)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年10月6日
発表者 品川高儀(JANUS)
タイトル 「最近の環境アセスメントにおける地球温暖化対策」
発表場所 第18回発電ビジネス研究会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2008年 9月
発表者 北村徹(JANUS)、宮本俊和(GGT)、中野秀樹(水産総合研究センター)
タイトル 「CITESにおける板鰓類の動向」
掲載誌 「板鰓類研究会報 第44号」日本板鰓類研究会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年9月16日
発表者 石原靖文・矢部いつか・浅野和仁(JANUS)
タイトル 「Prediction of impacts of discharged dissociated water in methane hydrate on environment」
発表場所 Oceans’08 Quebec(Oceans’08 MTS/IEEE Quebec)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年9月12日
発表者 長澤哲也(応用技術)、吉田俊幸(オオバ)、尾上健治(東洋設計)、折原輝彦(建設環境研究所)、石橋陽一郎(JANUS)
タイトル 「環境アセスメントにおける“コミュニケーター”の活用について-よりよい環境アセスメントのためのコミュニケーション支援-」
発表場所 2008年度環境アセスメント学会第7回大会
資料 発表資料(PDF)

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年9月5日
発表者 近本一彦(JANUS)、飯本武志(東大)、和田茂行(JNES)、辻政俊(NISA)
タイトル 「原子力発電施設における従事者線量低減の最適化に関する考察;
その1 米国におけるALARA 活動の現状、
その2 線量低減化プロセス診断評価手法の開発
その3 従事者線量低減の最適化に関する留意点」
発表場所 日本原子力学会 2008年秋の大会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2008年 8月
発表者 青山美子(JANUS)、澤田哲生・藤井靖彦(東京工業大学原子炉工学研究所)
タイトル 「原子力施設運転に関するステークホルダー・ミーティングの事例分析と社会的合意形成システムの設計に関する考察」
掲載誌 「日本リスク研究学会誌 Vol.18 No.1」日本リスク研究学会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2008年 7月
発表者 北村徹(JANUS)
タイトル シリーズ「はかる(測る)」 9、生物の進化を測る
掲載誌 「海洋調査 No.93」海洋調査協会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年7月29日
発表者 勝山一朗・小林聖治(JANUS)
タイトル 「 Damages of Epoxy Anti-Rust Coating on Marine Structures Observed under Existence of Sea Urchins and its Protection 」
発表場所 The 14th International Congress on Marine Corrosion and Fouling (第14回海洋腐食と汚損国際会議)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年7月30日
発表者 小茂鳥潤(慶應義塾大学理工学部)、小林聖治(JANUS)、宮脇大祐(慶應義塾大学理工学部)、堀内麗子(日産)、水谷正義・亀山雄高(理化学研究所)、勝山一朗(JANUS)
タイトル 「 Barnacle Settlement Behavior on Controled Micro Textured Surfaces 」
発表場所 The 14th International Congress on Marine Corrosion and Fouling (第14回海洋腐食と汚損国際会議)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年7月30日
発表者 松尾卓磨・長秀雄(青山学院大学理工学部)、門万寿男(日揮)、勝山一朗(JANUS)
タイトル 「 Monitoring of Blockages by Shellfishes in A Pipe Utilizing An Optical Fiber Acoustic Emission System 」
発表場所 The 14th International Congress on Marine Corrosion and Fouling (第14回海洋腐食と汚損国際会議)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年7月31日
発表者 永井則安(JANUS)、滑川啓介(アーチ・ケミカルズジャパン)、吉川榮一(中国塗料)、千田哲也(海上技術安全研究所)
タイトル 「Standardization of marine environmental risk assessment method for active substances in anti-fouling systems 」
発表場所 The 14th International Congress on Marine Corrosion and Fouling (第14回海洋腐食と汚損国際会議)
資料 -

寄稿記事

発表年度 2008年 6月
発表者 浅野和仁・高橋理・石原靖文(JANUS)、原島省(国立環境研究所)
タイトル 「システムダイナミクスツールによる海洋生態系モデルの構築」
掲載誌 「海洋理工学会誌 Vol.14 No.1 」海洋理工学会
資料 -

投稿論文

発表年度 2008年 6月
発表者 井野慎吾(富山県水産試験場)、新田 朗(JANUS)、河野展久(福井県水産試験場)、辻 俊宏・奥野充一(石川県水産総合センター)、山本敏博(国際農林水産業研究センター)
タイトル 「記録型標識によって推定された対馬暖流域におけるブリ成魚の回遊」
掲載誌 「水産海洋研究 Vol.72 No.2」水産海洋学会
資料 -

投稿論文

発表年度 2008年 6月
発表者 柳本卓(遠洋水産研究所)、北村 徹(JANUS)、小林敬典(中央水産研究所)
タイトル 「DNA分析によって推測されたスケトウダラの集団構造」
掲載誌 「DNA多型 Vol.16」日本DNA多型学会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年6月26日
発表者 吉田和生・星裕子(電中研)、松本亜希(JANUS)、酒井一夫(放医研)
タイトル 「線量-線量率マップを用いた実験動物の放射線発がんデータの分析」
発表場所 日本保健物理学会 第42回研究発表会
資料 -

投稿論文

発表年度 2008年 5月
発表者 柳本卓(遠洋水産研究所)、北村 徹(JANUS)、小林敬典(中央水産研究所)
タイトル 「mtDNA の PCR-RFLP 法によって推測されたクサカリツボダイの集団構造」
掲載誌 「日本水産学会誌 Vol.74 No.3 」日本水産学会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2008年 5月
発表者 北村徹(JANUS)
タイトル 「遺伝子で見る軟骨魚類の系統進化」
掲載誌 「生物の科学 遺伝 62巻3号」(株)エヌ・ティー・エス
資料 (株)エヌ・ティー・エス

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年5月29日
発表者 石原靖文(JANUS)
タイトル 「メタンハイドレート生産による分解生成水放出予測モデルについて」
発表場所 日本地球惑星科学連合2008年大会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年5月28日
発表者 鋤崎俊二・鈴木信也・新藤一男(日本海洋生物研究所)、石原靖文(JANUS)、中田喜三郎(東海大学)
タイトル 「メタンハイドレート開発に伴う海域環境への影響評価と海域環境調査」
発表場所 日本地球惑星科学連合2008年大会(ポスターセッション)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年5月15日
発表者 石原靖文(JANUS)
タイトル 「熱水プルームのモデル解析」
発表場所 海海洋理工学会 平成20年度春季大会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年5月15日
発表者 石原靖文・浅野和仁(JANUS)
タイトル 「メタンハイドレート分解生成水の放出予測」
発表場所 海洋理工学会 平成20年度春季大会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2008年 4月
発表者 柴崎敏和(千代田アドバンスト・ソリューションズ)、高木信夫(システム安全研究所)、松本精二(JANUS)、角田浩(東洋エンジニアリング)、西晴樹(消防庁)
タイトル 「備蓄タンクのグローバル診断技術の開発 第2報 石油タンクのRBI 」
掲載誌 「圧力技術 第4巻 第2号」日本高圧力技術協会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2008年 4月
発表者 安部裕一(JANUS)
タイトル 「原子力発電のCDMプロジェクトづくりのプロセスおよびその問題点―エネルギー需要急増の中国でのケースを想定して― 」
掲載誌 「原子力eye 2008年5月号 Vol.54 No.5」日刊工業新聞社
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年4月
発表者 森嶌昭夫(日本気候政策センター)、町末男(FNCA)、藤冨正晴(電源開発)、池本一郎(電力中央研究所)、安部裕一(JANUS)
タイトル 座談会:「原子力発電をCDMに組み入れるには何が必要か」
発表場所 「原子力eye 2008年5月号 Vol.54 No.5」日刊工業新聞社
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年4月1日
発表者 原猛也・飯淵敏夫・山田裕・藤澤俊郎(海生研)、鈴木あや子・小林聖治・新田朗・勝山一朗・松村知明・松本正喜・斉藤真美(JANUS)
タイトル 「海藻遊走子に及ぼす次亜塩素酸ソーダ処理の影響」
発表場所 2008年度日本付着生物学会総会・研究集会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2008年 3月
発表者 中野秀樹(水産庁研究指導課)、北村 徹(JANUS)、松永浩昌(遠洋水産研究所)
タイトル 「サメ保護問題と資源管理」
掲載誌 「日本水産学会誌 第74巻(第2号)」日本水産学会
資料 -

投稿論文

発表年度 2008年 3月
発表者 鋤崎俊二(日本海洋生物研究所)、石原靖文(JANUS)、中田喜三郎(東海大学)、Poojitha D. Yapa(Clarkson Univ.)
タイトル 「漏洩メタンとメタンハイドレート分解生成水の水中での拡散予測モデルの開発 -数値モデルを用いた解析-」
掲載誌 「月刊海洋 2008年4月号」海洋出版株式会社
資料 -

寄稿記事

発表年度 2008年 3月
発表者 北村徹(JANUS)
タイトル 「フカヒレを取り巻く諸問題」
掲載誌 「生物の科学 遺伝 62巻2号」(株)エヌ・ティー・エス
資料 (株)エヌ・ティー・エス

寄稿記事

発表年度 2008年 3月
発表者 高橋美昭・北村一美(原子力発電環境整備機構)、佐藤光昭・加藤浩・中村純也(JANUS)
タイトル 「高レベル放射性廃棄物地層処分事業の文献調査段階における環境配慮の一考察 -GISとHSIモデルによる検討-」
掲載誌 「環境アセスメント学会誌(第6巻 第1号)」 環境アセスメント学会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2008年 3月
発表者 手塚智枝美・岸本幸雄(JANUS)、安達裕司(環境省)
タイトル 「米国・カナダ・英国における浚渫土砂海洋処分海域の環境監視」
掲載誌 「環境アセスメント学会誌(第6巻 第1号)」 環境アセスメント学会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年3月28日
発表者 柴田玲奈(水研セ中央水研)、武智昭彦(愛媛中予水試)、福永辰廣(水研セ)、新田朗(JANUS)
タイトル 「燧灘でアーカイバルタグを装着放流したヒラメ成魚の分布と移動」
発表場所 平成20年度日本水産学会春季大会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年3月27日
発表者 塩谷洋樹・小野清(原子力機構)、安松直人・辺田正則(NESI)、西誠・石黒純一(JANUS)
タイトル 「不確実性を考慮した原子力事業の評価」
発表場所 日本原子力学会 2008年春の大会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年3月27日
発表者 鈴木政時(JANUS)
タイトル 「原子力防災用公衆防護措置範囲迅速予測技術の開発;-(4)予測線量の比較計算-」
発表場所 日本原子力学会 2008年春の大会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2008年3月18日
発表者 岸本幸雄(JANUS)
タイトル 「ロンドン条約におけるCO2海底下地中貯留の議論」
発表場所 第20回海洋工学シンポジウム-日本の海洋ストラテジを考える-(主催:日本船舶海洋工学会、日本海洋工学会)
資料 -

2007年

書籍

発表年度 2007年12月
発表者 北村徹(JANUS)
タイトル 「水生生物の遺伝的多様性の保全」
掲載誌 「泳ぐDNA」 (猿渡敏郎編) 東海大学出版会
資料 東海大学出版会 ISBN978-4-486-01758-5

投稿論文

発表年度 2007年
発表者 漆谷博志(自然科学研究機構、東和科学)、勝義直・加藤泰彦(自然科学研究機構)、戸笈修(東和科学)、川嶋之雄(JANUS)、太田康彦(鳥取大学)、木阪有美(環境省)、Anke Lange、Charles R. Tyler(エクゼター大学)、Rodney D. Johnson(U.S.EPA)、井口泰泉(自然科学研究機構)
タイトル 「Medaka (Oryzias latipes) for Use in Evaluating Developmental Effects of Endocrine Active Chemicals with Special Reference to Gonadal Intersex (Testis-Ova).」
掲載誌 「Environmental Science, Vol.14, No5, 211-233 (2007)」 MYU
資料 -

投稿論文

発表年度 2007年
発表者 鷲見学(環境省)、川嶋之雄・服巻辰則(JANUS)、石橋弘志・有薗幸司(熊本県立大学)、井口泰泉(自然科学研究機構)、清水誠(東京大学)
タイトル 「Comparison of serum vitellogenin, steroid hormone, gonad histopathology and bioaccumulation in common carp ( Cyprinus carpio ) of two rivers and a lake in Japan : Potential for endocrine disruption」
掲載誌 「Environmental Science, Vol.14, No1, 41-54 (2007)」 MYU
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2007年11月2日
発表者 浅野和仁・高橋理・石原靖文(JANUS)、原島省(国立環境研究所)
タイトル 「システムダイナミクスツールによる海洋生態系モデルの構築」
発表場所 海洋理工学会
資料 -

投稿論文

発表年度 2007年10月
発表者 大沼進(北海道大)、石橋陽一郎・鈴木ゆう子・近本一彦(JANUS)
タイトル 「Do Self-sanctioning and Outsider Intervention Instill Trust in the Information Disclosure Process?」
掲載誌 「Journal of Risk Research Vol.10,No.6,883-898」日本リスク研究学会、SRA-Europe
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2007年10月3日
発表者 安部裕一(JANUS)
タイトル 「中国・山西省炭鉱メタンを利用したコジェネレーションシステムのCDM可能性調査」
発表場所 温暖化対策CDM/JI事業調査シンポジウム2007大阪会場(主催:環境省、(財)地球環境センター)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2007年9月29日
発表者 鈴木政時(JANUS)
タイトル 「原子力防災用公衆防護措置範囲迅速予測技術の開発;(2)予測線量の予測手法」
発表場所 日本原子力学会 2007年秋の年会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2007年9月28日
発表者 杉山武・加藤藤孝(JANUS)、青木和弘・和田隆太郎(原環センター)
タイトル 「地層処分モニタリングシステム;(その2)モニタリング技術メニューの開発」
発表場所 日本原子力学会 2007年秋の年会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2007年9月28日
発表者 塩谷洋樹・小野清(原子力機構)、安松直人・辺田正則(NESI)、西誠・石黒純一(JANUS)
タイトル 「サプライチェーンマネジメントに基づく核燃料サイクルシステム評価手法の開発」
発表場所 日本原子力学会 2007年秋の年会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2007年9月28日
発表者 青山美子(JANUS)、澤田哲生・藤井靖彦(東工大)
タイトル 「原子力ステークホルダーミーティングの事例分析(2)」
発表場所 日本原子力学会 2007年秋の年会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2007年9月27日
発表者 澤田哲生(東工大)、森本俊雄・飯田延治、西村健(JANUS)、田中宏司(立教大)、武田徹(東大)
タイトル 「警告の価値の評価手法に関する研究(3):インタビューおよびアンケートの結果」
発表場所 日本原子力学会 2007年秋の年会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2007年9月18日
発表者 飯田延治(JANUS)
タイトル 「Overview of the 2007 Earthquake」
発表場所 2007 Inspection Workshop(SCIENTECH,LLC)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2007年9月8日
発表者 佐藤光昭・加藤浩・中村純也(JANUS)、高橋美昭(原子力発電環境整備機構)
タイトル 「高レベル放射性廃棄物地層処分事業の文献調査段階における環境配慮の一考察 -GISとHSIモデルによる検討-」
発表場所 2007年度環境アセスメント学会研究発表会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2007年9月7日
発表者 佐藤光昭・保正竜哉(JANUS)、高橋美昭(原子力発電環境整備機構)
タイトル 「生態系アセスメントに関する定量的影響予測手法としてのPVAの適用可能性 -カンムリワシを例として-」
発表場所 2007年度環境アセスメント学会研究発表会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2007年 8月
発表者 鈴木さとし(JANUS)
タイトル 「二酸化炭素海底下地層貯留に係る海洋環境保全の枠組み」
掲載誌 「環境アセスメント学会誌 Vol.5 No.2」環境アセスメント学会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2007年8月27日
発表者 長谷川高久・加藤安紀(中部電力)、寅丸武司(JANUS)、本下晶晴(産業技術総合研究所)、坂上雅治(日本福祉大学)稲葉敦(東京大学)
タイトル 「Development of the evaluation method for social and environmental activities」
発表場所 3rd International Conference on Life Cycle Management (ETH Zurich主催)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2007年8月1~3日
発表者 高崎いゆき・佐藤菜生(早稲田大)、吉川肇子(慶応大)、藤井聡(東京工業大)、桑垣玲子(JANUS)、堀井秀之(東京大)、竹村和久(早稲田大)
タイトル 「自分のまちの好きなところ嫌いなところ-風景描画法による態度の分析-」
発表場所 第9回日本感性工学会 大会・総会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2007年7月11日
発表者 杉浦琴(JANUS)、Narin BOONTANON(Mahidol University)、吉田尚弘(東京工業大)
タイトル 「化学的アプローチを用いた干潟の物理・生物学的特徴の可視化」
発表場所 第32回海洋開発シンポジウム(土木学会海洋開発委員会)
資料 -

投稿論文

発表年度 2007年 6月
発表者 勝山一朗(JANUS)
タイトル 「13th International Congress on Marine Corrosion and Biofouling参加報告」
掲載誌 「材料と環境 第56巻 第6号」腐食防食協会
資料 -

投稿論文

発表年度 2007年 6月
発表者 唐戸周一(日本大学大学院)、小林敬典(中央水産研究所)、北村徹(JANUS)、谷内透(日本大学生物資源科学部)
タイトル 「ホシザメからのマイクロサテライト領域の検出技術」
掲載誌 「DNA多型 Vol.15」日本DNA多型学会
資料 -

投稿論文

発表年度 2007年 5月
発表者 山田陽巳(遠洋水産研究所)、山本憲一(長崎県総合水産試験場)、新田朗(JANUS)
タイトル 「長崎農林水産統計に基づく長崎県におけるひき縄漁業によるクロマグロ漁獲量の推定」
掲載誌 「水産海洋研究 71(2)」 水産海洋学会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2007年 4月
発表者 伊藤邦雄・菅谷淳子(JANUS)
タイトル 「米国における保守管理と規制検査の関係について」
掲載誌 「保全学 4月号 (vol.6 no.1)」 日本保全学会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2007年 4月
発表者 菅谷淳子・伊藤邦雄(JANUS)
タイトル 「原子力発電所の安全規制と設備利用率に関する2つの事例研究」
掲載誌 「保全学 4月号 (vol.6 no.1)」 日本保全学会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2007年3月30日
発表者 韓 軍・浅田昭(東大生研)、溝口雅彦(JANUS)
タイトル 「DIDSONを用いた川を遡上する稚アユの音響計数法の開発」
発表場所 平成19年度 日本水産学会大会
資料 最新の音響機器を用いた取り組みは 生物行動調査へ

ポスター/口頭発表

発表年度 2007年3月27日
発表者 澤田哲生(東工大)、森本俊雄・飯田延治・西村健(JANUS)、田中宏司(立教大)、武田徹(東大)
タイトル 「警告の価値の評価手法に関する研究(2):事例分析」
発表場所 日本原子力学会 2007年春の年会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2007年3月27~29日
発表者 青山美子(JANUS)、澤田哲生・藤井靖彦(東工大)
タイトル 「原子力ステークホルダーミーティングの事例分析」
発表場所 日本原子力学会 2007年春の年会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2007年3月23日
発表者 角皆静男(北海道大学)、杉浦琴(JANUS)、成田尚史(東海大学海洋学部)
タイトル 「何が氷期-間氷期間の大気中CO2濃度変動を支配したか」
発表場所 2007年度 日本海洋学会春季大会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2007年3月7日
発表者 長谷川高久(中部電力)、寅丸武司(JANUS)、本下昌晴(産業技術総合研究所)、坂上雅治(日本福祉大学)、稲葉敦(東京大学・産業技術総合研究所)
タイトル 「中部電力における社会環境貢献活動の評価手法の開発」
発表場所 第2回日本LCA学会
資料 -

2006年

投稿論文

発表年度 2006年
発表者 井口泰泉(自然科学研究機構)、入江芙美(環境省)、漆谷博志・戸笈修(東和科学)川嶋之雄(JANUS)、Mike Roberts(英国DEFRA)、Leif Norrgren(スウェーデン農業科学大学)、Thomas H. Hutchinson(アストラゼネカ)
タイトル 「Availability of in vitro vitellogenin assay for screening of estrogenic and anti-estrogenic activities of environmental chemicals」
掲載誌 「Environmental Science, Vol.13, No3, 161-183 (2006)」 MYU
資料 -

投稿論文

発表年度 2006年12月
発表者 北川貴士(東大海洋研)、AIDA SARTIMBUL(長崎大学)、中田英昭(長崎大学)、木村伸吾(東大海洋研)、山田陽巳(遠洋水産研究所)、新田朗(JANUS)
タイトル The effect of water temperature on habitat use of young Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis in the East China Sea
掲載誌 「Fisheries Science 2006 Vol.72 No.6」 日本水産学会
資料 -

寄稿記事

発表年度 2006年 9月
発表者 勝山一朗(JANUS)
タイトル 航路ブイの生物たち フジツボ
掲載誌 「水路」(財)日本水路協会 2006年10月発行
資料 -

投稿論文

発表年度 2006年 7月
発表者 増本育子・若尾拓志・尾田敏範(中電技術コンサルタント(株))、北村徹・新田朗(JANUS)、川野敬介(豊田ホタルの里ミュージアム)
タイトル 遺伝子解析による豊田地域に生息するゲンジボタルの集団構造について
掲載誌 全国ホタル研究会誌(39):25-31(2006)
資料 -

書籍

発表年度 2006年 6月
発表者 内山巌雄(京都大学)・青木康展(国立環境研究所)・和田恵子(JANUS)・中杉修身(上智大学)
タイトル 第3章 3リスク評価
掲載誌 「化学物質リスク総合管理技術研究の現状」(総合科学技術会議 化学物質総合管理技術研究イニシャティブ主催)平成18年3月
資料 -

書籍

発表年度 2006年 6月
発表者 川嶋之雄(JANUS)
タイトル 水産に関する全てを網羅した総合事典(独立行政法人水産総合研究センター編)
掲載誌 水産大百科事典(朝倉書店 )
資料 ISBN 4-254-48000-8 C3561 B5版

投稿論文

発表年度 2006年 5月
発表者 勝山一朗・小林聖治(JANUS)、菅原孔誌・長友友安・保坂治幸(上五島石油備蓄)
タイトル タニシウニの防錆塗料塗膜への損傷に対する塗膜硬さの影響
掲載誌 「材料と環境」
資料 第55巻 第5号 2006

投稿論文

発表年度 2006年 1月
発表者 高橋理(JANUS)、川村宏(東北大院・理)、大村卓朗・古谷研(東大院農学生命)
タイトル 衛星海色観測による大阪湾・播磨灘の赤潮検出に関する研究(2)
掲載誌 2006年春季日本海洋学会 要旨
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2006年11月30日
発表者 北村徹(JANUS)、松永浩昌(遠洋水産研究所)、宮本俊和(自然資源保全協会)、中野秀樹(水産庁)
タイトル 「日本周辺海域における大型サメ類(ウバザメ、ジンベイザメ、ホホジロザメ)の出現状況について」
発表場所 東京大学海洋研究所共同利用研究集会「軟骨魚類を探る」
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2006年11月30日
発表者 唐戸周一(日大生物資源)、北村徹(JANUS)、小林敬典(水産総合研究センター・中央水研)、谷内透(日大生物資源)
タイトル 「分子生物学によるホシザメ系群分離の試み」
発表場所 東京大学海洋研究所共同利用研究集会「軟骨魚類を探る」
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2006年11月17日
発表者 伊藤邦雄(JANUS)
タイトル 「米国の原子炉監視プロセス(ROP)と保守規則(MR)」
発表場所 保全学会主催 保全セミナー
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2006年10月24日
発表者 石原靖文・浅野和仁(JANUS)
タイトル 「メタンハイドレート生産による低温水放出予測モデルの構築と検証(Ⅰ)」
発表場所 海洋理工学会 秋季大会(京都大学)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2006年10月19日
発表者 宮内善浩(日本原燃)、稲垣学・高瀬博康(クインテッサジャパン)、井川周三・平野英子・服巻辰則・保正竜哉(JANUS)
タイトル 「Development of water exchange models for brackish Lake Obuchi
(邦題:尾駮沼における水収支モデルの開発)」
発表場所 International Symposium on Environmental Modeling and Radioecology
(環境モデリングと放射生態学に関する国際シンポジウム)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2006年10月19日
発表者 高橋理(JANUS)
タイトル 「Detecting Red Tides in the Eastern Seto Inland Sea with Satellite Ocean Color Imagery」
発表場所 The North Pacific Marine Science Organization (PICES)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2006年9月27日
発表者 澤田哲生(東工大)、森本俊雄・飯田延治・西村健(JANUS)、田中宏司(立教大)、武田徹(東大)
タイトル 「警告の価値の評価手法に関する研究」
発表場所 日本原子力学会主催 日本原子力学会 秋の大会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2006年9月14日
発表者 堀内麗子・亀山雄高・小茂鳥潤(慶應義塾大学理工学部)、小林聖治・勝山一朗(JANUS)
タイトル 「微細凹凸を利用したキプリス幼生の付着防止手法の提案」
発表場所 2006年電気化学秋季大会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2006年9月14日
発表者 松本正喜(JANUS)
タイトル 「波長別吸光度による河床付着藻類群集の測定と海域への展開」
発表場所 海洋調査協会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2006年9月27日~29日
発表者 桑恒玲子・石橋陽一郎(JANUS)、鳥海真(原環センター)、藤井聡(東工大)、吉川肇子(慶応大)、竹村和久(早稲田大学)、堀井秀之(東大)
タイトル 「高レベル放射性廃棄物処分事業の意思決定に影響を及ぼす心理要因の分析」
発表場所 日本原子力学会2006年秋の大会(北海道大学)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2006年9月27日~29日
発表者 郡司郁子・田端理美子(原子力機構)、大歳幸男(環境情報科学センター)、桑恒玲子・石橋陽一郎(JANUS)
タイトル 「米国におけるリスクコミュニケーション教育プログラムの調査」
発表場所 日本原子力学会2006年秋の大会(北海道大学)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2006年9月2日
発表者 高橋美昭・北山一美・竹内光男・稲越成文(原子力発電環境整備機構)、嘉代東一・石橋陽一郎・石黒純一(JANUS)
タイトル 「高レベル放射性廃棄物地層処分事業の概要調査地区選定段階における環境配慮の一考察」
発表場所 2006年度環境アセスメント学会第5回大会(武蔵工業大学)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2006年7月6日~7日
発表者 郡司郁子・田端理美子(原子力機構)、大歳幸男(環境情報科学センター)、桑垣玲子・石橋陽一郎(JANUS)
タイトル 「原子力関連事業者のパブリックリレーションズと住民参画の調査」
発表場所 日本保全学会 第3回学術講演会(東北大学工学部・青葉記念会館)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2006年6月20日
発表者 荒瀧紘子(JANUS)、高田秀重(東京農工大)、Bui Cach Tuyen(Nong Lam Univ. Vietnam)、Touch Seang Tana(Office of the Council of Minister, Cambodia)、Kongsap Akkhavong (National Institute of Public Health, Laos)
タイトル 「メコン川流域における生活雑排水汚染及び屎尿汚染の実態解明:Molecular markers(アルキベンゼンとステロール類)を用いたアプローチ」
発表場所 第15回環境化学討論会(仙台国際センター)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2006年5月18日
発表者 蓮井昭則(間組)、能登宥愿(宮地鐵工所)、門万寿男(JANUS)
タイトル 「光学ストランドを用いた構造物モニタリングについて」
発表場所 「地下空間開発における調査・計測に関するシンポジューム」((社)地盤工学会 浜離宮建設プラザ)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2006年5月16日
発表者 加藤浩(JANUS)
タイトル 「Measures against the Potential Hazards of Old Chemical Weapons in Japan」
発表場所 9th International Chemical Weapons Demilitarisation Conference 2006, DSTL(DSTLは英国国防省の一部です。)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2006年4月21日
発表者 郡司郁子・田端理美子(原子力機構)、大歳幸男(環境情報科学センター)、桑垣玲子・石橋陽一郎(JANUS)
タイトル 「原子力関連事業者のリスクコミュニケーター養成プログラムの開発」
発表場所 平成18年日本原子力学会北関東支部若手研究者発表会(テクノ交流館リコッティ)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2006年4月21日
発表者 安富聡(JANUS)
タイトル 「大気汚染防止法におけるVOC規制の考え方」
発表場所 大気環境学会 関西支部・気象拡散部会講演会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2006年3月29日~4月2日
発表者 松永浩昌・横田耕介(水研セ遠洋水研)、中畑勝見・荻野洸太郎(かごしま水族館)、北村徹・新田朗(JANUS)、塩出大輔(海洋大)、中野秀樹(水産庁)
タイトル 「希少大型サメ類(ジンベエザメ)の衛星追跡 試験3~アルゴス発信器による追跡結果~」
発表場所 平成18年度日本水産学会大会(高知大学)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2006年4月5日
発表者 北村徹・小林聖治・勝山一朗(JANUS)、木島教授(東北大)、サトイト助手(長崎大)、他
タイトル 「タテジマフジツボの移入分散経路に関する遺伝学的考察」
発表場所 日本付着生物学会2006年研究集会 (財)海洋生物環境研究所中央研究所
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2006年4月5日
発表者 松本正喜(JANUS)、喜多村雄一(電源開発)、勝山一朗・松村知明(JANUS)
タイトル 「波長別吸光度による河床付着藻類群集の測定と河川環境評価」
発表場所 日本付着生物学会2006年研究集会 (財)海洋生物環境研究所中央研究所
資料 講演要旨集 P13
Abstract(PDF:124KB)

ポスター/口頭発表

発表年度 2006年4月5日
発表者 堀内麗子・亀山雄高・小茂鳥 潤(慶應義塾大学理工学部)、小林聖治・勝山一朗(JANUS)
タイトル 「微細凹凸を有する金属基盤上におけるキプリス幼生の付着挙動」
発表場所 日本付着生物学会2006年研究集会 (財)海洋生物環境研究所中央研究所
資料 -

2005年

投稿論文

発表年度 2005年12月
発表者 勝山一朗・小林聖治(JANUS)、迫田昌典・長友友安(上五島石油備蓄)、北村等(長崎大学 水産学部)
タイトル ウニ類生息箇所下に観察された海洋構造物のエポキシ系防錆塗膜の損傷について
掲載誌 「材料と環境」
資料 54,576-581(2005)

寄稿記事

発表年度 2005年10月
発表者 河野豊
タイトル インタビュー「核燃料サイクルとエンジニアリング」
掲載誌 Engineering 2005 October No.108(2005) (財)エンジニアリング振興協会
資料 2月6日

投稿論文

発表年度 2005年10月
発表者 北村 徹・新田 朗(JANUS)、若尾 拓志・尾田 敏範(中電技術コンサルタント)
タイトル ミトコンドリアDNAを用いたハクセンシオマネキ集団構造についての検討
掲載誌 DNA多型 Vol.13、(2005)
資料 p.140-144

投稿論文

発表年度 2005年10月
発表者 中島博司(三重県科学技術センター水産研究部)・新田朗(JANUS)
タイトル 標識放流試験から見たトラフグ親魚の伊勢湾口部産卵場への回帰
掲載誌 「日本水産学会誌」71(5),(2005)
資料 736-745

寄稿記事

発表年度 2005年10月
発表者 高橋理(JANUS)
タイトル 人工衛星データを利用した赤潮検出
掲載誌 「月刊養殖10月号」緑書房
資料 -

投稿論文

発表年度 2005年 7月
発表者 秋元清治・久保島康子・三谷勇(神奈川県水産総合研究所)、斉藤真美(JANUS)
タイトル 伊豆諸島周辺海域におけるキンメダイBeryx splendens雌の成熟
掲載誌 「日本水産学界」71(3),335-341(2005)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2005年12月5日
発表者 中野秀樹・松永浩昌(遠水研)、塩出大輔(海洋大)、新田朗・北村徹(JANUS)、鈴木栄(ダイビングベル)、荻野洸太郎・中畑勝見(かごしま水族館)
タイトル 「ジンベエザメの回遊経路調査について」
発表場所 東京大学海洋研究所 共同利用シンポジウム「水生生物研究機関としての水族館。その研究資源活用の可能性」 日本動物園水族館協会後援
資料 講演要旨集 P13
Abstract(PDF:61KB)

ポスター/口頭発表

発表年度 2005年9月7日
発表者 安富聡(JANUS)
タイトル 「日本国内の環境におけるオゾン生成能の評価」
発表場所 大気環境学会第46回年会(豊橋市)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2005年9月8日
発表者 勝山一朗(JANUS)
タイトル 「付着生物研究について思うこと」
発表場所 (社)電気化学秋季大会(東京)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2005年7月26日
発表者 森本俊雄(JANUS)
タイトル 「警告の価値評価に対する意識調査」
発表場所 学術フォーラム”多価値化の世紀と原子力”(東京工業大学・大岡山キャンパス)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2005年7月16日
発表者 飯田延治(JANUS)
タイトル 「警告の価値の評価方法に関する研究」
発表場所 エネルギー政策研究所月例発表会(大阪府泉佐野市)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2005年7月1日
発表者 斯波宇司(JANUS)
タイトル 「レーダーアメダスデータの大気拡散モデルへの組み込み」
発表場所 日本保健物理学会 第39回研究発表会(青森県六ヶ所村)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2005年2月9日
発表者 中村理恵(JANUS)
タイトル 米国の認可更新に関する規制プロセスと事業者の対応
発表場所 日本溶接協会 第34回 国内シンポジウム「原子力発電設備の高経年化対応委に関する国内シンポジウム」(化学会館)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2005年1月28日
発表者 勝山一朗(JANUS)
タイトル 「海洋生物による防錆塗膜の損傷について」
発表場所 第6回船底防汚塗料研究委員会(東京桜田ビル3階会議室)
資料 -

2004年

書籍

発表年度 2004年11月
発表者 徳田廣(元東京大学)・華山伸一(JANUS)
タイトル 油流出事故に対する国際的な取り組み
掲載誌 「水産学シリーズ145 流出油の海洋生態系への影響-ナホトカ号の事例を中心に-大和田紘一、小山次朗、広石伸互編(別冊)」
資料 -

投稿論文

発表年度 2004年10月
発表者 T.Yanagimoto, T.Kitamura(JANUS) and T.Kobayashi
タイトル Complete nucleotide sequence and variation of mitochondrial DNA from 10 individuals of walleye pollock, Theragra chalcogramma
掲載誌 Fisheries Science 2004:70: 885-895 TheJapanese Society of Fisheries Sceience Tokyo, Japan
資料 -

寄稿記事

発表年度 2004年 4月
発表者 華山伸一(JANUS) シップ・アンド・オーシャン財団海洋政策研究所 所属
タイトル 座談会シリーズ3「舶用ディーゼルエンジンメーカーの排ガス環境規制への対応」
掲載誌 舶用工業「舶」 No.221(2004年春号)
資料 -

寄稿記事

発表年度 2004年 4月
発表者 伊藤邦雄(JANUS)
タイトル 米国における原子力規制と保全(4)保守プログラムの最適化
掲載誌 日本保全学会「保全学」Vol.3, No.1(2004年4月)
資料 -

投稿論文

発表年度 2004年 4月
発表者 勝山一朗(JANUS)
タイトル 流水下での直流電気パルス刺激によるカワヒバリガイ幼生の運動抑制について
掲載誌 Sessile Organismus
資料 -

投稿論文

発表年度 2004年 2月
発表者 佐藤光昭(JANUS)
タイトル Kuhlia boninensis(Fowler,1907), a junior synonym of Kuhlia munda (De Vis,1884) (Perciformes:Kuhliidae)
掲載誌 Ichthyological Research(2004)51:70-72
資料 -

寄稿記事

発表年度 2004年 1月
発表者 伊藤邦雄(JANUS)
タイトル 米国における原子力規制と保全(3)運転中プラントに関わる各種規制要件
掲載誌 日本保全学会「保全学」Vol.2, No.2(2004年1月)
資料 -

寄稿記事

発表年度 2004年 1月
発表者 華山伸一(JANUS) シップ・アンド・オーシャン財団海洋政策研究所 所属
タイトル 船舶からの排出ガスによる大気への環境影響
掲載誌 船と海のサイエンスVol.7, (2004年冬季号)
資料 -

寄稿記事

発表年度 2004年
発表者 平野英子(JANUS)
タイトル 「環境に関心をもったきっかけ」
掲載誌 (社)日本土木工業協会機関紙「CE建設業界」
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2004年11月16日
発表者 勝山一朗(JANUS)
タイトル FPB処理を用いた海洋生物付着防止表面の創製
発表場所 日本材料学会関東支部主催材料分野のシーズ創製とニーズ応用に関する研究会(電気通信大学)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2004年11月4日~5日
発表者 大沼進(北大院)、石橋陽一郎・鈴木ゆう子・近本一彦(JANUS)
タイトル How to Develop a Trustworthy Relationship to Reduce a Perceived Risk Factor: Is Information Disclosure Sufficient?
発表場所 International Joint Conference "Risk Assessment and Management" with SRA Japan & China / KOSET / SETAC A/P (大韓民国ソウル市)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2004年10月16日~18日
発表者 佐藤光昭(JANUS)、奥田耕司(富士通FIP)、矢代幸太郎(東京久栄)
タイトル 「カジカ大卵型のハビタット適正指数(HSI)モデル構築の取り組み」
発表場所 2004年度環境アセスメント学会沖縄大会(沖縄大学)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2004年9月23日~28日
発表者 高橋理(JANUS)、川村宏(東北大院・理)、大村卓朗(東大院農学生命)、古谷研(東大院農学生命)
タイトル 「衛星海色観測による大阪湾・播磨灘の赤潮検出に関する研究」
発表場所 2004年度日本海洋学会秋季大会(愛媛大学)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2004年7月15日
発表者 溝口雅彦(JANUS)、Takayuki Matsumoto、Makoto Okuhara
タイトル Validation of Otolith Daily Increments for Yellowfin and Bigeye Tunas by Injection of Fluorescent Substances
発表場所 Third International Symposium on Fish Otolith Research & Application,Queensland, Australia
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2004年6月28日
発表者 中田聡史(JANUS)
タイトル 「A Numerical Simulation of the Trajectory of Coral Egg and Larvae in the Sekisei Lagoon, Japan」
発表場所 The 10th International Coral Reef Symposium(沖縄市)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2004年6月1日
発表者 鈴木政時・斉藤健(JANUS)
タイトル Mesurements and Simulations of the Dispersion of a Passive Tracer in a Mountain Area 9th International Conference on Harmonisation within Atmospheric Dispersion Modeling for Regulatory Purpose, Germany
(http://www.harmo.org/)
発表場所 -
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2004年4月6日
発表者 小林聖治・勝山一朗(JANUS)
タイトル タワシウニによる海洋構造物の塗膜損傷について
発表場所 2004年度日本付着生物学会研究集会、東京大学弥生講堂
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2004年4月1日~5日
発表者 華山伸一(JANUS)
タイトル 「油流出事故に対する国際的な取り組み」
発表場所 平成16年度日本水産学会水産環境保全委員会シンポジウム(鹿児島大学郡元キャンパス)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2004年3月6日
発表者 松本正喜(JANUS)
タイトル 河川環境の変化と河床付着藻類の特性に関する研究
発表場所 土木学会関東支部 第31回技術発表会 (http://www.nda.ac.jp/cc/kensetsu/kanto/)
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2004年1月22日
発表者 華山伸一(JANUS)シップ・アンド・オーシャン財団海洋政策研究所 所属
タイトル 「海外各国の内航船規制」
発表場所 日本内燃機関連合会主催 内航船の環境規制に関する最新情報 講演会
資料 -

2003年

投稿論文

発表年度 2003年 8月
発表者 Hiroshi Saito, Masayoshi Uno(JANUS) and Hisayuki Ito
タイトル The effect of water level lowering in Miharu Dam Reservoir on the reproduction of largemouth bass, Micropterus salmoides.
掲載誌 Ecol.Civil Eng.6(1),15-24,2003
資料 -

寄稿記事

発表年度 2003年 7月
発表者 伊藤邦雄(JANUS)
タイトル 米国における原子力規制と保全(1)原子力規制体系と保守関連の規制
掲載誌 日本保全学会「保全学」Vol.1, No.4(2003年7月)
資料 -

寄稿記事

発表年度 2003年10月
発表者 伊藤邦雄(JANUS)
タイトル 米国における原子力規制と保全 (2)保守規則とその対応
掲載誌 日本保全学会「保全学」Vol.2, No.1(2003年10月)
資料 -

寄稿記事

発表年度 2003年10月
発表者 伊藤邦雄(JANUS)
タイトル 米国における原子力規制と保全
掲載誌 第3回 保全関連研究会(2003年10月3日)
資料 -

投稿論文

発表年度 2003年 3月
発表者 松永浩昌・中野秀樹(遠洋水研)、石橋陽一郎(JANUS)、中山健平
タイトル 日本の主要な漁港におけるサメ類の種別水揚げ量の推定
掲載誌 日本水産学会誌 69(2),178-184
資料 -

投稿論文

発表年度 2003年 9月
発表者 Ken-ichi Watanabe, Tatsuya Hosho(JANUS)
タイトル Estimation of the Number of Native Amphidromous Ayu, Plecoglossus altivelis, in the Yoshino River
掲載誌 SUISANZOSHOKU, 51(3), 257-262(2003)
資料 -

投稿論文

発表年度 2003年
発表者 Tomoyuki Ito,Sachiko Tsuji,Akira Nitta(JANUS)
タイトル Migration patterns of young Pacific blue tuna (Thunnus orientalis) determined with archival tags
掲載誌 Fishery Bulletin 101(3) pp.514-534
資料 -

投稿論文

発表年度 2003年
発表者 Tomoyuki Ito,Sachiko Tsuji,Akira Nitta(JANUS)
タイトル Swimming depth, ambient water temperature preference, and feeding frequency of young Pacific blue tuna (Thunnus orientalis) determined with archival tags
掲載誌 Fishery Bulletin 101(3) pp.535-544
資料 -

書籍

発表年度 2003年
発表者 川嶋之雄・松本正喜(JANUS)
タイトル アラメ・カジメ類の造成技術
掲載誌 能登谷正浩編藻場の海藻と造成技術 pp.267(株)成山堂書店東京
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2003年10月22日~24日
発表者 服巻辰則・平野英子(JANUS)
タイトル 「The 14C isotopic ratio survey in brackish lake」
発表場所 放射生態学と環境の放射線被ばくに関する国際シンポジウム(青森県六ヶ所村)
資料 -

2002年

投稿論文

発表年度 2002年
発表者 H.Nakata, A.Sakakibara, M.Kanoh, S.Kudo, H.Watanabe, N.Nagai(JANUS), N.Miyazaki, Y.Asano, S.Tanabe
タイトル Evaluation of mitogen-induced responses in marine mammal and human lymphocytes by in-vitro exposure of butyltins and non-ortho coplanar PCBs
掲載誌 Environmental Pollution 120 (2002) 245-253
資料 Abstract(PDF:106KB)

投稿論文

発表年度 2002年
発表者 北村徹(JANUS),柳本卓
タイトル mtDNAシトクロームb遺伝子による北海道周辺のタラ科3種の種判別
掲載誌 日本水産学会誌 68(9),893-899
資料 -

投稿論文

発表年度 2002年
発表者 保正竜哉(JANUS),渡辺健一
タイトル 加入量当たり産卵資源量解析による徳島県伊島周辺のマダイ資源解析
掲載誌 日本水産学会誌 68(9),825-834
資料 -

投稿論文

発表年度 2002年
発表者 Muneo Okiyama,Hisatugu Kato(JANUS)
タイトル Larval development of Brotulotaenia nielseni (Ophidiiformes,Ophidiidae,Brotulotaeniinae)
掲載誌 Bull.Natn.Sci.Mus.,Tokyo,Ser. A28(3),pp.159-170
資料 -

投稿論文

発表年度 2002年
発表者 喜多村雄一、松本政喜・勝山一朗(JANUS)
タイトル アユ漁獲量を用いた河川生態系の予測と評価
掲載誌 土木学会河川技術論文集 第8巻:295-300
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2002年6月
発表者 華山伸一(JANUS)シップ・アンド・オーシャン財団海洋政策研究所 所属
タイトル 「最近の環境規制動向(舶用機関)」
発表場所 日本内燃機関連合会主催 環境規制とガス燃料機関に関する最新情報 講演会
資料 -

2001年

投稿論文

発表年度 2001年
発表者 Sakai,H., Sato M(JANUS), Nakamura M.
タイトル Annotated checklist of the fishes collected from the rivers in the Ryukyu Archipelago.
掲載誌 Bull.Natn.Sci.Mus.,Tokyo,Ser.A 27(2),pp.81-139.
資料 -

書籍

発表年度 2001年
発表者 木本秀明(JANUS)
タイトル KAFS(平成12年度資源評価体制確立推進事業報告書-資源解析手法教科書-)
掲載誌 日本水産資源保護協会 129-150
資料 -

書籍

発表年度 2001年
発表者 Hiroshi Nakajima and Akira NItta(JANUS)
タイトル Notes About the Ecology of Ocellate Puffer,Takifugu rubripes,Using Archival Tags Electronic tagging and Tracking in Marine Fisheries,Edited by John R Sibert & Jennifer L.Nielsen,
掲載誌 KLUWER ACADEMIC PUBLISHERS 279-287
資料 -

寄稿記事

発表年度 2001年
発表者 勝山一郎(JANUS)
タイトル 防汚技術開発の今後
掲載誌 アクアネット 4(7),39-43
資料 -

投稿論文

発表年度 2001年
発表者 Harumi Sakai,Mitsuaki Sato(JANUS),Morizumi Nakamura
タイトル Annotated Checklist of the Fishes Collected from the Rivers in the Ryukyu Archipelago
掲載誌 Bull.Natn.Sci.Mus.,Tokyo,Ser.A 27(2),81-139
資料 -

投稿論文

発表年度 2001年
発表者 瀬崎啓次郎(JANUS)、久保島康子(神奈川横須賀農政事務所)、三谷勇(神奈川水総研)、福井篤(東海大海洋学部)、渡部終五(東大院農)
タイトル ミトコンドリア・シトクロームb遺伝子によるマサバおよびゴマサバの種判別とホルマリン固定浮遊卵同定への応用
掲載誌 日本水産学会誌 67(1),17-22
資料 -

投稿論文

発表年度 2001年
発表者 Denzo Inagake,Harumi Yamada,Kyohei Segawa,Makoto Okazaki,Akira Nitta(JANUS) and Tomoyuki Itoh
タイトル Migration of Young Bluefin Tuna,Thunnus orientalis Temminck et schlegel,through Archival Tagging Experiments and Its Relation with Oceanographic Conditions in the Western North Pacific
掲載誌 遠洋水産研究所研究報告 38,53-81
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2001年11月
発表者 松居伸明・大西正記(関西電力 環境技術研究センター)サトイトSグレン・勝山一朗(JANUS)
タイトル カワヒバリガイの生態とその対策 その1 生態調査と室内試験結果
発表場所 水環境学会関西支部第三回研究発表会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2001年11月
発表者 松居伸明・大西正記(関西電力 環境技術研究センター)サトイトSグレン・勝山一朗(JANUS)
タイトル カワヒバリガイの生態とその対策 その1 生態調査と室内試験結果
発表場所 水環境学会関西支部第三回研究発表会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2001年11月
発表者 齋藤大(応用地質)、宇野正義(JANUS)、三浦國昭(東北地方整備局三春ダム管理所)
タイトル さくら湖(三春ダム)の水位低下がオオクチバス(Micropterus salmoides)の繁殖に与える影響について
発表場所 第9回世界湖沼会議
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2001年10月
発表者 加藤久嗣(JANUS)、木下泉(高知大学海洋研セ)、渡邊良朗(東大海洋研)、沖山宗雄(東京都)
タイトル キュウリエソの骨格系の発達と日周鉛直移動
発表場所 2001年度日本魚類学会年会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2001年4月
発表者 勝山一朗・サトイトSグレン(JANUS)
タイトル 江ノ島におけるミドリイガイの生殖周期
発表場所 日本付着生物学会研究集会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2001年4月
発表者 秋元清治(神奈川水総研)、木下滋晴(東大院農)、瀬崎啓次郎(JANUS)、三谷勇(神奈川水総研)、渡部終五(東大院農)
タイトル ミトコンドリア16SrRNA遺伝子によるキンメダイ属3種の種判別と浮遊卵の同定
発表場所 平成13年度日本水産学会春季大会
資料 -

2000年

書籍

発表年度 2000年
発表者 渡邊千夏子(中央水産研究所)、斉藤真美(JANUS)
タイトル サバ属魚類卵巣組織切片観察の手引き 一日当たり総産卵量に基づくマサバ太平洋系群の資源量推定法に関する調査報告書
掲載誌 中央水産研究所 37-
資料 -

書籍

発表年度 2000年
発表者 渡邊千夏子(中央水産研究所)、斉藤真美(JANUS)
タイトル バッチ産卵数の推定方法の検討 一日当たり総産卵量に基づくマサバ太平洋系群の資源量推定法に関する調査報告書
掲載誌 中央水産研究所 30-34
資料 -

投稿論文

発表年度 2000年
発表者 Takashi Kitagawa,Hideaki Nakata,Shingo Kimura,Tomoyuki Itoh,Sachiko Tsuji,Akira Nitta(JANUS)
タイトル Effect of ambient temperature on the vertical distribution and movement of Pacific bluefin tuna Thunnus thynnus orientalis
掲載誌 Marine Ecology Progress Series 201,251-260
資料 -

寄稿記事

発表年度 2000年
発表者 伊藤邦雄(JANUS)
タイトル 長期連続運転対応の技術(第1回):RCM(信頼性重視保全)による保全作業の最適化
掲載誌 ペトロテック 第23巻、第8号,695
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2000年4月
発表者 勝山一朗・松本正喜(以上JANUS)
タイトル マミチョグFundulus heterocritusの骨形成におよぼす内分泌攪乱物質の影響
発表場所 平成13年度日本水産学会春季大会
資料 -

ポスター/口頭発表

発表年度 2000年2月
発表者 Cyril Glenn Satuito・Ichiro Katuyama(JANUS)、 Toru Kumagai、 Kohichi Koyama and Seiji Den(JANUS)
タイトル Effect of Pulsed Electric Fields on the Planktonic-Staged Larvae of Fouling Organisms.
発表場所 10th International Aquatic Nuisance Species and Zebra Mussel Conferance
資料 -