イベント・セミナー情報

2013/05

環境教育出前講座「身近な自然を学ぼう!~植物や生き物の不思議、発見~!」

2013年 5月
環境教育出前講座「身近な自然を学ぼう!~植物や生き物の不思議、発見~!」
環境教育出前講座「身近な自然を学ぼう!~植物や生き物の不思議、発見~!」を横浜市立東品濃小学校で実施し、JANUSから品川高儀(全国森林インストラクター)が参加しました。

日時:平成25年5月15日(水)晴 9:35-11:25
対象:横浜市立東品濃小学校3年生
スタッフ:全国森林インストラクター神奈川会の8名

概要:
  学校では、樹木班活動として1年生から6年生までが校庭にある樹木ごとにグループを作り、一年間様々な遊びや活動を通して交流を深めています。3年生は、総合の学習で、特定の樹木をマイツリーと決め、継続して観察しています。今回は、校庭の樹木の特徴だけでなく、文化・歴史などを含めて18種類の樹木(センダン、ホルトノキ、ケヤキ、クロマツ、イチョウ、ヤマモモ、コブシ、クスノキ等)の説明と、マイツリーの樹木をクイズ形式で説明しました。
  1校時目には、78名の子どもたち全員で日本一大きいクスノキの幹周りがどのくらい大きいか、24mの紐を広げて体験してもらうというアイスブレーキングをし、続けて特定の2~3種類の樹木の詳しい説明をしました。2校時目は、班ごとに校庭にある樹木の全体的な説明をしました。8班に分かれた子どもたちは、スタッフからの説明を聞いて、樹木に対する驚き、感動、発見等で興奮気味で、観察メモにはたくさんのスケッチやメモで一杯になっていました。最後に子どもたちは、「一日中樹木のことを勉強したい。」「また絶対来てね。」「知らないことをいっぱい教えてもらって楽しかった。」等々の嬉しい感想を発表してくれました。