Services & Solutions
サービス・ソリューション

経済波及効果の評価

 背景と課題

 地域経済において、企業の様々な事業活動が域内経済に与える影響を把握する手段として、産業連関表による経済波及効果分析の有効性は世界共通の認識となっています。

技術/サービス

 地域経済における外部環境変化や企業の行動変化に伴う影響(波及効果)について、以下のような多様な観点から分析を展開していきます。

ポイント1: 地域経済における最終需要(消費、投資等)の変動により、域内産業にどのような変化が生じるか(直接効果)についてシナリオを検討します。
ポイント2: 直接効果により創出された経済価値の域内循環の程度、あるいは外部への漏れの程度(“漏れバケツの構造”)について、域内調達の観点から検討します。
ポイント3: 推計された経済波及効果の評価について、生産額、付加価値額、雇用者数等の経済価値指標に加え、二酸化炭素排出量等の環境評価指標を加え、検討します。
ポイント4: 産業政策や環境政策の主体が基礎的自治体(市町村)に移行する中で、自治体の産業連関表の構築を進めていきます。

産業連関表を用いた経済波及効果の分析フロー

業務実績/サービス例

  • 港湾が地域経済にもたらす経済効果の分析
  • 3EIDを活用した地域の二酸化炭素排出量の推計
  • エネルギー転換部門の事業活動がもたらす地域経済への波及効果の推計
  • 洋上風力発電事業による地域経済への波及効果の推計

お問合せ先

お問い合わせ