イベント・セミナー情報

2013/07

平成25年度海老名市サマースクール「子ども環境教室」に参加しました。

2013年 7月
平成25年度海老名市サマースクール「子ども環境教室」に参加しました。
平成25年度海老名市サマースクール「子ども環境教室」を海老名市立上星小学校、有賀小学校、東柏ケ谷小学校で実施し、JANUSから品川高儀(NPO法人かながわ環境カウンセラー協議会)が参加しました。

日時:
  ①平成25年7月23日(火)晴 10:00-12:00
  ②平成25年7月25日(木)晴 10:00-12:00
対象:
  ①海老名市立上星小学校24名
  ②海老名市立有賀小学校24名
スタッフ:
  NPO法人かながわ環境カウンセラー協議会の6名

概要:
   学校では、夏休みに入った始めの1週間にサマースクールとして20種類ほどのプログラムを学校が開催し、3年生から6年生までの児童が自分でプログラムを選択することになっています。
  私どものプログラムは海老名市環境みどり課の依頼による「子ども環境教室」で、節電を教える出前授業です。具体的には電球、電球型蛍光灯、LEDランプを点灯して電流計で流れる電流をチェックするほか、冷蔵庫ゲームや節電ハウスの模型を使って節電の知識を体験してもらいました。
  中でも冷蔵庫ゲームでは、詰め込みすぎた冷蔵庫の中から冷蔵庫で保管しなくても良いもの(例えば明日飲むビール、コショウや食塩などの調味料)を選んでもらう時には、自宅の流儀が子どもたちの間で対立することもあり、なかなか決まりません。このゲームのポイントは、冷蔵庫の使い方を通して親子で意見を交わし、参加者の工夫によって統一した見解に至ることです。無理をしない範囲で、取り出しやすい冷蔵庫として活用することが節電につながることを子どもたちも真剣に考え議論することができました。
  感想文には「おうちでも節電を教えてみたい」「節電を楽しみながら続けたい」という言葉が見受けられました。知識として節電を教えるだけでなく、体験として節電を学び、自分たちで節電の必要性を感じる授業は好評いただけたと思います。