米国のテキサス州でOxy Low Carbon Venturesが世界最大規模のDAC+CO2貯留プラントの設計開始

2019年06月14日

記事カテゴリ:
Occidentalの子会社であるOxy Low Carbon Venturesは、Carbon Engineeringと共同で、世界最大規模のCO2の大気直接回収(DAC:Direct Air Capture)とCO2貯留の設計を進めていることを公表しました。

Oxy Low Carbon Venturesのプレスリリースによると、両社は現在年間50万トンのCO2を大気から直接回収する設備の評価を行っているとのことです。回収したCO2はOccidentalが実施するEORに利用したのち、最終的に地下貯留される計画です。

詳細は以下をご覧ください。

Oxy Low Carbon Venturesによるプレスリリース
https://www.oxy.com/News/Pages/Article.aspx?Article=6095.html