サービス情報

2007/02

仏国SOGREAH社との業務協力協定について

2007年 2月
仏国SOGREAH社との業務協力協定について
記念撮影JANUSは仏国のSOGREAH社(SOGREAH CONSULTANTS SAS)と業務協力協定を締結しました。
SOGREAH社は、1923年に水力発電所向けタービン試験を中心事業として仏国グルノーブルに設立された企業です。現在では海洋河川・エネルギー・化学・汚染土壌・地域開発など幅広い分野に取り組む、従業員数900名の総合建設・環境コンサルタントとなっています。世界15カ国に事業所を持ち、現地に溶け込んだコンサルティング・サービスを提供しています。特に、中国では1980年代から北京事務所を中心に6事業所を配置し、水・環境、エネルギー・電気・通信、インフラ整備・都市地域開発等に関連する業務を行っています。
今般SOGREAH社と締結した業務協力協定により、中国を始め世界に広がる同社のリソースを利用し、より詳細で確かな海外現地情報の提供や海外プロジェクトの実施をお手伝いすることが可能となりました。
【写真】右:パトリック・ダルート氏(SOGREAH社 国際開発部部長)、左:河野豊(JANUS社長)