中国電力企業連合会(CEC)、中国最大のCCSパイロットプラントの建設が完了

2021年03月03日

記事カテゴリ:
中国電力企業連合会(CEC: China Electricity Council)は、中国最大のCCS規模(年間15万トンのCO2回収)であるパイロットプロジェクト施設の建設が完了したと公表しました。CCS施設が建設されたのは、Guohua PowerのJinjie発電所で、現在は不具合を調整するデバッグ段階に入っているとしています。

CECのプレスリリースによると、操業開始後には発電所が排出するCO2のうち90%を回収し、CO2純度を99%、吸着剤再生時の熱エネルギー消費量を2.4GJ/t-CO2以下にする計画としています。

詳細は以下をご覧ください。

中国電力企業連合会(CEC)によるプレスリリース
https://english.cec.org.cn/detail/index.html?3-1118

関連ニュース
https://www.taipeitimes.com/News/biz/archives/2021/02/04/2003751726