米国Summit Carbon Solutions、Green Plainsと共同で年間1,000万トン以上のCO2を回収するCCSプロジェクトの計画

2021年03月15日

記事カテゴリ:
米国Iowa州を拠点とするSummit Agricultural Groupは、Summit Carbon Solutions(SCS)を子会社として創設したことを公表しました。また、Nebraska州に拠点を置くGreen Plainsは、同社の3か所のバイオマス燃料製造所からCO2を引き取る長期供給契約をSCSと締結したことを公表しました。

さらに、 SCSはCO2をIowa州からNorth Dakota州に輸送し地中貯留するためのインフラを構築するCCSプロジェクトを発表し、 Green PlainsはSCSに初期投資を実施することを発表しました。

Green PlainsおよびSummit Agricultural Groupの両社のプレスリリースによると、SCSによるCCSプロジェクトは、 年間1,000万トン以上のCO2を回収する計画で、世界最大規模となる構想で、2024年後半にはパイプラインの操業を開始する予定としています。

詳細は以下をご覧ください。

Green Plainsによるプレスリリース
https://investor.gpreinc.com/news-releases/news-release-details/green-plains-announces-carbon-sequestration-partnership-summit

Summit Agricultural Groupによるプレスリリース
https://www.summitag.com/news/summitcarbonsolutions

関連ニュース
https://www.minotdailynews.com/news/local-news/2021/02/hoeven-green-plains-to-build-carbon-capture-pipeline-network-for-co2-storage-in-nd/