日本エヌ・ユー・エス株式会社は、経済発展とエネルギーの確保、環境の調和を通じて人類の発展に貢献します。

2015年   1月
重村勇作 他による「Estimation of absorbed radiation dose rates in wild rodents inhabiting a site severely contaminated by the Fukushima Dai-ichi nuclear power plant accident 」がJournal of Environmental Radioactivityで発表されました。>>投稿掲載記事
2014年  12月
岡 薫・堀内和司による「プラスティネーション標本で生き物を実感する」が2014年JEAS第10回技術交流会で発表されました。>>口頭発表
2014年  12月
坪能和宏・石原靖文・矢部いつか 他による「生産水の排出が海洋生態系に及ぼす影響を予測するための生態系モデル構築−流況把握・流況再現−」が第6回メタンハイドレート総合シンポジウムで発表されました。>>口頭発表
2014年  11月
桑垣玲子・篠原千晶 他による「温暖化緩和技術としてのCCSの印象とリスク認知」が日本リスク研究学会第27回年次大会講演論文集で発表されました。>>投稿掲載記事
2014年  11月
「有識者インタビュー」更新しました。
第5回は環境ジャーナリスト 石澤先生の「命を大事にする教育を」です。>>有識者インタビュー
2014年  11月
採用情報を更新しました。 >>採用情報
2014年  10月
山田忠男・佐竹晋輔 他による「硫化水素拡散予測シミュレーションモデルの研究開発」が日本地熱学会 平成26年学術講演会で発表されました。>>口頭発表
2014年  10月
篠原千晶による「Communicating on CCS - a Japanese framework」がGCCSIのブログサイトで発表されました。>>投稿掲載記事
2014年  11月
火力原子力発電技術協会編、JANUSが編集および執筆に参加した「発電所海水設備の汚損対策ハンドブック」が、この度出版されました。>>>詳細
2014年   4月
JANUSはiPoint-systems社のトレーニング・パートナーとなり、紛争鉱物分野とiPoint紛争鉱物プラットフォーム"iPCMP"に関するトレーニングを提供することになりました。>>>詳細
2014年   2月
JANUSではマリン・エコラベルの認証サポートを行なっております。
詳しくは 環境/トピックス をご参照下さい。>>>詳細


書籍のお知らせ
JANUSより執筆に参加しました
発電所海水設備の汚損対策ハンドブック
海洋生態系調査マニュアル 考え方と実践
業務フローから読み解くビジネス環境法

発電所海水設備の汚損対策ハンドブック    海洋生態系調査マニュアル 考え方と実践    業務フローから読み解くビジネス環境法

日本エヌ・ユー・エス株式会社(JANUS)